こんな人は、とりあえず資格を取ってみては?

いぬかいが「とりあえず資格」を特におススメするのは、こんな方たちです。

●どんな資格を取ったら良いかわからない
●目指している職業に向いているか不安
●今のままじゃいや でも何から手をつけたら良いかわらかない


上記のような問題を持ち、すでに十分時間をかけて考えたけれど、なかなか答えが見つからない。このままでは、時間ばかり経ってしまう。・・・そんな時には、「とりあえず資格を取る」ことから始めてみても良いでしょう。

なぜなら、こんなメリットがあるからです。

「とりあえず資格を取る」メリットとは?

●メリット1:自分に向いているか確認できる
職業にしても、資格にしても「本当に自分に向いているかどうか」は、実際に経験してみなければわからないものです。
例えば、未経験から経理職へ転職したい!という場合。
その仕事が自分に向いているかどうか判断する手っ取り早い方法は、何と言っても「簿記」の勉強をしてみること。勉強してみることにより初めて、自分が数字を扱ことが好きか・向いているかが見えてくることも多く、実際に、私がキャリアカウンセリングをしたクライエントの中には、「経理を目指していたけれど、『簿記』を勉強してみて、自分は数字を扱うことに全く興味が無いことに気がついた」という人もけっこういます。(もちろん、その逆もアリ)

●メリット2:勉強する習慣が身につ
「勉強なんて、学校を卒業して以来」という人にとっては、「勉強する」こと自体が生活上の大きな変化になります。仕事との両立の仕方や自分に適した勉強方法を習得しておけば、いざ、本当に目標が決まって「資格を取るぞ!」という時にもきっと役立つはず。また、本来新しい知識を学ぶということは楽しいもの。その喜びを再認識することで、スキルアップに対する意識も変わってくるはずです。

●メリット3:合格する喜びを味わえる
とりあえず経験してみる、勉強する習慣を身につけるだけだったら、単に「勉強する」だけでもいいはず。しかし、あえて「資格取得に挑戦する」のは、何と言っても「合格する」という喜びを味わうことができるからです。
「合格」というのは、いわば自分の努力が形となって実を結んだもの。人間、どうせ努力するなら、やっぱり報われた方が嬉しいですから、「合格」という結果が出ることで、更にスキルアップへのモチベーションも上がるというわけです。

>>「とりあえず資格を取る」メリットを最大限に活かすなら、資格選びに要注意!次ページで解説します。