アラフォーの婚活は難しい?その理由と成功のためのアドバイス

アラフォーの婚活は難しい?うまくいかない理由と成功のアドバイス

アラフォーの婚活は難しい?うまくいかない理由は?

仕事や趣味が楽しくて、気が付けばアラフォーと言われる年齢になっていた、周りの友人が皆結婚していた、親から結婚を急かされた、「そろそろ結婚しようかな」と漠然と考えた……などなど、きっかけはさまざまですが、アラフォーになって婚活を始める人は少なくありません。

しかし、始めてみると、なかなかうまくいかないと感じている人は多く、アラフォーの婚活は難航を極めます。なぜ、うまくいかないのか?その理由とアラフォーの婚活を成功させるためのアドバイスをまとめました。

<アラフォー女性が婚活を始める前に> <アラフォー婚活を成功させるためのアドバイス13> <アラフォー婚活のまとめ>  

なぜうまくいかない?アラフォー女性婚活の落とし穴

婚活がうまくいかない……アラフォー婚活の落とし穴

「独身男性はたくさんいる」にアラフォー婚活の落とし穴が

50歳になった時点で一度も結婚したことがない人の割合は、男性23.37%、女性14.06%(人口統計資料集(2019)、国立社会保障・人口問題研究所発表)。調査するたびに数字がアップしていることから「まだまだ巷に独身男性はたくさんいる」と思う独身女性は少なくありません。しかし、結婚対象という観点で見れば、そこには大きな罠があります。

アラフォー女性の婚活で、最初に見落としてはいけない落とし穴は2つあります。

1. 「結婚」と「子供」がワンセット、35歳未満希望の男性が多い
ひとつは、独身男性の割合が増えているからといって、結婚したいと思っている男性とは必ずしも限らないこと。もうひとつは、婚活している同年代の40代男性の多くは、結婚相手に「35歳未満」の女性を希望しているということ。

年齢に関わらず、未婚の婚活男性の多くは「結婚」と「子供を持つこと」がワンセットになっています。もちろん若くても妊娠できるとは限らないし、40代でも出産することも可能です。しかし、少しでも高い妊娠の可能性を求めて、女性の年齢が「若いほうがいい」となるのは仕方のないことかもしれません。婚活市場においては「先に条件ありき」で出会いを求めてしまう分、40代女性は不利になりやすいのです。

2. 男性に対して受け身で接している
婚活が難しい……アラフォー婚活の落とし穴

男性に対して受け身で接して、厳しいジャッジをしていませんか?

先ほどの理由から、ただでさえ、最初の条件でマッチングできる男性の絶対数が少ないのに、女性側であまり多くの条件を掲げていたら、マッチングできる確率は減るばかりです。

アラフォー女性に多いのは、婚活で知り合った男性との初デートのとき、「デート向きのお店じゃなかった」「ワリカンを提示された」「話が弾まなかった」「リードしてくれなかった」と厳しいジャッジをしてしまうこと。それらはすべて、男性に対して受け身で接していることが原因です。

婚活市場には、女性慣れしていない男性も多く存在します。大人同士の結婚においては、相手に寄りかかるのではなくお互い自立している関係を求めるもの。男性を受け身の姿勢でジャッジしていないか、もう一度見直してみましょう。

≪参考記事
40代女性の婚活がうまくいかない理由

 

アラフォー女性が婚活前に心得ておきたい6つのこと

アラフォーの婚活で心得ておくべきこと

20代、アラサーの婚活と違ってアラフォーとして婚活を成功させるために心得ておくべきこと

アラフォー女性が婚活に挑むにあたって、心得ておきたいことを6つまとめました。婚活真っ最中の方も、今までの出会いを振り返ってみましょう。

 

