電話英会話の基礎
英語の電話は慌てず『決まり文句』で対応する!
英会話で一番難しいのが、「電話での英会話」だといわれます。それは、一つには、顔が直接見えないため、「言語」以外のコミュニケーションツールがまったく使えず、「音声」のみの勝負となってしまうからです。

英語の電話は、まずは慌てないこと!!

会社に突然、英語で電話がかかってくると、よくあるケースが、「慌ててしまって」きちんとした対応ができなくなってしまうことです。(ひどい場合には、保留にもせず、受話器を持ったままの慌てぶりが、そのまま受話器から流れてしまうこともあります。)

まずは、慌てず、また電話口の相手の英語がいかに早口だったとしても、こちらは「慌てず」に、ゆっくりと会話することが大切です。相手に釣られてつい早口になってしまうと、益々相手も英語を話す速度が速くなり、もっと「慌てる」ことになりかねません。

そのためには、ゆっくりと英語を話すと、相手もそれに合わせてくれて、英語が聞き取りやすくなる場合があると心得ておきましょう!簡単なテクニックですが、この『ゆっくり話す』は使えます。

近年では、海外からの引き合いも増え、たとえ国内のみをターゲットとしたドメスティックな中小規模の国内企業であっても、突然に海外の企業から引き合いや、問い合わせの電話が入っても、珍しくない時代になってきています。せっかくのビジネスチャンスを逃さないためにも、日頃から、英語でかかってくる電話対応を準備しておく必要があります。

まずは、英語のできる部署、人に代わるための英語!

もしも、どうしても、自身の電話での英語に自信がない場合は、せめて、企業イメージを損なわないためにも、「英語が話せるものに、変わります。」という表現ぐらいは、きちんと覚えておくとよいと思います。

"I'll get someone who speaks English."
(英語が話せるものに変わります。)

また、つい「慌てて」しまい、とっさにどういったらよいか分からない場合には、「お待ちください。」という表現だけでもいって、まずは保留にするのも一つです。

"Hold on, please."
(そのままお待ちください。)

あるいは、

"One moment, please."
(しばらくお待ちください。)

これで十分です。