どうして人が離れていってしまうの?

人間関係を壊す人ができていないこと

人間関係を壊す人ができていないこと


「自分は悪くないのに、どうして人が離れていってしまうのだろう?」と思っている人は、大事なことを見落としていることが多いもの。
「自分は悪くない」なんて思っていても、相手は「あなたのことが苦手」と思っているから、離れていくのです。まずはそこをきちんと受け止めなくては、改善できなくなってしまいます。
 
大人になると、プライベートの付き合いでは、いちいち怒ったり、注意をしたりすることは面倒なので避けるようになるもの。そのため、「注意されないから、大丈夫」だと思ってしまう人は要注意です。大丈夫なわけではなく、相手は単に「言わないだけ」であることが多いからです。
だから、その度が過ぎてしまうと、一緒にいるのが苦痛になってくるので、よほど仲を改善しようと思う相手でければ、人は何も言わずに離れていってしまうのです。
 
誰も注意をしてくれないからこそ、自分で自覚することが大切!今回は、人間関係を壊してしまう人が分かっていない3つのことを紹介します。

 

その1:相手の立場に立って考えない

人が一緒にいたくなくなる人の代表と言えば、「自己中心的な人」です。でも、自己中の人に限って、自分が自己中であることに気付いていないもの。もちろん自分は自己中だと分かっていたら、自分勝手な行動をしないわけなのですが(苦笑)、気付かない分、厄介なのです。「直さなければ!」と思わないですしね。
 
なぜ、自己中な行動をしてしまう人の多くが、常に“自分軸”でしか物事を見られていません。でも、「相手軸で見る=相手の立場に立って考える」というのは、いい人間関係を築くためにも、とても大切なことです。
 
では、あなたから離れていく人は、どうしてあなたのことを苦手になってしまうのか?
それを知るためには、まずは、人が相手に対して不満を抱くことの多い、根本的な原因を分かっておいた方がいいでしょう。
 
基本、人が不満を抱くことの原因は、「自分に対して気遣いがない=自分のことを大切にしてくれていない」と感じることがベースになることが多いのです。だから、人と関わる時は、「相手にしていることを、自分がされたらどう思うのか?」ということは、常に考えないといけないのです。
 
自己中の人は、相手の立場に立って物事を考える思考グセができていないので、自分が同じことをされたら怒るようなことを、人にはやってしまうのです。「自分がされたら嫌なことは、人にはしない」というのは、いい人間関係を築くために重要なことです。
でも、基本、自己中の人は、相手がどう思うか?よりも、「自分の都合」「自分の心地良さ」を優先してしまいます(※悪気もなく)。だからこそ、ときに相手の許容範囲を超えた、身勝手な要求をしてしまい、嫌われてしまうのです。
 
ただし、自己中の人は、視野が狭いだけで、別に意地悪な人というわけではありません。本人に悪気がない分、自分がやっていることの過ちに気付いていないことが多いのです。でも、だから、厄介なのです!
 
さらに、相手に嫌われたところで「自分は悪くないのに!」とか、「相手がおかしいんだ」という判断をしてしまう人も多いもの。どうしてそんな、残念な判断をしてしまうのでしょうか?そこには自己中の人ならではの特徴があります。それについては、次のページで紹介します。