自分の好みを伝える英語「私はこっちの方が好き!」

私はワインよりビールの方が好き

私はワインよりビールの方が好き
 

 
 

<目次>

 

海外旅行先のお店で「私、赤よりも白いお皿の方がいいわ」というように、○○よりも△△のほうがいいという表現が必要になることがありますよね。そんなときに便利なのが

prefer

です。Aの方が好きだというのであれば

I prefer A.

といえばいいのです。たんに I like A. というだけでは「私はAが好きです」になるので、ほかのものとの比較がそこには含まれていません。prefer を使うことで、何と比較しているかははっきりしないものの、比較した上でAを選んでいるというニュアンスを出すことができます。

一方、何と比べているかということをはっきり言いたいときには、

I prefer A to B.
(私はBよりもAが好きだ))

といいます。to 以下は、「~に比べて」という意味になり、比較の対象を表しています。

prefer や prefer A to B の表現の例文としては、

Would you prefer red or white wine?
(赤ワインと白ワイン、どちらになさいますか?)

I prefer single life.
(ぼくは独身生活の方がいいな)

I prefer letter to e-mail.
(私は電子メールよりも手紙の方が好きよ)

I prefer to stay indoors.
(私は部屋にいる方が好き)

などがあります。なお注意として、最後の例文は prefer to となっていますが、これは to stay indoors (部屋にいること)という不定詞を prefer するという形になっているので、to があるからといって prefer A to B の表現ではないことに注意しましょう。

好みを伝える英語「prefer」の関連語句

 
できれば今月末までに返事が欲しい

できれば今月末までに返事が欲しい

 


prefer という動詞には、名詞 preference、形容詞 preferable 、副詞 preferably もあります。ついでにこれらも覚えてしまいましょう。

preference
好み、嗜好、優先

prefer が何かと比較した上であるものを好むという意味を表すことから、その名詞形である preference は「好み、嗜好、優先」などの意味になります。たとえば次のように使います。

Companies should know customer's preference. 


company 会社
customer 顧客、消費者

preferable
好ましい、より望ましい

A is preferable.と言えば「Aのほうが望ましい」という意味になります。よく使われる形としては、it is preferable to 動詞.という構文で、「~するほうがよい」「~する方が好ましい」を意味します。たとえば

It is preferable to install anti-virus software.


install (ソフトを)インストールする、入れる
anti-virus software アンチウイルスソフト

なおこの構文で、"to 動詞"のかわりに"not to 動詞"にすれば「~しないほうがよい」という意味になることにも注意しましょう。

preferably
好んで、できれば、なるべくなら

より好ましいように、という意味で使われる副詞が preferably です。たとえば

I would like to receive your reply preferably by the end of this month.


receive 受け取る
reply 返事
 

さらに覚えよう! 好みの比較対象には to を付けることが基本

なお、prefer A to B という形があったように、比較対象には to を付けることが基本ルール。ということで、preference, preferable, preferably にも比較対象がある場合には to を使います。たとえば

Taking action is preferable to doing nothing. 


taking action 行動を起こすこと
doing nothing 何もしないこと

一つの単語から関連語句までまとめて覚えてしまえば楽ですよね。ぜひいろいろな場面で使ってみてください。
 

関連記事


 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。