在宅勤務や在宅学習の機会が増え、家庭でのノートパソコンやタブレットの需要が高まっています。仕事や勉強で利用する端末としては、ある程度のスペックが必要です。 ファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI MatePad 11(以下、MatePad 11)」は、11インチディスプレイにSnapdragon 865を搭載した高性能タブレットながらも5万円台の価格でコスパが高くなっています。
 

「MatePad 11」は仕事で使いやすい11インチサイズ

Mate Pad 11

MatePad 11

ファーウェイ・ジャパンのMatePad 11は、11インチのタブレット端末です。スペックとしては、ディスプレイは10.96インチIPS液晶(2560×1600ドット)、CPUはSnapdragon 865、内蔵メモリ6GB、内蔵ストレージ128GBで、microSDカード最大1TB対応です。
Mate Pad 11のmicroSDカードスロット

MatePad 11のmicroSDカードスロット

通信に関してはLTEなどのモバイル通信に非対応ですが、Wi-Fi 6(IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax)準拠で高速通信が可能です。カメラに関しては、背面カメラ1300万画素、インカメラ約800万画素とタブレットとしては高性能なカメラ仕様です。
Mate Pad 11の背面カメラ

MatePad 11の背面カメラ

本体サイズは、幅254×高さ165×厚さ7.25mm、重さ約485gと、11インチサイズながら500gを切る軽量なモデルですが、バッテリー容量約7250mAhにより、十分なバッテリー駆動時間となっています。なお、別売のアクセサリー「HUAWEIスマートキーボード」と、スタイラスペン「HUAWEI M-Pencil 2」にて、ノートパソコンのようなスタイルで利用も可能です。
Mate Pad 11のキーボードとペン

MatePad 11のキーボードとペン

 

HarmonyOS 2活用のコツ

MatePad 11には、Androidベースの「HarmonyOS 2」が搭載されています。Androidタブレットとは違う点があるため、注意が必要です。

まず、アプリをインストールするための「Google Play」アプリが利用できません。アプリのインストールは、「HUAWEI AppGallery」アプリを利用します。「HUAWEI AppGallery」に用意されているアプリは、「Google Play」に比べると種類が少ないため、他の方法でアプリの補完ができます。
「HUAWEI AppGallery」

「HUAWEI AppGallery」

まず、「Amazonアプリストア」を利用する方法です。アマゾンのホームページより、「Amazonアプリストア」をインストールすることで、「Amazonアプリストア」で用意されているアプリの利用が可能です。
「Amazonアプリストア」

「Amazonアプリストア」

また、MatePad 11に内蔵されている「Petal検索」アプリにて、アプリを直接ダウンロードしてインストールする方法があります。この場合は、apk形式のアプリを直接ダウンロードする方法で、アプリストアのセキュリティを通過していない野良アプリのため、インストールは自己責任となります。
「Petal検索」

「Petal検索」

以上の方法を活用することで、Androidタブレットと同じようなアプリ環境の構築が可能です。

MatePad 11は、Google Playに非対応のため、通常のAndroidタブレットのように、簡単にアプリの用意ができません。上記の方法でアプリ環境を構築すれば、ハイエンドでコスパの良い11インチタブレットとして利用できるでしょう。


【おすすめ記事】
初めてのウェアラブル端末にもおすすめ! 血中酸素濃度機能も搭載した新モデル「Miスマートバンド6」
在宅勤務時の体調管理に! 低価格スマートウォッチ「Mi Watch」のススメ
初めての5Gスマホにもおすすめ! 高機能で5万円台を実現した「moto g100」
格安SIM「IIJmio」のギガプランは、家族でのデータシェアにおすすめ
SIMフリーでおサイフケータイにも対応!「Mi 11 Lite 5G」は薄くて軽い5G対応スマホ


【関連リンク】
・Mate Pad 11
https://consumer.huawei.com/jp/tablets/matepad-11/
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。