【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

彼が告白しない、自分は恋愛対象?

3回のデートでも男性が告白してこない心理

駆け引きをしない関係で幸せに!


3回ほどデートをしても、彼が一向に口説いてこなくて悩んでいる女性は少なくありません。
そんなときは、どうしたらいいでしょうか?

中には駆け引きをして、相手の気持ちを探る人もいます。でも、むやみに駆け引きをしてしまうと、むしろ関係をこじらせてしまうこともあります。

たとえば、お気に入りの彼と3回以上デートを重ねているのに一向に関係が進展しないときは、「3回もデートをしても口説いてこないってことは、私は単なるキープなのね」と思って(&思い込んで)、彼の気持ちを試すためにも、一度、相手と距離を空けてしまう、なんてこともあるかもしれません。

でも、人によって“デートの回数の感覚”は違うもので、あなたにとっては「もう3回もデートしている」と思っていても、相手にとっては「まだ3回しかデートをしていない(もっとお互いのことを知ってから、距離を縮めたい)」と感じているかもしれません。
そんなときにあなたが恋の駆け引きをしようとして距離を空けたら、彼は「あれ?他にいい人でもできちゃったのかな?もう脈はないのかな」なんて思ってしまって、好意があっても諦めてしまうこともあるでしょう。

交際に進展するときの感覚も人それぞれで、「好みのタイプだったら、とりあえず付き合ってみよう!」と、すぐに踏み込めるチャレンジャーな人もいれば、「お互いに理解し合って、ちゃんと好きになってから付き合おう」という慎重派の人もいます。
だから、もし自分が前者の場合、相手が後者のタイプだと分からずに、同じような感覚の人だと思い込んで、「なかなか口説いてこないから、脈は薄いんだわ」なんて自信をなくしてしまうと、解釈を誤ってしまうのです。

結局、「駆け引きをする」といっても、相手の生活を毎日見られているわけでもないから、実際の彼は、「脈がある、なし」以前に、今は仕事が切羽詰まっていて、恋愛どころではないかもしれないですし、急に元カノから連絡が来ていて、まずはそこを決着つけなくてはいけない、なんて思っていることもあるかもしれません。つまり、“デート中の彼”のことは知っていても、それだけではなく、“自分の知らない相手の顔”というのも、色々とあるもの。
それが分かっていない状態で駆け引きをしたところで上手くいくか、というと、それは「敵を知らないで攻撃を仕掛けている」ようなもので、うまくいかないことも多いでしょう。もし、駆け引きをした分、そこで相手にあざとさや腹黒さを感じさせてしまったら、信頼関係が壊れてしまうこともありますしね。

基本、「相手の気持ちは、自分には分からないもの」として行動しないと、一般的な常識にとらわれたり、勝手な想像で動いてしまうと、すれ違ってしまうことも多いものです。
では、デートを重ねているけど、気持ちの分からない相手に対して、どのようにすればいいのでしょうか?
 

男性の心理は?自分から告白するか?進展がない時の対処方法は?

相手の態度や行動からサインを探ったりしない

探ったところで、相手の気持ちは分からない!

デートを重ねているけど、気持ちの分からない相手に対して、どうしたらいいのでしょうか。
そんなとき、「自分から告白して、白黒つける」という人は少なくありません。

この方法は潔くて素敵だとは思いますが、もしまだ相手が迷っている場合は、急いで結論を出そうとすることで、もう少し様子を見た方がうまくいった関係でも終わってしまうかもしれません。

告白というのは、「私の思いはこうです。だから、受け止めてください!」と一方的になりやすいもの。また、もし受け止めてもらえなかったときには、どんなに彼と気が合っていても、もう告白する前の関係には戻れない(友達にも戻りにくい)みたいなところもあるものです
相手の思いを受け止められないというのは、ある意味、心苦しいものなので、彼が思いやりのあるタイプであればあるほど、告白をされてしまうと、距離を空けるようになってくることも多いでしょうしね。

でも、結局、告白をしたいと思うくらいなのだから、自分の中で相手は大切な存在になっていることも多いもの。だったら、仮にうまくいかなくなったときも関係が続けられるように、少しだけ「逃げ道」を作りながら、相手の気持ちを知る方法を使ってみた方がいいかもしれません。