1. ハイスペックな男性を狙うときに見直すべきこと

最近は男性の所得に対して「年収600万円希望」という女性も増えつつありますが、いまだに漠然と「年収1000万円以上」を希望する方が多いものです。実際に平成28年における、年収1000万~1500万円の男性は4.8%、年収1500万~2000万円の男性は1.1%、年収2000万円以上は0.7%。年収1000万円以上を合計すると6.6%でした。
アラフォーの婚活で心得ておくべきこと ハイスペックな男性を狙うとき

給与階級別分布 平成28年分 民間給与実態統計調査(P.20より)

3 給与階級別分布
1年を通じて勤務した給与所得者4869万人について、給与階級別分布をみると、300万円超 400 万円以下の者が 854 万人(構成比 17.5%)で最も多く、次いで 200 万円超。300 万円以下の者が 796 万人(同 16.3%)となっている。
男性では、年間給与額 300 万円超 400 万円以下の者が 522 万人(同 18.2%)と最も多く、次いで 400 万円超 500 万円以下の者の 501 万人(同 17.5%)となっている。
出典:平成28年分 民間給与実態統計調査(P.20より)

わかりやすく例えると、年収1000万以上の男性は、通勤電車1車両の定員150人前後の中にだいたい10人程度いる、という計算になります。その中には既婚者やかなり年上の男性も含まれるので、結婚対象になりうる男性に絞ると、かなり少なくなります。30~40代の婚活女性と同世代で1000万円以上となると、いかに数少ない男性を狙っているのかということをまず自覚しないといけません。

もちろん、確率は低くても望むのは自由。わかった上で、覚悟して挑むことが大切です。まずはお金持ちの男性を狙うにあたって自分に足りないものはないか、必要な努力は何かを知ることから始めましょう。

1. お金を稼ぐ苦労を労えるかを見られる 
アラフォーの婚活で心得ておくべきこと ハイスペックな男性を狙うとき

稼ぐ男性ならではの苦労を理解し、労われるかを見られる

稼いでいる男性ほど、稼ぐことの苦労を知っていて、お金の使い方には堅実的です。パートナーになりたいなら稼ぐ男性ならではの苦労を理解し、労うようにしましょう。「きっとこんな苦労をしているんだろうな」「たまの休日にデートをしているんだから癒してあげたいな」「こんなサポートだったら私にもできるかな」そんな風に考えられるようになれば、一歩前進と言えるでしょう。
 
2. 社会的にも経済的にも精神的にも、自立が求められる
頑張ってきた稼ぐ男は、結婚する相手にも、自分の人生に責任を持てる計画性や信念を持つ自立した女性を求める人が増えています。男性自身の条件が高いほど、容姿や年齢だけでなく、仕事の話が対等にできたり、今後の生き方について対等に話し合えるような存在が求められると心得ましょう。
 
3. 妻にも同レベルの般常識や教養が求められる
夫がエリートであれば、教養が求められます。それが彼が生きてきた世界の常識であり、単に、家庭で話が合う・合わないの問題ではありません。将来生まれてくる子どものIQに影響する、 子どもの教育ができるのか、ということを気にする人もいます。自身で勉強して知識を得ることもできるはず。望む相手に合わせた知識や教養を身に着けてみてください。
 
≪参考記事
6%の奪い合い…玉の輿に乗りたい人が覚悟すべき4つのこと

 

2. アラフォー女性は生活力、家事能力0では絶望的

アラフォーの婚活で心得ておくべきこと 家事、生活力

アラフォー女性なら基本的な家事はできて当然、と期待されている

一人暮らしで好き勝手なライフスタイルを送り、コンビニや外食づくしだったり、実家を頼っていないでしょうか? 食べたいものはコンビニやレストランで食べられるし、家事は家事代行を頼めば家事をしなくても生きていけます。それでも男性が「結婚したい」と思うのは「温かい家庭」を守ってくれる女性とともに歩みたいと思うからです。アラフォーで結婚を望むなら、最低限の家事は身に着けてほしいスキルです。

≪参考記事
40代での結婚……幸せな「40歳婚」に必要な3か条
6%の奪い合い…玉の輿に乗りたい人が覚悟すべき4つのこと

 

3. アラフォー女性の魅力は包容力! すぐに不機嫌になるのはNG

アラフォーの婚活で心得ておくべきこと 包容力

アラフォー女性の魅力は「男性を甘えさせられるだけの包容力」。すぐにイライラするのはNG!

