【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

未婚アラフォーになって、悩み、はじめて気づくことがある

アラフォーの今だからアラサー時代を振り返ることが出来る

アラフォーの今だからアラサー時代を振り返ることが出来る

「今しか出来ないこと、今しか楽しめないことをやろうと、いつでも“今”を大事にしてきたつもりだった。それは30代での結婚、という大きな人生の選択よりも大事に思えた」

「それなりにたくさんの人生経験をしてきたつもり。でも、歳を重ねれば重ねるほど、結婚という言葉が自分に重く感じるようになってきた」

――これらはどちらも未婚のアラフォー女性の言葉です。

突っ走ってきた20代、少し背伸びを始める30代、そして、本当の意味で大人になり、さまざまな自覚が出てくる40代――今、女性の人生はより自由になると同時に複雑化し、アラフォー世代の婚活・結婚の悩みが増えているように思います。

実際、恋愛相談にくるお客様や、世の恋愛コラムなどでも、アラフォー女性に関するものが多くなってきている実感もあります。

今回は、そんな未婚アラフォー女性の恋愛相談に基づいて、結婚したいと思っている女性が、「アラサーのうちに(なるべく早いうち)にやめるべきこと、すべきこと」について考えてみました。

もちろん、今アラフォー世代で恋愛について悩んでいる方が実践しても遅くはありません。ちょっと自分を見直してみてください。

まずはやめるべきことを考えてみましょう。


やめること1.自分の意固地な“こだわり”を捨てる

素直になれずついつい頭で考えてしまうお年頃

素直になれずついつい頭で考えてしまうお年頃

今のアラフォー世代は20~30代の頃は恋も仕事も遊びも、何もかもが充実していた時代を過ごしてきたはずです。

「私はなぜ結婚できないのでしょう?」
そのように相談してきたアラフォー女性に話を聞いていると、「30代になった頃から、相手選びのこだわりが強くなってしまった」という結論に達することがあります。

つまり、細かいところを気にしなければうまくいくはずの恋愛を、自分がこだわりすぎてダメにしてしまうことが多いということ。

若い頃は“好き”という気持ちだけで突っ走れたのに、歳を重ねるごとに、だんだん相手の細かいところがものすごく気になるようになってしまった……ということはありませんか?

結婚前から妥協してしまうような相手と一生を生きていく自信はない……と切り捨てていませんか?

アラサー世代の女性は、それなりの経験を積んで、だんだん大人になってきた自分を意識しはじめる時期。すべてを「大人の目線」で見なければいけないという傾向にあり、その結果、やたらと恋愛に対して厳しい目を持ってしまいがちです。「無理!」と思ってしまったものに関しては、柔軟に考え直すことが難しく、だんだん頑固な一面が出はじめる年頃なのです。それにいち早く気づくために、自分自身のことを振り返り、少し立ち止まってみてください。


やめること2.言い訳をして、あきらめること

どうせ……など最初から予防線をはるのはやめましょう。

どうせ……など最初から予防線を張るのはやめましょう。

もし自分が意固地になっていることに気づいたら、恋愛をするときの思考についても見直してみましょう。あなたは、自分の気持ちの通り、素直に行動できているでしょうか。

恋愛がスタートしたとき、あれこれ考えているだけで行動せずにいると、だんだん意識が不安や妄想へと繋がってしまい、収拾がつかなくなってしまいます。そんなときは思い切って、理屈よりも気持ちを重視して思い切って行動に移してみることをおすすめします。

行動したとしても、「無理に決まっている」と最初からあきらめモードになりがちなのも大人の女性の傾向です。そうやって自分に言い訳をしておけば、「失敗するのが当たり前、仕方ない」と自分の気持ちをラクにして、自分が傷つきたくないから、傷が小さくてすむようにしているに過ぎません。

しかし、傷つくことを恐れては、何も進まないし変われないのです。もちろん、事情によってはあきらめることが必要になることもありますが、何も始まらないうちからあきらめることを考えても、自分にとってプラスにはなりません。

