刑法 第16章 通貨偽造の罪

第148条(通貨偽造及び行使等)
[1] 行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は3年以上の懲役に処する。
[2]偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者も、前項と同様とする。

第149条(外国通貨偽造及び行使等)
[1] 行使の目的で、日本国内に流通している外国の貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、3年以上の有期懲役に処する。
[2]偽造又は変造の外国の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者も、前項と同様とする。

第150条(偽造通貨等収得)
行使の目的で、偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を収得した者は、3年以下の懲役に処する。

第151条(未遂罪)
前3条の罪の未遂は、罰する。

第152条(収得後知情行使)
[本] 貨幣、紙幣又は銀行券を収得した後に、それが偽造又は変造のものであることを知って、これを行使し、又は行使の目的で人に交付した者は、その額面価格の3倍以下の罰金又は科料に処する。
[但] ただし、2000円以下にすることはできない。

第153条(通貨偽造等準備)
貨幣、紙幣又は銀行券の偽造又は変造の用に供する目的で、器械又は原料を準備した者は、3月以上5年以下の懲役に処する。


「偽造通貨はこれだけ発見されている!」もぜひご覧ください。

《Contents》
p.1←←←平成16年1月から5月に見つかった偽札/被害に遭うのは/子どもが犯人?

p.2←←偽札はどう違う?/機械で真贋を判断出来ない?

p.3偽札を見分けるコツ/偽札を作る、使う…その罪と罰/法律ワンポイントチェック/あなたの一票/関連サイト紹介

p.4刑法 第16章 通貨偽造の罪


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。