婚活の現場でのよくある例をお伝えします。同じ男性に、2人の女性を紹介したケースです。

お見合いのあと、1人目の女性は「仕事の愚痴ばかり言う」とお断りの申し出、2人目の女性は「仕事熱心で誠実そうな素敵な男性」と交際の申し出でした。男性は「2人ともに同じ話をした」とのことですが、1人目の女性が「愚痴」と捉えたのに対し、2人目の女性は「仕事について熱心に話してくれて嬉しい」と受け取りました。結婚生活の中で、些細なことで不機嫌になる女性と一緒に過ごしたいと思うでしょうか? 

最近は年上好きの男性が増えているという統計もあります。その理由は、まず包容力。若い女性にはない、アラフォー女性ならではの武器ともいえる魅力です。アラフォー婚活女性は、「男性を甘えさせられるだけの包容力」を持ち合わせることが大切。相手を尊重し、包み込むような優しい気持ちを持つこと。包容力は、アラフォー婚活において必要な要素です。

≪参考記事
アラフォー婚活は「包容力のある女性」が選ばれる!
恋愛上手なアラフォー女性がやっている5つの行動
40代での結婚……幸せな「40歳婚」に必要な3か条

 

4. アラフォーの婚活では、現実とのギャップに気付き結婚観を変えていく

アラフォーの婚活で心得ておくべきこと 結婚観を見直す

アラフォーの婚活は、今までの結婚観を見直すことから

アラフォーの婚活では「結婚に関しての現実を理解し、成熟した大人の結婚観を持つ」ほうが、幸せな未来を掴めるかもしれません。

初めから結婚を意識して出会いを見つける場合には、男女ともに「相手と子供を作れる可能性があるのか?」を考えてパートナー選びをする人が多いのですが、結婚において子供が全てではありません。もし、「子供ができなければ結婚する意味がない」と思っているような相手であれば、子供ができなければ夫婦関係は壊れます。

だからこそ、自分の結婚観をきちんと磨き、同じように成熟した価値観を持つパートナー、「仮に子供ができなくても幸せになれる結婚」を目指せる相手を選ぶようにしましょう。

≪参考記事
結婚観を成熟させる!36歳から持つべき大人の結婚観とは?

 

5.アラフォー女性は「成熟した魅力」をアピールする

アラフォーの婚活で心得ておくべきこと アラフォー女性の魅力

アラフォー女性が出すべき魅力は「見た目が若い」だけじゃない

アラフォー女性の中には、年齢よりも若く見られることやノリの良さ、女としての魅力で勝負をしようとする人がいますが、それは、物理的に若い女性にはかなわないところも。誰もが平等に歳をとっていく中で、失うものにばかり価値の重きを置くことは、残念なことです。

アラフォーの婚活女性は、若い女性にはない“成熟した魅力”を持つ必要があります。例えば、大人ならではの包容力、優しさ、経験から出てくる知識などはもちろん、大人の女性を選ぶ男性は、精神的な自立を求めます。ある程度の年齢になれば、「それなりの経済力がある」ということもポイントになります。 

≪参考記事
結婚観を成熟させる!36歳から持つべき大人の結婚観とは?

