「誰から、何が」をたずねる

チェーンをかけたまま開ける
チェーンをかけたまま開ける
さらにできれば、「誰から何が来てますか?」とたずねましょう。荷物には「発送人」「荷送人」など、発送した人の氏名・住所が明記されていますから、それを読み上げてもらうのです。通常、送り状にはおおまかな品名が書かれているものです。こん包されている包みや箱などからもある程度分かります。玄関を開けなくても訊いて知ることができるものです。つまり、ドアを開ける前に「必ず、誰から何が届いたかを知ること」が大切なのです。

「誰からか」をたずねて、知らない名前なら問題があります。「住所」「電話番号」まで訊いても分からなければ、受け取る必要があるかどうか疑問です。原則として、「覚えの無い荷物」は、家族全員にたずねて分かるまでは受け取らないほうが無難です。

■ドアチェーンをかけたまま■
それでも、玄関ドアを開ける場合は、まず必ず「ドアチェーン」をかけたままで応対しましょう。チェーン越しに受け取れるものはそうして受け取り、安全を確認できたらドアを開けるか、いったんドアの前に置いてもらい、受け取り伝票を預かって捺印やサインをして返し、配達員が去ってから取り入れるようにしましょう。

■集合住宅の宅配ボックス利用■
集合住宅で「宅配ボックス」がある場合は、たとえ在宅中でも、宅配ボックスに入れてもらうように不在を装ったり、「手が離せないので」と断って、宅配ボックスに入れておいてもらうのも手です。不在の場合は「不在票」を残してくれますから、後で日時指定をして届けてもらえば安心です。

■子どもには受け取らせない■
大人ですら危険なのですから、子どもにドアを開けさせたり、荷物を受け取らせたりするのは非常に危険だといえます。子どもだけで留守番中に荷物が来た場合は、絶対にドアを開けないように言い聞かせておきましょう。不在票を残してもらい、やはり電話で日時指定をして再配達を依頼しましょう。

■『安全は 一手間かける 心がけ』■
いずれにしても、「玄関ドアを開ける」という行為は、危険を招くおそれがある、という認識を持って、不意にやって来る人物には、たとえ「宅配便です」と言われても、簡単にドアを開けない警戒心を持つといいでしょう。

対策を何もしなければいつでも危険が待ち受けています。「誰から何が来たかをたずねる」「いったん不在を装う」「家族に確認してから」など、安全のためには、いつでも「一手間かける心がけ」を忘れないことです。


■あなたの一票/「宅配便です」と言われたらすぐに玄関を開けていますか?
投票は終了しました。結果は、あなたの一票【過去の一覧】でご覧下さい。

■記事に関連したさらなる情報を得られる「防犯メールマガジン」を、ぜひご登録ください!

■関連防犯ガイド記事
「ピンポーン」にいいことなし?
ドロボウは「ピンポーン」と玄関からやってくる 真昼の強盗
泥棒さん、いらっしゃい
表札の不審なマークを見逃すな!
親必見! 子どもを犯罪から守る7カ条
「鍵かけ新発想」で自宅の現金を守れ!