スマートフォンの通信量は、利用時間の増加やコンテンツのリッチ化によって、年々増えています。通信量が増えると、上限がある料金プランの場合、それを超えると低速になってしまい、使い勝手が悪くなります。そのため、スマートフォンを多用するユーザーにとっては、使い放題プランが理想的です。

各社の提供する使い放題プランの中で、安価で実用的なプランはどれなのでしょうか。今回はmineoが提供している「パケット放題Plus」を紹介します。
 

mineoの「パケット放題Plus」とは

格安SIMのmineoは、6月に「パケット放題Plus」の提供を開始しました。基本料金が月額385円(税込)で、最大1.5Mbpsでネットが使い放題になるプランです。なお、mineoで契約しているコースで、10GB以上コース以上の場合は月額無料となります。また、混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。

例えば、低料金の「Dプラン シングルタイプ (1GB、880円・税込/回線・月)」に「パケット放題プラス(385円・税込)」を契約することで、低料金で通信が最大1.5Mbpsで使い放題になります。

利用方法としては、mineoアプリ設定画面で、「mineoスイッチ」を「節約ON」に変更して、「速度制限中」の表示にします。速度制限をかけることで、通常は200kbpの低速になりますが、「パケット放題Plus」の1.5Mbpsの速度で使い放題となります。
 
mineoアプリの「mineoスイッチ」

mineoアプリの「mineoスイッチ」

 

「パケット放題Plus」の実用度

「パケット放題Plus」の通信速度1.5Mbpsの実用度はどうでしょうか。実際に約1カ月、東京都内で利用してみました。通信速度に関しては、1.5Mbps前後の速度が出ていました。なお、平日の昼間や夕方などで人の多い場所では、多少速度の低下を体感することもありました。
アプリSPEEDTESTの結果

アプリSPEEDTESTの結果

「パケット放題Plus」にて、約20日間で約17GBを使用してみました。
データ使用量

データ使用量

動画サイトでの動画データの再生においては、Netflix、Hulu、Amazonプライム・ビデオ、U-NEXTで利用した際には、動画の乱れもなく、スマートフォンで観る程度の画質は十分確保されていました。ただ、YouTubeに関しては、再生レートが240pになることが多く、動画が荒くなってしまうことがありました。その場合は、設定画面より手動で高画質を選択すると、再生には多少時間がかかりますが、スマートフォンで観るには十分な画質となりました。

その他、アプリの利用において、Chrome、Facebook、Twitter、Instagramなども、特に遅延を感じることなく利用ができました。

「パケット放題Plus」の1.5Mbpsは低速ではありますが、日常ユースでは十分に対応できる速度であることを実感しました。テザリングをしてパソコンなどで大量のデータを利用するような使い方には向いていませんが、スマートフォン単独で利用する分には実用的です。安い料金で使い放題で利用したいユーザーにおすすめです。

【おすすめ記事】
iPhoneに正式対応した楽天モバイル、5Gは実際どう? 速い?
初めての5Gスマホにもおすすめ! 高機能で5万円台を実現した「moto g100」
1億画素カメラ搭載で3万円台! SIMフリースマホ「Redmi Note 10 Pro」の撮影機能を試す

【関連リンク】
・パケット放題Plus
https://mineo.jp/service/data/packet-free/
 

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。