 

6.アラフォー女性は相手の欠点に目をつぶることも必要

婚活中、いろんな人に出会う中で、つい相手の欠点に目がいってしまう人は、せっかくの出会いを逃してしまっているかもしれません。

自分に対して、「ここが気に入らない」「ここが足りない」「もっとこうできたらいいのに……」と思うことが多い人は、自分の欠点を受け入れることができず、同じように相手の欠点にばかり目がいってしまいます。逆に、自分のことを欠点も含めて受け入れていると、相手の欠点にも目をつぶれるものです。まずは、自分の欠点を受け入れる努力から始めてみましょう。

≪参考記事
婚活で出会う男性の欠点にばかり目がいってしまいます


続いて、アラフォー女性の婚活を成功させるためのアドバイスを13個まとめました。ビジュアル面と内面の両方から、アラフォー女性として最低限身に付けておくべきこと、アラフォー女性だからこそできることをお伝えします。

 

【身だしなみ編1】アラフォー女性はメイクをして美意識を上げる

アラフォー婚活を成功させるアドバイス メイクは最低限の身だしなみ

きちんとメイクすることは最低限の身だしなみ!

40歳を過ぎると年齢的には中年にくくられます。婚活では、今持っている自分の魅力を総動員しても、断わられてしまうことも多い年齢です。

きちんとメイクをして自分の美意識を上げることによって、見た目が良くなります。それだけではなく「自分はきれいになれる女性だったんだ」と気づき、「婚活スイッチ」も入ります。30代になれば20代の倍の美意識、40代はさらに倍の倍の美意識を持たなければどんどん老け込んでしまうと自分に言い聞かせ、身だしなみの重要性を心得ておきましょう。

≪参考記事
婚活失敗談!47歳婚活待ち子ちゃん、受け身すぎる婚活の惨状

 

【身だしなみ編2】ヘアメイクは実年齢-5歳若く見せるようにする

アラフォー婚活を成功させるアドバイス ヘアメイクは-5歳が目標

年齢に合わないやりすぎメイクはNG! ヘアメイクは-5歳が目標

大人同士ならではの会話は男性だって居心地がいいものですが、見た目は別問題。いかにもアラフォー感が漂っていると、「やっぱり若い子がいい」と思われてしまいます。だからといって、年齢不相応なやり過ぎメイクやファッションは「痛々しい若作り」に見えてしまいます。

アラフォー女性のビジュアルの目標は、実年齢から5歳くらい若く見せること。特に注意したいのは、ヘアとメイクです。古臭いヘアメイクはそれだけで年齢を感じさせてしまいます。そして、肌のハリとツヤは継続的な努力が必要です。スキンケアアイテムを新調する、エステに行くなど、ケアを怠らない努力をしましょう。

≪参考記事
恋愛上手なアラフォー女性がやっている5つの行動

 

【身だしなみ編3】持ってほしい印象で服やアクセサリーを決める

アラフォー婚活を成功させるアドバイス 服装やアクセサリーの選び方

自分の好みと相手にどんな印象を与えたいかが合致した服装が理想的

服装や髪型、表情などで人は他人の多くを判断するので、相手にどんな印象を持ってほしいのか意識しながら、服装やアクセサリーなどの雰囲気を決めていくと良いでしょう。
 
相手に与えたい印象を考慮しつつも、自分が素敵だと思う服を着ましょう。基本的に、自分が素敵だと思う服は自分の感性に合っている服です。あまりに相手に与えたい印象ばかりに意識が向かい、自分の好きでもない服を着るのは本末顛倒となってしまいます。

≪参考記事
自分の魅力を最大限に引き出す方法

 

【コミュニケーション編1】妄想で勝手なコミュニケーションを取らない

アラフォー婚活を成功させるアドバイス 妄想して勝手に相手を遮断しない

自分の勝手な妄想で相手の印象やバックグラウンドを決めつけていませんか?

たとえば、母親と同居の40代会社員の男性とお見合いをしたとします。まず、何を考えますか?

