サンマを締める

塩をする身の皮側と内側の両方にパラパラと少量の塩を振り、ザルのうえに並べて、30分ほどそのまま置きます。暑い時期は冷蔵庫に入れます。


洗う30分経ったら、身を水で洗い、すぐにふきんで拭いて水気を取ります。


酢〆ボールに米酢を入れ、サンマの身を、そのお酢に20秒ほど漬け、ザルに上げます。


皮を剥く2,3分そのままにしておいてから、小骨を骨抜きで抜き、手で皮を取ります(皮は身から簡単にはがれるようになっているはずです)。
この状態で、すでに食べられます。
しょう油をつけてパクッとつまみ食いするのも楽しいですよ! つい作りながら日本酒を飲んだりしたくなります…。


このまま切って供せば、しめサンマは完成。でも、ちょっと次ページのようにするといっそう長くおいしくいただけます。
>次ページではいよいよ最終段階です。