まずは「強すぎるこだわりに気づくこと」。
そして、「自分に正直になること」「頭で考えすぎないこと」「あきらめない」この3つを心に留めてください。


次に、心がけたほうがいいことを考えてみましょう。

すべきこと1.異性の友達をたくさん作っておく

異性のお友達はとても大事です。

異性のお友達はとても大事です。

年齢を重ねると新しい異性の友達というのが出来にくくなります。職場の同僚もそこまで入れ替わりがなくなりますし、30代以降で独身は結婚・出産を経て自然と疎遠になる友達も増えていきます。しかも、積極的に友達を増やしたい、という前のめりの気持ちも若い頃に比べて薄らいでいくもの。

そんな折に、いきなり異性と出会う機会があっても、異性を意識しすぎるあまり、恋愛相手に最適かどうか……という目線でジャッジをしてしまい、仲良くなるきっかけを遠ざけてしまうこともあるようです。実際にこういった悩み相談を受けることは多々あります。

そんなときにお答えしているのは、まずは異性の友達をたくさん作ってみましょう、ということ。異性に素直な自分を表現する習慣を身につけておくのです。積極的に異性と関わることで人間関係も広がりますし、いざ本命と言える恋愛相手を見つけたときにアピールできずじまいになることへの予防線にもなります。


周囲の環境から、アラサーよりもアラフォーのほうがより出来にくくなりますので、気づいたときにすぐ行動してみましょう。そのきっかけづくりは次の項目と関係しています。


すべきこと2:一人で行動して外に出向いてみる

女性同士の行動も大事だけど一人の行動も必要

女性同士の行動も大事だけど一人の行動も必要

まず、外に出向かないことには出会いはありませんし、もちろん新しい友人関係もできません。年齢が上がるといくら飲み会や合コンやお見合いパーティーなども面倒になりますし、「どうせ出会いなんて……」というあきらめの気持ちも高まってしまいます。その上、「日々の生活に疲れて、会社と家の往復だけで手いっぱい」と言う方も多いのです。

もちろん、気持ちが乗らないときに、無理に外に出向く必要はありません。では、どうするか? 自分がやりたいことをつくって、そのために出かける機会をつくってみてください。自分が本当に良いご縁を望むならば、必ず繋がるものです。そして新しい場所でも恋愛へのあきらめの気持ちを持たず、信じて行動をしてみてください。

また、その際に、「女性グループ」での行動は控えましょう。一人で行動を起こすのは面倒だからと、つい気心の知れた女友達で集まってご飯を食べたり、買い物に行ったり、語り合ったりするのはとても楽しいひとときが過ごせます。しかし、「大人の女性だけの集団」は男性にとって、ちょっと怖いもの。お付き合いをはじめるきっかけにはなりにくいのです。群れていると安心感に浸り、“自分”という個性を出さなくなりがち。そして、無意識のうちに、みんな同じだから今のままでいい、彼ができなくても仕方ない、それでも大丈夫……などとどんどん現実逃避してしまいます。だんだん異性との関わりから遠ざかる原因にも繋がります。

行動するならば、自分の個性を伸ばせるように一人で行動をしてみましょう。自分の好きな場所に、一人で行動することを大事にしてみてください。


順番が逆になりますが、
まずは、「一人で外に出向くこと」、その際に、「女同士での行動は控えめにすること」。
そして、「異性の友達を作ること」。この3つを心に留めてください。



アラフォーになると、自分の気持ちに素直になれず、ついつい頭でっかちになって後悔することが多いもの。恋愛は何といっても、自分の気持ち次第で全てが動き出します。そのための準備として、アラサー、もしくはなるべく早いうちに、自分の思い込みやあきらめの気持ちを早いうちに気づいて、捨ててみましょう。

どんなジャンルでも、「目の前のことに夢中になりすぎて、重要なことにはあとで気づく」ということがあります。後悔……とは言っても、自分で自分を振り返ることに遅すぎることはありません。アラフォー以上で恋愛にお悩みの方も、前向きな気持ちで今後の参考にしてみてくださいね。

素敵なご縁がつながりますように。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。