なかにはいきなり「私、お母様の面倒は看ませんから!」と怒りのシャットダウンをする女性がいます。この思考回路を解説すると、「相手は母親と同居 → 結婚後も相手の親と同居 → 親の介護をしなければならない → 冗談じゃない、お断りです!」ということになるのでしょう。

相手が何も語っていないのに、勝手に妄想して決めつけては、コミュニケーションをとる前に自ら出会いを遮断する結果となってしまいます。

≪参考記事
婚活失敗談!47歳婚活待ち子ちゃん、受け身すぎる婚活の惨状

 

【コミュニケーション編2】自分の内面の魅力を伝える

アラフォー婚活を成功させるアドバイス ありのままの自分の魅力を出す

多くの人は「自分らしく生きている」人に惹かれるもの

自分の内面の魅力を相手に伝えるには「こうすれば良い」という正解はなく、自分の感性を信じて内面を出していく他ありません。多くの人は、「その人らしく生きている」という異性に惹かれます。

自分が心惹かれる異性は、自分がしたい「ありのまま」を映し出している可能性があります。つまり、「ありのままのあなたはこんなに魅力的なんですよ!」と教えてくれているのが、自分の好きな人なのです。「好きな人と自分は全然タイプが違う」と感じるかもしれませんが、人は自分の中にないものには惹かれません。

もし自分の内面を100%さらけ出して、それでダメなら悔いはないはず。逆に、それで受け入れてもらえたら最高に嬉しいですよね。ただし、「ありのままのあなたが最高」は「精神的に成長しなくて良い」ということではありません。精神的な成長は続けながら、自分らしさを出せる女性が魅力的なのです。

≪参考記事
自分の魅力を最大限に引き出す方法

 

【コミュニケーション編3】社会的理想よりもその人自身を見る

アラフォー婚活を成功させるアドバイス 「社会的理想」よりも「その人自身」を見る

男性はこうでなくちゃ……「社会的理想」ではなく「その人自身」を見る

「〇歳までには結婚すべき」「家庭をもって一人前」「これぐらいは稼いでいないと……」。こうした世間一般的な理想は、「~すべき」という束縛を与えます。その願望は、果たして自分も本当に望んでいるものでしょうか。

社会的理想ではなく、自分の目の前にいるパートナーを見ましょう。そうでなければ、一生マーケティングの格好の餌食になってしまいます。仮に、望むパートナーと結婚したとしても、永遠に理想を叶えるために自分にムチを打つ人生を送ります。パートナーその人自身を見ることで、外側に何かを求める必要は消えていきます。
 
≪参考記事
縁を結ぶ人、結ばない人の法則!あなたはどっち?

 

【コミュニケーション編4】相手と自分との違いを受け入れる

相手の男性と自分とは異なる存在です。その異なりは、自分の人生に彩りを増してくれるでしょう。何もかも価値観が一致する相手は、この世に存在しません。一緒に過ごす中で、共通する価値観を育てることはできます。違いを受け入れることがなければ、一生自分とは異なる存在を受け入れることができず、疲れる日々が待っています。
 
≪参考記事
縁を結ぶ人、結ばない人の法則!あなたはどっち?

 

【出会い編1】出会いは自分でつくる

なかなかパートナーができない人は「自然に出会いたい」という言葉をよく口にします。それに対して、縁を結ぶ人は、自ら出会いをつくります。もちろん、誰しも自然に出会う=運命的な出会いを果たしたいという気持ちはあります。しかし、そうした出会いや運命さえも自分でつくろうとする意思が、縁を結ぶ人とそうでない人との違いです。

≪参考記事
縁を結ぶ人、結ばない人の法則!あなたはどっち?

 

【出会い編2】一人で行動して外に出向いてみる

アラフォーの婚活で心得ておくべきこと 一人で行動して外に出向く

まずは、ひとりで外に出なければ、出会いのチャンスはつくれない

まず、外に出向かないことには出会いはありません。年齢が上がると、「日々の生活に疲れて、会社と家の往復だけで手いっぱい」と面倒になったり「どうせ出会いなんて……」というあきらめの気持ちも高まってしまいます。気持ちが乗らないときに無理に外に出向く必要はありませんが、自分がやりたいことをつくって、そのために出かける機会をつくるようにしましょう。新しい場所でも恋愛へのあきらめの気持ちを持たず、信じて行動をしてみましょう。

