自家製キムチのレシピ4選! 時短でできる、シンプルな作り方

本格的なキムチ作りは、手間も時間もかかって面倒……。そんなイメージもありますが、今回ご紹介する「時短のキムチレシピ」なら、お手軽&スピーディーにキムチを作れるのでおすすめです! ご飯のお供に、おかずに、時にはお酒のおつまみにもなるので、たくさん作って作り置きしておきましょう。
 

保存瓶を使ったキムチ漬け

保存瓶を使ったキムチ漬け(出典:保存瓶を使って簡単キムチ漬け)

保存瓶を使ったキムチ漬け(出典:保存瓶を使って簡単キムチ漬け

オーソドックスなキムチ漬けですが、時短レシピなので食べたい時にすぐ作れるのが魅力です。りんごやはちみつ、野菜の自然な甘みが香ばしく、辛いものが苦手な人にも比較的食べやすいマイルドな味わいになっています。キムチを保存するときは、瓶漬けにすると汚れや臭いが落ちやすいのでおすすめ。

【作り方】2人分
  1. 白菜をざく切りにし、塩をふりかけて15分おく
  2. ボウルに斜め切りのねぎ1本、薄切り玉ねぎ1/3個、薄切りにら3本、すりおろしりんご1/2個、すりおろしニンニク、すりおろし生姜、イカの塩辛50g、砂糖大さじ4、はちみつ大さじ4、唐辛子80gを入れ、よく混ぜ合わせる
  3. 瓶に水気を切った白菜と【2】を交互に詰めていく
  4. 最後に【2】の残りを入れて、手で押し付けて蓋をしたら完成。常温に置いて4~5日ほどで食べられる
 

白菜とナンプラーで作るキムチ

白菜とナンプラーで作るキムチ(出典:少量の白菜だけど作ってみたい! 手軽にキムチ)

白菜とナンプラーで作るキムチ(出典:少量の白菜だけど作ってみたい! 手軽にキムチ

少量の白菜でも、ナンプラーを使えば気軽にキムチが作れます。キムチのボリュームは、白菜以外の野菜としらすでカバーしました。野菜の甘みと唐辛子のパンチが抜群の相性で、後を引く美味しさです。漬け込む時間を短くすると辛みは強めに、長くすると酸味が強めに出来上がるので、お好みに合わせて調節しましょう。

【作り方】2人分
  1. にら1/4束は5cmほどの長さに、長ねぎ1/2本、にんじん1/2本、大根60gは千切りにする。りんご1/4個、生姜、ニンニクをすりおろす
  2. ボウルに、ナンプラー大さじ2、きび砂糖大さじ1、粉唐辛子1/4カップ、塩大さじ1/3、しらす30gと【1】の野菜を入れ、よく混ぜ合わせたら、密閉袋に入れて冷蔵庫で一晩冷やす
  3. 白菜1/4個の葉を剥がし、塩を振ったらビニール袋に入れて重しをして、常温に一晩おく
  4. 白菜の水気を切り、1枚1枚に【2】を塗りつける
  5. 【2】の密閉袋に白菜ごと入れて常温で30分置けば完成
 

たけのこキムチメンマ

たけのこキムチメンマ(出典:たけのこで作るキムチメンマ!ご飯にもお酒にも合うおかずレシピ)

たけのこキムチメンマ(出典:たけのこで作るキムチメンマ!ご飯にもお酒にも合うおかずレシピ

歯ごたえのあるたけのこをピリ辛のキムチメンマに! シンプルな材料、短い調理時間でできるので、時短のおもてなし料理としてもぴったり! ご飯のお供にも、お酒のおつまみとしても楽しめるので、たくさん作って冷蔵庫に作り置きしておくのもおすすめです。

【作り方】2人分
  1. 茹でたけのこ1本を食べやすい大きさ(5cmほど)に切る。穂先の部分も形を合わせて切る
  2. 鍋にごま油大さじ1と切ったニンニク、生姜、赤唐辛子を入れて弱火にかけて炒めて香りを出す
  3. 豆板醤1/2を入れて炒め、たけのこを入れて炒めあわせる
  4. 水200ccと調味料(だし小さじ1、酒大さじ2、みりん大さじ2、砂糖大さじ1/2、醤油大さじ2、塩少々)を入れ、落とし蓋をし、煮汁が少なくなるまで20分ほど煮る
  5. 強火にして煮汁をからめ、ごま油を回し入れて軽く混ぜて火を止める
  6. 器に盛り付け、白髪葱を天盛りし、白ごまをかけたら完成
 

辛くない水キムチ

辛くない水キムチ(出典:)

辛くない水キムチ(出典:辛くないキムチ 水キムチ

漬け汁も飲める、辛くない水キムチはさっぱりとした味わい。大根やきゅうり、ニンジンはシャキシャキとして歯ごたえ抜群。梨の甘みは美味しく、優しいアクセントになっています。漬け汁はそのまま飲んでも、素麺などの汁にしても美味しくいただけます。野菜は、白菜やキャベツでもOK。

【作り方】2人分
  1. 大根150g、ニンジン50g、きゅうり100gを短冊切りにし、塩小さじ2と砂糖小さじ2をふって30分ほど水気を抜く
  2. 梨1/2個、たまねぎ1/4個、ニンニク、生姜をそれぞれうす切りにする。唐辛子1本は切らなくてもOK
  3. 容器に【1】と【2】を入れ、塩大さじ1と砂糖大さじ1を混ぜ合わせたミネラルウォーターを注ぐ
  4. 常温で1日発酵させて完成
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。