こんにちは、資格ガイドの鈴木です。資格試験の試験勉強というと、いろいろと覚えることが多くて大変だというイメージをお持ちのかたもいらっしゃると思います。特に「○○士」みたいな国家資格となると、法律などややこしい部分も勉強しなきゃいけないし、マンガとか小説とかで気軽に勉強できるような本ってないのかなあ……というかたも多いのでは。

結論から言うと、実はこういう書籍ってけっこう出てます。しかも主人公は容姿端麗、頭脳明晰、才色兼備な美人「○○士」さんという、実に男心をくすぐる設定のものが多いんですよね~(笑)。ということで、今回は「国家資格は“美女”から学ぼう!」と題しまして、綺麗なお姉さんが活躍する「読み物的」資格本をご紹介したいと思います。これを読めば資格を取りたくなること間違いなし!(笑)

公認会計士『女子大生会計士の事件簿』シリーズ

女子大生会計士の事件簿
綺麗なお姉さん系資格本のはしり?
  • 著:山田真哉

  • 出版社:角川書店

  • 出版年:2004/10

  • 税込価格:500円

  • ページ数:235ページ

  • 詳細は、こちらをご参照ください。
まず一冊目にはこれを挙げないわけにはいかないでしょう! あのベストセラー「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者、山田真哉氏の処女作ですね。現役女子大生会計士・藤原萌実が監査先で次々と起こる事件を解決する、前代未聞の会計ミステリ(?)小説のシリーズで、角川書店からはこの記事執筆時点で第4巻まで出てます。比較的短めの章ごとに独立したストーリーになっているため読みやすく、数字が苦手というかたにもとっつきやすい内容となっています。イラストも可愛くて良いですね。ヤングジャンプからマンガ化版も出ていますので、こちらもあわせてどうぞ。

行政書士『「キャバクラ嬢」行政書士の事件簿』シリーズ

「キャバクラ嬢」行政書士の事件簿
キャ、キャバクラ嬢ですか!?(笑)
  • 著:杉沢志乃

  • 出版社:ゴマブックス

  • 出版年:2006/01

  • 税込価格:1,050円

  • ページ数:216ページ

  • 詳細は、こちらをご参照ください。
キャ、キャバクラ!?(笑)「六本木の実在“人気キャバクラ嬢”でありながら、“現役行政書士”のサキが今日も指名を取りまくる!」という内容ですが、著者の杉沢志乃氏は実際、ホステス業のかたわら21歳の時に行政書士試験に合格され、現在も六本木にあるバーのママをしていらっしゃるというから脱帽です。言われてみると行政書士って確かに風俗営業申請とか、そっち系のことをいろいろと取り扱ってますからねえ。今のところ第3巻まで出ていて、それぞれ4話ずつを収録。各話でキャバクラの雰囲気を楽しみつつ、行政書士の業務を垣間見ることができます。どちらかというと試験対策というより実務寄りの話が多いですが、実は鈴木もけっこうハマっちゃってますこのシリーズ。続編期待。


美女から学べる資格本、まだまだあります! 次のページへどうぞ!