トイレを貸してください

出先でトイレを借りるとき、なんて言えばいいのでしょう。「トイレを貸してください」だから

Can I borrow the toilet?

と言った人がいるとかいないとか……。こんなことを言ってしまったら、「持っていけるもんなら持っていきな。でも返してよ」とツッコミが入りそう。この表現は間違いだらけです。

間違いその1
日本語の「トイレを借りる」の「借りる」は、使わせてもらうという意味であって、本当に借りていくわけではありません。でも英語の borrow は、まさしく「借りる」という意味なので、あとで返さなくてはなりませんね。

間違いその2
トイレ=toilet という思い込みです。英語の toilet は、あくまでも「便器」の意味。

ですから、上の例文は、

「便器を借りていっていい?」

という意味なのです。ツッコミを入れられても仕方ありませんね。

※アメリカでは toilet=便器 なのですが、イギリスでは toilet でも日本語のトイレとして意味が通じます。ただし、この使い分けがややこしいと思われる方は、どちらの国でも、 toilet はでなく、下の restroom を使ったほうがいいでしょう。
 

では、何て言えばいい?

「トイレを貸してください」は

Can I use the restroom?

と言えばいいでしょう。なお、「トイレ」という表現は

restroom
lady's room / men's room
bathroom
washroom

lavatory

など、いろいろあります。

覚えるとしたら、個人宅では bathroom、それ以外では restroomがいいでしょう。lavatory も幅広く使えますが、やや硬い表現です。

※個人宅では、トイレは男女別になっていませんから、lady's (men's) room という言い方はそぐわないでしょう。また、bathroom は、個人宅ならばたいてい風呂とトイレがいっしょにあることから、トイレも「バスルーム」と呼ぶわけです。
 

トイレのノック

海外でトイレの個室に入っているとき、ノックされたら何て返事すればいいのか、不安に思う方もいるようです。でもご安心を!外国には、トイレの扉をノックする習慣はありません。では、人が入っているかどうかはどうやって見分けるのでしょう。
 
  • 扉の下半分が無く、足元が丸見えのトイレが多いので、この場合は一目瞭然
  • トイレの扉が閉まっていれば、人が入っている。開いていれば、空いている。
  • 犯罪防止のため、治安の悪いところではトイレの扉がないところもあります。(慣れれば案外平気)

ちなみに、「使用中」を英語で言うのなら、

Occupied. や It's taken.

です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。