スマートフォンの次世代高速通信規格である5G対応機種が増えてきています。今回は入手しやすい価格帯で高性能な「Mi 11 Lite 5G」をご紹介。SIMフリーでおサイフケータイに対応しており、キャリア端末から乗り換えがしやすくなっています。
 

薄くて軽い「Mi 11 Lite 5G」

Xiaomi(シャオミ)から5G対応のスマートフォン「Mi 11 Lite 5G」がリリースされました。6.55インチディスプレイ、CPUにSnapdragon 780G搭載、メモリ6GB、ストレージ128GBとハイエンド並みの性能を持ちながら、ミドルレンジの価格帯で販売されるコストパフォーマンスの高い機種です。OSは「OSMIUI 12」(Android 11 準拠)とAndroidの最新バージョンになっています。
「Mi 11 Lite 5G」は6.55インチディスプレイを搭載

「Mi 11 Lite 5G」は6.55インチディスプレイを搭載

重量が約159g、最薄部は6.81mmと薄型軽量になっており、他社の6.55インチ搭載のスマートフォンと比較して、使いやすいサイズになっています。そして、SIMフリー機でありながら、FeliCa/おサイフケータイをサポートしているため、キャリア端末を利用していたユーザーも選択しやすいでしょう。
「Mi 11 Lite 5G」は最薄部は6.81mm

「Mi 11 Lite 5G」は最薄部は6.81mm

5G通信、急速充電に対応

「Mi 11 Lite 5G」はデュアルSIM(nanoSIM×2)が利用でき、5G通信に対応しています。5G通信のネットワーク帯域は「5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66」となっており、各社の5G通信帯域に対応しています。5G通信は普及している地域が2021年7月の段階では限定的ではありますが、今後拡大していく予定となっており、リッチな動画コンテンツやゲームコンテンツを快適に利用ができます。

バッテリー容量は4250mAhと大容量。付属のUSB充電器で、高速充電規格「USB PD(Power Delivery)」に対応した33Wの急速充電ができます。
急速充電可能なUSB充電器を同梱

急速充電可能なUSB充電器を同梱

3眼カメラ、バッテリーも充実

カメラは3眼を搭載しています。6400万画素メインカメラ、800万画素超広角カメラ、500万画素テレマクロカメラで、さまざまな撮影シーンに対応。フロントカメラも2000万画素の仕様になっており、高画素な写真撮影が可能です。
「Mi 11 Lite 5G」のメインカメラ

「Mi 11 Lite 5G」のメインカメラ

超広角カメラ作例

超広角カメラ作例

マクロカメラ作例

マクロカメラ作例

市場想定価格は4万3800円と、ミドルレンジではありますが、ハイエンドに近い性能を持ち、薄型軽量、5G対応、おサイフケータイ機能搭載と、日本ユーザーが使いやすいSIMフリー機といえるでしょう。


【おすすめ記事】
初めての5Gスマホにもおすすめ! 高機能で5万円台を実現した「moto g100」
1億画素カメラ搭載で3万円台! SIMフリースマホ「Redmi Note 10 Pro」の撮影機能を試す
mineoの1.5Mbpsで使い放題「パケット放題Plus」は実際どう? 東京都内で実用的か検証してみた
格安SIM「IIJmio」のギガプランは、家族でのデータシェアにおすすめ
Androidの「テーマ」を活用しよう! 設定方法や壁紙との違いは?


【関連リンク】
・Mi 11 Lite 5G
https://www.mi.com/jp/product/mi-11-lite-5g/

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。