大名おろし

サンマのように身の細い魚は、包丁で一気に骨と身を切り離してしまう「大名おろし」でも良いでしょう。とても簡単にできます。
骨に身が多く残るのが欠点ですが、骨は叩いてつみれにするなど、他の料理に利用すれば無駄なく使うことができます。

大名おろし1尾の付け根のほうに包丁を入れます。刃が背側に突き出るまで差し込みます。


大名おろし2そのまま中骨のうえ滑らせるようにして一気に包丁を走らせ、身を中骨からはずします。
裏側も同様にします。


次ページではいよいよ刺身にするための下ごしらえをご紹介します