クイズで学ぶ08年必須のエコワード

地球マーク
おさえておきたいエコワードをクイズで学ぼう!
2008年が始まりました! 平和な1年となることを願いたいですね。

今年は、京都議定書の削減目標がカウントされる最初の年です。ほかにも洞爺湖サミットや北京五輪など、環境に関する話題が目白押しで、昨年以上に環境問題がクローズアップされることでしょう。

でも、環境に関する話題って、耳慣れない言葉も多いもの。そこで、前回記事「07年最も話題になったエコワードべスト10」でも予告した通り、2008年、きっとあちらこちらで耳にするはずのエコワードをクイズ形式でご紹介します。「ええと、それどういう意味?」と誰かに聞く前に今のうちチェックしておきましょう。

まずは軽くこんな問題から!

Q1 京都議定書で義務付けられた日本の温室効果ガスの削減目標は、1990年比で何%でしょうか?

Q2 カーボンオフセットのカーボンとは、何のことでしょうか?

Q3 京都議定書の削減目標達成のために二酸化炭素の売買を国家や企業間で行われることが注目されています。その取引の名称は?

Q4 ズバリ、MDGsは、何の略?

Q5 東京23区では4月から廃プラスチックも可燃物として処理されることになりました。ゴミを燃やすことで生じるエネルギーを再利用するのですが、この利用法は何と呼ばれますか?

Q6 北京オリンピックの重要なテーマは、エコロジー。環境に負荷をかけない五輪を開催するために、北京市で観光客向けのレンタルが広がっているある乗り物は何でしょうか?

Q7 旭硝子財団が地球環境の悪化に伴って人類存続に対して抱く危機感を、時間で表示し、毎年、発表している時計の名前は?


解答は次ページからGO!