【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
最近よく耳にするのが、友達以上恋人未満の曖昧な関係。ハッキリしない男女の関係に悩む女性が急増中のようです。女性が関係をハッキリしようとすればするほど、ますます答えを濁す男性たち。

男女

ふたりは友達?恋人?

では、どうして曖昧な関係を続けてしまうのでしょうか?女性たちは、自分に魅力がないからなのか、他にも女性がいるからなのか、色々と悩んでいる様子。何年も曖昧な関係が続く苦悩の日々に「一体いつまで続くの?」というご相談も、毎日後を絶ちません。


今回は曖昧な関係の男女の気持ちと抜け出せない場合の心のあり方について考えてみました。

曖昧な関係を続ける男女の気持ち

曖昧な関係でも恋人というハッキリした関係性でも、出会い方は同じです。会社の同僚、先輩、上司という場合もあれば、合コン、街コン、友人の紹介、友人や同僚の結婚式など…出会いのチャンスは、いつでもどこにでも。こうして始まった2人の関係が曖昧なまま続いている時の気持ちを、まずは男女別に読み解きます。

【女性の場合】
出会った時は、楽しく一緒にいられればそれでいい、と思っている人が多いですね。「ギクシャクした恋愛をするならば、自由で楽しいお付き合いがいい。ある程度、適度な距離感があった方が、お互いに楽。お互いを尊重し合える関係がいいよね」と、前向きにワクワク楽しく思っているのですが、いつまでもこの楽しさを続けることは、なかなか難しいようです。

段々と女性本能が芽生え始め、曖昧な関係に不信感を抱き始めます。この女性本能とは、「独占欲」です。独占欲が出始めると、楽しい関係から辛い関係へと発展していきます。

「もしかしたら、他にも女性がいるのでは?」「本当は、特定の彼女がいるのでは?」「私って、そんなに魅力がないのかしら?」「魅力があって好きならば、独り占めしたいって思うはず」など、次から次へと色々な不安や妄想が出てきます。一気にモチベーションが下がり始め、不安とモヤモヤのどんよりした気分が流れ始めるのです。

でも、この関係がいつまで続くのかを男性に聞く勇気がなかなか出ないのが女性です。そして聞いたところで、やっぱり濁されてしまい、進展せず。ますます、不安と不信感でいっぱいに。

【男性の場合】
一方、男性には「縛られたくない」「仕事や趣味が一番」「自分の時間が一番大事」「色々な人と仲良したい」など、様々な理由があるようです。心のなかでは「楽しく一緒にいられてこのまま気持ちが変わらなければ、付き合ってもいいんじゃない?」と思っている場合も。

この自由な考えや発想は、男性本能の一つと言えるでしょう。「好きでなければ一緒にいない」「嫌いなら今ごろ連絡は取り合っていないよ?」「他の女性の存在を心配しているの?」「そんなに僕といて不安になるなら、一緒にいなければいいじゃない」「不安にならない男性を探せば?」など、女性としてはとても傷ついてしまう言葉を、普通に投げかけてくる男性も多くいるように感じますが、決してあなたを傷つけるために言っている訳ではありません。

あくまでも、現実的に本音を話しているだけなのです。その現実的な部分は、女性もわかっているのですが、どうしても独占したいし、してほしい、この気持ちが勝ってしまいがち。そうなると「信じてもらえていない」「あまり深く考えられても困る」「あまりに自分を独り占めしたい気持ちが強いと引いてしまう」など、男性側にも言い分があるようです。

【男女に共通している気持ち】
男女別に考えてみると全く逆に見えますが、実はお互いに臆病な部分もあるのです。

「今のこの関係に何か変化が起こってしまうと、もしかしたら崩れてしまうのでは?」「曖昧だから続いているのかな?」「自分の気持ちを伝えて良いのかわからない、伝えたら引かれてしまうかも?」「何か変化を起こして壊れるなら、このままの方が良いのかな?」

このような気持ちが男女共に共通している部分でもあり、どちらが先に気持ちを言うかもかなり重要な点。基本的には相手から言ってもらえる方が嬉しいですし、特に女性は男性から言ってほしいという気持ちが強いですよね。

>>不安なのに、どうして曖昧な関係から抜け出せないのでしょうか?