献血はいのちを支えるボランティア

新垣結衣さん
春の献血キャンペーンは新垣結衣さんが登場!
献血って、お得なプチボランティア、そう思いませんか?

「え? 献血がお得?」と思いますよね。ガイドも思いました。

あれは今年の2月のこと。とある場所でお会いした節約・やりくりの和田ガイドからこんな提案がありました。

「献血って、お得なボランティアですよね。献血をして血液検査の結果をもらえば健康管理ができますし、献血ルームはきれいで開放的なので待ち合わせにも使えそう」

確かに、献血後に血液検査の結果が知らせてもらえたり、献血ルームに様々なサービスが充実しているという話は知っていました。でも、それをお得とか、待ち合わせに使うという発想で考えたことがありませんでした。さすがは、カリスマ節約主婦として人気を誇る和田ガイド。視点が違います。

そう考えると、献血は16歳以上の健康な人なら誰でもできる「いのちを支えるボランティア」であると同時に、献血者にとってもメリットのある「お得感のあるボランティア」なんですよね。もちろん「お得だから行こう」なんて不謹慎なことは決して申しません。申しませんが、そんな話をしたことをきっかけに最近の献血事情を知りたくなり、和田ガイドと共に、献血ルームへと行ってみました。

→「節約・やりくり」ガイドサイトの「占いもネイルも無料でできる?!噂のスポット」も合わせて読んでくださいね!

日本一献血者が多い献血ルーム

バンダナ
日本赤十字社オリジナルバージョンのキティちゃんバンダナも。ナースキャップの赤十字マークがポイントです
訪れたのは、新宿駅東口にある新宿東口献血ルーム。都内には13カ所の献血ルームがありますが、ここは東京のみならず日本一献血者数が多い献血ルームです。平日で200人、休日には300人が訪れるといいます。うかがったのは、平日の昼頃でしたが、20代の若い人を中心に、ひっきりなしに出入りしていたのが印象的でした。

ただ、こちらは新宿という土地柄、特に若い人が多く訪れるルームなのだそうです。日本全体で見ると、献血者はむしろ減少傾向。1985年の800万人をピークに、現在は500万人を切り、特に10代、20代の献血者が減っているのです。かつては、献血者の中心世代は20代でしたが、最近は、30代、40代が献血の中心層、さらには50代も増加傾向となっています。次世代を担う若者が少ないことが少々気がかりです。

そこで、日本赤十字社では特に若い世代を中心に、もっと多くの人に献血への理解を求め、協力を呼びかける意味で、キャンペーンを行ったり、献血ルームに様々なサービスを取り入れているというわけです。

では実際に献血はどんな段取りで行われるの? それは次ページで