しめさんま
刺身より美味?
たっぷりと脂が乗った新鮮な秋サンマをさっと酢で締めます。締めると言ってもほとんど生の状態。青魚独特の水分の多さを解消して、刺身以上においしく食べられます。刺身にできるようなサンマが手に入ったら是非作ってみてください。
オリーブ・オイルに漬けておくとより長くおいしく保存が出来き、ご飯にもパンにも合うおかずになります。


材料

サンマ:3尾
米酢:適宜
:適宜
オリーブ・オイル:適宜



サンマをおろす

サンマを三枚におろします。さんまの刺身(おろし方)の記事にも書きましたが、もう一度おさらいしておきます。


サンマの三枚おろし1頭を落としてはらわたを取り、腹の中をよく洗います。
刺身包丁を使い、腹側の尾の付け根から骨に沿って包丁を入れてゆきます。
腹の中の腹骨と中骨の付け根の部分を切ります。


サンマの三枚おろし2続いて背の側から包丁を骨に沿って入れて行きます。


サンマの三枚おろし3身を切り離します。裏側も同様に。


腹骨をすき取る三枚おろしにした身から、腹骨を薄くすき取ります。


※面倒であれば一気に大名おろしにしても結構です。

>次のページではおろしたサンマを締めてゆきます。