出会いを求めて外に出向くときは「女性グループ」での行動は控えましょう。一人で行動を起こすのは面倒だからと、つい気心の知れた女友達で集まって過ごすのはとても楽しいひとときですが、「大人の女性だけの集団」は男性にとっては近付きがたいもの。お付き合いをはじめるきっかけにはなりにくいのです。

≪参考記事
未婚アラフォーがアラサー時代にやめるべきだったこと

 

【出会い編3】異性の友達をたくさん作っておく

アラフォー婚活を成功させるアドバイス 異性の友達を作っておく

普段から異性とのコミュニケーションは大切にしておきたい

年齢を重ねると新しい異性の友達が出来にくくなります。そんな折に、新しく異性と出会う機会があっても、恋愛相手に最適かどうか……という目線でジャッジをしてしまい、仲良くなるきっかけを遠ざけてしまうこともあるようです。

まずは異性の友達をたくさん作ってみましょう。異性に素直な自分を表現する習慣を身につけておきます。積極的に異性と関わることで人間関係も広がりますし、いざ本命と言える恋愛相手を見つけたときにアピールできずじまい……になることへの予防線になります。

≪参考記事
未婚アラフォーがアラサー時代にやめるべきだったこと

 

【戦略編】アラフォー婚活には専門の恋愛コンサルを使う

アラフォー婚活を成功させるアドバイス 恋愛コンサル

アラフォー婚活は「専門分野」。プロのサポートを受けることも必要

国勢調査でこんな結果が出ています。

平成17年に35~39歳だった女性の未婚率は18.4%
10年後、平成27年に45~49歳となった女性の未婚率は15.3%
出典:平成27年 国勢調査

その平成17年~27年の10年間で結婚したのは女性全体の3.1%、つまり、『35歳以降に結婚できる女性は、100人中3人』という結果です。 

平成17年に40~44歳だった女性の未婚率は12.1%
10年後、平成27年に50~54歳になった際の女性の未婚率は11.4%
出典:平成27年 国勢調査

 40歳以降の女性が成婚できる確率は0.7%という結果です。アラフォー女性の婚活は時間との戦い、さらに非常に難しく、「専門的な分野」と言えます。間違いのない活動をして、計画的に結婚したいなら、「専門の恋愛コンサル」をつける、結婚相談所に行くことも考えるべきでしょう。婚活市場はもちろん、自分の魅力を最大限に引き出す方法、コミュニケーションの取り方、歩き方、待ち方など、婚活に必要な要素を教え、戦略的に考え、ナビゲートしてくれます。
婚活パーティーなどに出向いて結果が出ず、「婚活リタイア」する前に、専門家のサポートを受けてみることも考えてみましょう。

≪参考記事
アラフォー婚活……プロが教える、結婚に向けた出会いと恋愛の対策

 

【婚活疲れ編1】アラフォー女性の婚活疲れの主な7つの要因と対策

アラフォー婚活を成功させるアドバイス 婚活疲れの原因と対策

たくさんの人と出会ったり、結果が出なくて「婚活疲れ」したときは

婚活中、どうにもうまく結果が出ない、心と身体に慢性的な疲れを感じている……。もしかすると「婚活疲れ」かもしれません。婚活疲れの原因は、主に次の7つが挙げられます。

1. 多くの人に会うことで、気を遣いすぎている
対策:もしも大人数で会う婚活に疲れているのであれば、少人数制の出会いに切り替えてみましょう。

2. 条件・スペック重視の競争に身を置くことで、自分の価値に自信を無くしている
対策:プロフィールを伏せた出会いを推奨している会社も探せば存在します。少し難しいかもしれませんが、知人・友人からの紹介も活用していくと良いでしょう。

3. お断りが続き、「次もどうせダメだろう」と無力感を抱いている
対策:どのような状況だと自分はお断りを受けるのか?それは100%なのか?を紙に書き出し状況を整理する、全く違う出会い方を試してみるのも方法です。

