年々深刻になる環境危機を表す時計

環境時計
06年07年で一気に針が進んだ環境危機時計。今年は巻き返しを期待しましょう!
Q7 答え 環境危機時計
環境危機時計は、旭硝子財団が世界各国の有識者に「地球環境問題と人類の存続に関するアンケート」を実施し、その結果である危機意識の程度を時計の針で示したものです。環境が悪化して地球が滅亡する時刻を12時に設定し、0~3時は「ほとんど不安はない」、3時1分~6時が「少し不安」、6時1分~9時が「かなり不安」、9時1分~12時が「極めて不安」となっています。

2007年度の環境危機時刻は9時31分となり、これまでで最も針が進み、危機意識の高い結果になりました。

第1回目、1992年の際は、「かなり不安」をあらわす7時49分でしたが、1996年には9時13分となり「極めて不安」な時間帯に入りました。その後、進んだり、遅れたりを繰り返しながら、2005年の9時05分から、2006年は9時17分と、そして2007年は9時31分と一気に進んでいます。

2008年はいったいどんな結果となるのでしょうか。

環境問題が注目され、様々な対策が施されている今だからこそ、今年は巻き返しといきたいところ! 実りある1年となることを期待したいですね!

【関連記事】
「いま、静かなブーム!ハチドリのひとしずく」……小さなハチドリの物語
「かなりヤバイ温暖化?地球を冷やす5つの習慣」……身近にできるコトから始めましょう!
「気軽にTry!環境ボランティアの始め方」……環境のための活動の始め方は?をご紹介。
「超簡単解説!サステナビリティってなに?」……環境問題の基本用語をわかりやすくまとめています。
「バイオエタノールがアマゾンを焼きつくす!?」……環境に良いものが、環境を破壊する?

【ガイドから】
・ボランティアガイドのメルマガのご登録はお済みですか?こちらからご登録してくださいね。
・前回記事は「07年最も話題になったエコワードべスト10」です!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。