夏の定番お昼「そうめん」を簡単アレンジ!

暑い季節にもさっぱりツルッといただけるそうめんは、夏の定番レシピ。手軽に作れる食卓の味方ですが、めんつゆにつけて食べるばかりでは、味が変わり映えがしないのが悩みどころです。

そこで今回は、毎日食べても飽きないそうめんのアレンジレシピをご紹介します。時間をかけずに大胆な味の変化を楽しみましょう!

 

沖縄風!?トマトとゴーヤのそうめんチャンプル

そうめんのアレンジレシピ5選

トマトとゴーヤのそうめんチャンプル(出典:夏にぴったり!卵なしのさっぱりそうめんチャンプル

長寿の県・沖縄の栄養豊富なゴーヤを食べて夏バテ予防! ゴーヤとツナをしんなりするまで炒め、鶏がらスープの素、しょうゆ、塩・こしょうで味付けしてから、水気を切ったそうめんを加えてさっと全体を混ぜ合わせます。トマトを添えれば、彩りも相性もバツグンです。

【作り方】
  1. ゴーヤ1/2個を縦に半分に切り、綿を取り除き薄切りにする
  2. ゴーヤを塩でもみ苦味をとる。苦みとりは数分程度
  3. ゴーヤとツナ1缶を炒めて、鶏がらスープの素、しょうゆ、塩・こしょう味付けをする
  4. 茹でて水洗いしたそうめんを入れて、全体を混ぜ合わせる
  5. トマトなどを添えて完成!
 

夏野菜たっぷり! ガスパチョ風そうめん

そうめんのアレンジレシピ5選

夏野菜たっぷり! ガスパチョそうめん(出典:ガスパチョで冷やしそうめん

トマト、パプリカ、たまねぎ、きゅうり、にんにくなどの夏野菜をカットしてオリーブオイル、酢、水を加え、ミキサーあるいはフードプロセッサーにかけます。次に塩、こしょう、それから隠し味は醤油とタバスコです。ビビッドカラーのガスパチョは目にも楽しく、食べると元気をもらえそうです。

【作り方】
  1. トマト大1個を湯むきして、中の種を取り、荒く切る
  2. パプリカ(赤と黄各1/4)、たまねぎ30g、きゅうり40g、にんにく1片を薄く切る
  3. フードプロセッサーに野菜を入れ、オリーブオイル、酢、水100mlを入れ攪拌
  4. フードプロセッサーに塩、こしょう、醤油、タバスコを加えて再度攪拌
  5. 容器に入れて冷蔵庫で冷やす
  6. 茹でて水洗いしたそうめんと混ぜて完成!
 

レモンがきいてる! 鶏生姜風味の冷やしそうめん

そうめんのアレンジレシピ5選

レモンがきいてる! 鶏生姜風味の冷やしそうめん(出典:レモンがきいてる! 鶏生姜風味の冷やしそうめん

鶏ささみと生姜を茹でたゆで汁に鶏ガラスープの素、塩、レモン汁を加えて混ぜ、ひと煮立ちさせたあと味を見ながら塩を加えれば、つゆが完成。そうめんを茹でる間に冷蔵庫で冷やしておけば、さらにさっぱり食べられます。鶏ささみ、卵、きゅうりをトッピングして、レモンと鶏生姜の風味を味わいましょう。

【作り方】
  1. 鶏ささみ2~3本を生姜のすりおろしと一緒に中火で5~6分茹でる
  2. 鶏ささみを取り出し、残ったスープに鶏ガラスープの素、塩、レモン汁を加える
  3. 卵1個は溶きほぐし、薄焼き卵を作り、あら熱がとれたら細切りにする
  4. きゅうり1/2個を千切りにして、鶏ささみもほぐしておく
  5. そうめんに、鶏ささみ、卵、きゅうりをのせ、つゆを注いで完成!
 

キムチのせ韓国冷麺風そうめん

そうめんのアレンジレシピ5選

キムチのせ韓国冷麺風そうめん(出典:冷麺風そうめんレシピ~キムチに合う甘酸っぱいつゆで韓国風!

キムチの辛さと甘酸っぱいタレが食欲をそそります! つゆはコンソメベースに醤油、酢、砂糖、塩、ごま油を混ぜて簡単お手軽に。そうめんは比較的硬めの方が冷麺らしくできあがります。きゅうり、わかめ、鶏胸肉、ゆで卵を盛り付けたら、最後にキムチをお好みで。

【作り方】
  1. 水200mlとコンソメ1/2個を鍋に入れて煮立たせる
  2. 醤油(大1/2)・酢(大2)・砂糖(大1)・塩・ごま油を加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やす
  3. 鶏胸肉40gに酒を振り、30秒電子レンジで加熱。ひっくり返して再度30秒加熱
  4. 茹でたそうめんの上に、キムチ、きゅうり、わかめ、鶏胸肉、ゆで卵を盛り付け
  5. 冷やしたつゆをかけて完成!


【参考記事】
夏にぴったり!卵なしのさっぱりそうめんチャンプル
ガスパチョで冷やしそうめん
レモンがきいてる!鶏生姜風味の冷やしそうめん
冷麺風そうめんレシピ~キムチに合う甘酸っぱいつゆで韓国風!
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。