前回、7日間脂肪燃焼ダイエットと呼ばれる野菜スープを多用したダイエット法についてお話しました。

今回はそのダイエット法についての利点と問題点について整理したいと思います。(前回の記事をお読みでない方は、まずは<こちら>より…)

7日間脂肪燃焼ダイエットの利点


■やることがシンプルで分かりやすい
果物
「スープとフルーツの日」「スープと野菜の日」…。指示が非常にシンプルです。
ダイエットに限らず言えることですが、自分がやるべきオペレーション(作業)が複雑であれば、それを行なうこと自体がストレスになってしまいます。その点この7日間脂肪燃焼ダイエットは、、やるべきことが極めてシンプルにまとめられており、オペレーションを理解するストレスや実行するストレスが少ないダイエット法だといえます。

■実際にやせる
このダイエット法で使われる野菜スープは約3リットル作っても600~700kcal程度しかありません。その他時折食べる果物類は平均すると1kgあたり500kcal程度。野菜類は平均すると1kgあたり300kcal程度です。つまり(現実的にそんなに食べることは難しいでしょうが…)7日間のうち、肉を食べない5日間に野菜スープ2リットル、果物1kg、野菜1kg食べたとしても一日のエネルギー摂取総量は1500kcal未満となり、ほとんどの人で体重が減少するはずです。

■基礎知識が必要ない
こちらもオペレーションがシンプルであることに由来しますが、このダイエット法を実践するにあたり事前の基礎知識がほとんど必要ありません。つまり、誰でもすぐに(事前勉強の時間をとらずに)取り組めるという利点もあります。

7日間脂肪燃焼ダイエットの問題点


■たんぱく質の絶対量が足りない
野菜
果物と野菜のみではたんぱく質が不足します!
最も重大な問題点は人間にとって欠くことができない栄養素の一つ”たんぱく質”の摂取量が非常に少なくなりがちであるということです。例えば20代から40代までの男性の一日あたりのたんぱく質所要量(ほとんどの人の必要量を満たす量)は70g、女性のそれは55gと言われています。

ところが、たんぱく質は、野菜には100gあたり約1g、果物には100gあたり約0.5gしか含まれていません。野菜スープにも実際に作って計算してみると100gあたり1g程度のたんぱく質しか含まれていません。

つまり、仮にこれらを一日5kg(←お鍋2杯分くらい!)食べたとしてもたんぱく質の総摂取量はおよそ40g程度となり一日の所要量を満たすことはできません。

もちろん一日二日たんぱく質を摂らなくてもすぐに健康を害することはありませんが、肉を食べる日にその量でたんぱく質不足を補完するという、かなりアクロバティックな栄養摂取法が要求されます。

<<次ページへつづく…>>

■関連記事■
他の脂肪燃焼スープレシピもあります!
「簡単!スピードダイエット」特集>>

「太らない食べ方」特集>>
「流行のダイエット」特集>>

痩せたい気持ちにこたえます!今の気分であなたに合ったダイエットサーチ>>


※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。