『マンガでわかる構造力学』どうしても力学が理解できないあなたへ!


マンガでわかる構造力学
個人的にかなり好きな絵柄!(笑)
【書籍情報】
  • 著:原口秀昭 サノマリナ

  • 出版社:彰国社

  • 出版年月:2005/10

  • 税込価格:1,600円

  • ページ数:256ページ
【ガイド鈴木による評価(★1~3個)】
  • 学べます度:★★☆

  • 絵がステキ:★★★

  • 読みやすさ:★★☆

  • 費用対効果:★☆☆
建築学科なのに構造力学が全くわからないので卒業がヤバい男子大学生が主人公の、力学の初歩お勉強マンガ。一応、「二級建築士試験」合格を目指しているという設定ではあるのですが、取り扱っている内容はベクトルやモーメントなど、かなり初歩的なところまで。物理を学びたての学生さんなど向けの入門書としてはちょうどいい内容だと思いますが、建築士の試験ではもっと幅広い内容が出題されますので、念のため。

なお、本書の続編として、『マンガでわかる環境工学』なんてのも出てまして、こちらは温度や湿度、熱伝導、光束や照度、音など、環境工学の初歩を取り扱ってます。「光」についてはカラー系や電気系の資格試験でも出題されたりしますので、そうした資格を目指しているかたもぜひ読んでみるとイイかも。


>>次のページでは、語学を学べるマンガをご紹介するぜ!>>