カリカリ&味しみ!お店みたいなカツ丼を作るコツ

所要時間:5分

カテゴリー:かつ丼

 

カツ丼をおいしく作るコツ

まずは、美味しいカツ丼作りの基本、美味しい丼たれ作りから。今回は、電子レンジを使う簡単レシピを紹介します。材料を合わせてレンジで加熱して、だし昆布を投入するだけです。

目指すのは、カツはカリッとした歯触りが残っていて、卵は半熟よりほんの少し固め。たれはきりっとした味つけで、ご飯は白い部分が多く、つゆだくではないカツ丼です(どうしてもつゆだくが好き!という方は、たれを水で少し薄めてください)。

冷めたカツは温めましょう。電子レンジだとカリッとしないので、できればオーブントースター、グリル、ノンフライヤー等がいいです。

別にカリッとしていなくてもいい、汁をたっぷり吸ったカツが好き!というなら、タレの中で長めに煮て、汁を吸わせるといいです。
 

お店みたいなカツ丼を作るコツの材料(4人分

かつ丼の材料
ご飯 4人分
豚肉 とんかつ 4枚
たまねぎ 1コ (200g)
L 4コ
丼たれの材料
200㏄
大さじ2
砂糖 大さじ2 (26g)
醤油 大さじ5 (75cc)
かつおだしの素 小さじ1
昆布 4cm角
丼たれを鍋で作る場合は、蒸発する分を考えて、水を大さじ1杯ほど多くします。砂糖大さじ2は22~24gですので、ほんの少し大盛の大さじ2です。

お店みたいなカツ丼を作るコツの作り方・手順

丼たれを作る

1:昆布以外の丼たれの材料をレンジでチン

昆布以外の丼たれの材料をレンジでチン
耐熱容器に昆布以外の丼たれの材料を入れて軽く混ぜ、ラップをふんわりとかけ、600Wの電子レンジで3分ほど加熱して、ひと煮立ちさせる。 ふきこぼれに注意。

2:昆布を入れる

昆布を入れる
レンジから取り出して混ぜ、昆布を入れる。

※冷めるまでの間に、昆布の旨みが出る。

カツ丼を一人前ずつ作る

3:材料を用意する

材料を用意する
たまねぎは薄切りにする。とんかつはなるべく直前に揚げたいが、冷たい場合は、オーブントースターやグリルでカリッと焼く。 とんかつを温める目的は、カリッとした食感と、卵を綺麗にかためるため。

4:鍋にたまねぎと丼たれを入れて煮る

鍋にたまねぎと丼たれを入れて煮る
あれば丼用の鍋(小さいフライパンや片手鍋で良い)に、たまねぎと丼たれを入れ、蓋をして煮る。

※丼たれは、お玉で軽く1杯(70~75㏄) 蓋をするのは、たれの蒸発を防ぐため。

5:卵は軽くほぐす

卵は軽くほぐす
卵は軽くほぐす。 黄身と白身が混ざりきらないほうが、仕上がりが綺麗。

6:たまねぎが煮えたらとんかつをのせ、すぐに溶き卵を流す

たまねぎが煮えたらとんかつをのせ、すぐに溶き卵を流す
たまねぎがしんなりしたら、とんかつを切ってのせ、すぐに、溶き卵をとんかつの上にかけるように、流し入れる。 写真のような浅鍋で煮ると、水分が蒸発しやすく、もたつくと煮詰まってしょっぱくなってしまうので、その時は水を差す。

7:蓋をして煮る

蓋をして煮る
蓋をして煮る。

中火以上で煮て、とんかつの上の卵が半熟状態になれば、加熱終わり。 お弁当用なら、火加減を弱めて、しっかり煮て卵に完全に火を通すこと。

8:丼にご飯をこんもりとよそい、(6)をのせる

丼にご飯をこんもりとよそい、(6)をのせる
丼にご飯をやや中高によそい、(6)の鍋を傾けて移すか、箸を添えてずらしてのせる。 かつ重にするなら、ご飯は平らによそう。

9:完成

完成
完成。

お味噌汁とお漬物を添えて。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。