『ダーリンの頭ン中 英語と語学』語学は難しい!ややこしい!けど面白い!


ダーリンの頭ン中 英語と語学
語学を学ぶコツが満載ですよ
【書籍情報】
【ガイド鈴木による評価(★1~3個)】
  • 学べます度:★★☆

  • 絵がステキ:★★☆

  • 読みやすさ:★★★

  • 費用対効果:★★☆
ダーリンは外国人』などの著書でおなじみ、小栗左多里氏によるマンガエッセイ。本書では、発音、語源、文字など、言語にまつわるあれこれを取り扱っています。なので、「資格本」というよりは「語学本」なのですが、まあ語学についての資格試験もたくさんありますし……ということで(笑)。

外国語学習をしていると、「えーなんでこのスペルでこんな発音になんのよ!?」とか「文法がややこしすぎるよ!?」とか、外国語ってなんて理不尽で不条理なんだろう!!と憤ってしまうこともしばしばありますが、実は日本語にだって、イレギュラーな音変化や語形変化はたくさん存在しているんですよね。そんなことに気づかせてくれる本書を読むことで、語学や言語に関する興味関心がよりいっそう高められることうけあいです。

また、語学を学ぶにあたって、この点はぜひ意識しておくと良い!というようなポイントがマンガでわかりやすく綴られていますので、「○○語を勉強したいと思ってるんだけど……」というあなたにまずは読んでみていただきたい一冊です。日本語教師を目指すかた向けの資格である「日本語教育能力検定」を受験されるかたにもぜひおすすめしたいですね。


【関連記事】
■マンガからキャリアを考える
■士業をテーマにしたユニーク小説をご紹介
■過去の「資格本・勉強本レビュー」記事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。