鉄鍋餃子
 
いわゆる焼餃子です。
焼餃子と言っても、実際には鍋の中で蒸して、最後に底の皮をパリッと焼くわけですから、焼き目をつけた蒸し餃子、というのが本当のところだと思います。中国だと鍋貼餃子と言いますね。
水餃子同様、市販の皮は使わず、やはり皮から手作りし、「ぷるぷる、もっちり」に蒸しあげた皮のおいしさを堪能したいものです。

材料

(30個程度)
<皮の材料>
薄力粉……50g
強力粉……150g
熱湯………100cc
…………小さじ1
 
 
<具の材料>
豚バラ肉……100g
キャベツ……200g
ニラ…………15g
干しエビ……大さじ1
ネギ…………5g程度
ショウガ……5g程度
ニンニク…5g程度

 醤油………大さじ1
 酒…………小さじ1
 ごま油……小さじ1
 塩…………少々
 コショウ…少々
 お湯………適量
 


※皮の強力粉と薄力粉の比率は、好みで変えてもよいです。強力粉が多いほどコシが強くなり、皮が破れにくくなりますが、その一方でこねるときに力が必要になります。

※餃子は皮のおいしさを味わう食べ物ですから、例えば手打ちうどんの様に、小麦粉の品種にこだわってみるのもいいかも知れません。ここでは、薄力粉はホクシン、強力粉はハルユタカを使いました。いずれも国産小麦です。ホクシンには甘みがあり、ハルユタカはもっちりと粘るような感じが強いです。

※冬場ならキャベツの半量をハクサイに変えてもよいでしょう。
※中国ではニンニクは具には入れず、付けだれに入れたりします。本場風にするならニンニクは入れずに作ります。

>作り方は次ページへ