日々の運動量や歩数を計測してくれる「活動量計(ウェアラブル端末)」ですが、中でも手首に装着するタイプの「スマートバンド」の人気が高まっています。歩数計、睡眠ログ、アクティビティの記録に加えて、スマートフォンの各種通知も表示できるため、スマートウォッチのように活用できます。

シャオミ(Xiaomi)が7月9日に発売した「Mi スマートバンド6」は、心拍計、血中酸素濃度機能を搭載する高機能なウェアラブル端末。今回はスマートバンドとスマートウォッチの違いなども踏まえながら、Mi スマートバンド6の特徴をご紹介します。

Miスマートバンド6
https://www.mi.com/jp/product/mi-smart-band-6/overview

 

スマートバンドとスマートウォッチの違い

スマートウォッチは、腕時計スタイルのウェアラブル端末です。時計機能に加えて、歩数計、睡眠ログ、アクティビティの記録などの機能を搭載しています。スマートフォンと連携して着信やメールなどの通知が確認でき、アプリを別途インストールすることで機能を追加することも可能です。

一方、スマートバンドは、小型のディスプレイを搭載したバンド型の端末です。スマートウォッチとほぼ同等の機能はありますが、アプリの追加には対応していません。また、スマートバンドはスマートウォッチに比べてディスプレイのサイズが小さいため、表示できる情報量に限界があります。ただし、昨今のスマートバンドは内蔵機能が充実しており、ディスプレイサイズも大きくなってきています。用途がユーザーの希望と合うのであれば、スマートウォッチの代わりに十分活用できます。

スマートバンドのメリットとしては、バッテリー持続時間があります。スマートウォッチはバッテリーが数日しか持たない機種が多くありますが、スマートバンドは2週間以上持つ機種が大多数になっています。充電の手間を考えると、スマートバンドのほうが使いやすいといえるでしょう。
 

「Mi スマートバンド6」とは

Miスマートバンド6

「Mi スマートバンド6」

シャオミ(Xiaomi)のMiスマートバンドシリーズは、スマートバンドの中で大きなシェアを持つ人気シリーズ。2021年7月に国内で発売した最新機種のMi スマートバンド6は、多数の機能を搭載しています。

歩数、カロリー消費、睡眠時間、心拍数、30種類のエクササイズモード、スマホからの通知(メッセンジャー、天気)、PAI(パーソナルアクティビティインテリジェンス)、ストレスモニタリング、呼吸エクササイズ、女性の健康トラッキング機能が利用できます。
血中酸素濃度機能

血中酸素濃度機能

前機種のMi スマートバンド5から追加された機能として、血中酸素濃度機能があります。血中酸素濃度機能は、昨今の新型コロナウイルスの症状の尺度として注目されている機能です。なお、医療機器ではありませんので、血中酸素濃度機能は個人利用のあくまで目安となります。
 
専用アプリMi Fitでデータ閲覧例

専用アプリ「Mi Fit」でのデータ閲覧例

専用アプリ「Mi Fit」(Android、iOS対応)で同期すれば、スマートフォンからの各種ウェアラブルデータの確認が可能です。
Miスマートバンド6とMiスマートバンド5のサイズ比較

Mi スマートバンド6とMi スマートバンド5のサイズ比較

ディスプレイサイズは、1.56インチ。前機種Mi スマートバンド5と比較して50%アップしています。防水機能としては、耐水等級5気圧、水深50mまで防水となっています。サイズは6.95×18.15×12.45ミリ、重量11.9グラムと軽量小型のため、24時間装着していても負担がありません。

Mi スマートバンド6は、スマートウォッチ並みの機能を持ちながらも、長時間のバッテリー駆動と血中酸素濃度機能を搭載して、市場想定価格は5990円とリーズナブル。スマートウォッチ入門機としておすすめです。


【おすすめ記事】
在宅勤務時の体調管理に! 低価格スマートウォッチ「Mi Watch」のススメ
初めての5Gスマホにもおすすめ! 高機能で5万円台を実現した「moto g100」
格安SIM「IIJmio」のギガプランは、家族でのデータシェアにおすすめ
iPhoneに正式対応した楽天モバイル、5Gは実際どう? 速い?
SIMフリーでおサイフケータイにも対応!「Mi 11 Lite 5G」は薄くて軽い5G対応スマホ


【関連リンク】
・「Mi スマートバンド6」
https://www.mi.com/jp/product/mi-smart-band-6/overview
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。