4. 好みではない相手からアプローチされて断るのに気遣いをしすぎている
対策:結婚相談所のアクセス制限機能などの有効なシステムを利用する。好みではない方からのアプローチは無視するのもひとつの手です。

5. 会ってみて全然好みではなかったときのガッカリ疲れを起こしている
対策:いきなり婚活の対象として見るのをやめ、期待値を下げて会う。

6. モテファッションや趣味を意識しすぎて自分らしさを消耗している
対策:自分らしさを無理に殺さず、逆に自分らしい服装や趣味を出して楽しむ。

7. 相手の選択肢が多すぎることで、誰が自分にとってベストなのか分からなくなっている
対策:最初に良いと直感的に感じたものに決定する、「これとこれとこれだけは譲れない」と3つのルールを決める。

≪参考記事
疲れた、やめたい、うつ……アラサーアラフォーの婚活疲れに7つの対策

 

【婚活疲れ編2】婚活疲れが長期化したら休んでみるのも手

アラフォー婚活を成功させるアドバイス 婚活疲れの原因と対策

婚活は、時間や体力・お金など消耗するものも多い。心が疲れたら休息も必要です

婚活は、時間や体力・お金など消耗するものが多く、たくさん投資したからといって、結果が100%出るわけではありません。一生涯のパートナーを探すための婚活は、時間がかかっても仕方のないこと。

長期化した婚活による心の疲れであれば、しばらく婚活自体を休んでみることも一つの方法です。そのようなリラックスした時期に、自然な出会いがあったりするものです。疲れを引きずったまま婚活を続けるのではなく、心が充実するまでしっかりと休むことも大切です。

≪参考記事
疲れた、やめたい、うつ……アラサーアラフォーの婚活疲れに7つの対策

 

結婚だけが男女のゴールではない

アラフォー婚活 結婚だけがゴールじゃない

「結婚」だけが二人のゴールじゃない

「結婚したい」という気持ちは、時に人を不自由にすることがあります。結婚は二人だけの意志があればいいと言っても、現実には相手の家族との関係や子供のこと、経済力など、いろいろなことが気になってしまい、関係性が濁っていくこともあります。

もし、二人で子供を持たない選択をし、いい関係が保たれているのなら「結婚」を意識しすぎてギクシャクしてしまうより、二人にとって風通しのいい関係を維持することも選択肢としてあるはずです。

≪参考記事
アラフォーカップルだけど「結婚保留」にしたら関係性が変わった

 

結婚できるアラフォー女性はアピールできる武器を持っている

アラフォーの婚活を成功させた実例・コツ

婚活を成功させるアラフォーは何かアピールできる武器を持っている!


最後に、婚活に成功したアラフォー女性の実例を紹介します。
  • 自分に経済力や学歴というスペックがあるからこそ、相手の男性にはそれを求めず、プロフィールの「趣味」だけをチェックして、一緒にいて楽しいパートナーを見つけ出した42歳の女性。
  • メイクもヘアスタイルも気にしない美意識ゼロの状態から、婚活を始めて自分を変えたいと思い、華やかで清潔感のある女性に変身。ハイスペックな男性と結婚した45歳の女性。
  • 一度も男性と交際したことのなかった、マメで、真面目、素直で気が利く性格美人。メイクのやり方やアドバイスなどを素直に聞き入れ、穏やかで優しい性格が受け入れられ結婚に至った45歳の女性。
1000人に数人の結婚できるアラフォー女性は、必ず何かアピールできる武器を持っています。婚活を始めたばかりの女性でも、少しずつ自分磨きをして、確実にステップアップしていけば成婚をつかむことができるのです。逆に言えば、何の努力もせずに男性のアプローチを待っている受け身の姿勢では、待ちぼうけで終わってしまいます。今後の40年50年を誰かとともに生きていく幸せについて考え、自分を磨くことから始めてみましょう。

≪参考記事
実際に40代で結婚した女性たちってどんな人?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。