例えば、「素直に、相手にどうしたいかを聞く」というのも一つの手です。
これはケースバイケースではありますが、例えば、「私たち、これからどうしようか。付き合う?友達のままでいる?どうしたい?」と優しく尋ねてみると、意外と相手の素直な気持ちが聞けるかもしれません。

このとき、もし「まだ結論は出せないから、友達でいたい」と言われたとしても、先ほどのように一方的に告白をして「受け入れられなかった」という状況ではないので、気まずさは軽減されます。
自分がまだ相手のことを諦めきれず、今後もチャンスを狙いたいのであれば、「分かった。じゃあ、今まで通りに友達でいよう」と言って、今まで通りにお出かけして、様子を見ることもできます。もちろん、もし「すぐに付き合えないなら、もう次に行こう」と思うのであれば、そのまま関係を終わらせてもいいでしょう。

この方法は、もう1つメリットがあります。これはあまり期待し過ぎない方がいいことではありますが、相手の「まだ友達のままでいたい」という思いを受け止めても、その後も変わらない態度で接していると、むしろ信頼関係が生まれ、恋に発展しやすくなることもあるのです。
相手もそこに、「付き合うというメリットがなくても、一緒にいたいと思ってくれているんだ」という本物に近い愛情を感じますしね。もちろん、相手が付き合いたいくらい魅力的な異性なのであれば、本当に友情関係を築いても、楽しみが増えることもありますしね。

ただし、これは、ある程度、デートを重ねた相手だからこそ聞けることでもあります。大人であれば、忙しい日々を過ごしている中、何の意味もなく(付き合う可能性もないのに)デートをし続けるなんてことはないですしね。

つまり、相手の気持ちを聞く段階にも、ある程度、「察する力」も必要です。もし一緒に出掛けていても、相手の行動や視線から好意がなにも感じられなかったり、何か特別な理由がないのに会う頻度が極端に少なかったり、誘うときはいつも自分ばかりだったりする場合は、相手の気持ちを聞くまでもなく、「脈は薄い」です。その場合は、まずは一緒にいるときに相手が心地よく感じてもらえるように、関係を作っていくことの方が先決でしょう。

初めに話した通り、「駆け引き」は場合によっては、関係を壊してしまいます。そこには、理由があります。
 

相手の気持ちをきいてみる

相手の気持ちを試すことはしない

相手の気持ちに寄り添ってみる!


駆け引きというのは、「相手を試す」ことでもあるので、相手に対して思いやりがある行為というわけではありません。むしろ“自分を守りたい(優位に立ちたい)”という気持ちや、“相手を思い通りにしたい”という自己愛からきている行為とも言えます。

そんな自己愛を投げかけたところで、相手の心に響かないことも多いし、相手が頭のいい人であればあるほど、あなたのそんな姑息な思いに気付いて、うんざりすることも少なくありません。

また、現代は傷つきたくない人、失敗したくない人は少なくないからこそ、男性だって、ストレートに告白できる人は減ってきているもの。ただでさえ傷つきたくない人が、相手から距離を空けられてしまったら、「脈がないんだ」と諦めてしまうことも多いでしょう。

それに、“本気の思い”ではないものって、やはりどこか相手に伝わらないところもあるのだと思います。駆け引きを抜きにして、「脈がないなら、相手との関係を考え直したい」と本気で思って距離を空ける場合は、その思いを相手が察し、動いてくれることもありますが、単に相手の気を引こうとして動く場合には、そんな下心があることすら、相手に感じさせてしまうところはあります。やはり「思い」ってどこか伝わりますし、侮れないところがあるんですよね。

先ほど紹介した方法の1つの「相手の気持ちを聞く」というのは、言い換えれば、「相手の思いに寄り添う」ということでもあります。その方が駆け引きよりも、よほど愛情がある行為と言えます。

恋愛というのは、なんだかんだ言って、「人と人との付き合い」でもあるので、時には腹を割って話した方がいいこともあります。その方が、付き合うか付き合わないか、ハッキリしないまま相手の気持ちを探っている関係でいるよりも、“本当の関係”になれるでしょう。

自分も傷つきたくないからって、彼の気持ちを試すのではなく、相手をもっと信じて、素直に気持ちを聞いて、きちんと関係を築ける人でありたいものですね。


[関連記事]
[お知らせ]
書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

・今回のコラムも解説!ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」を毎日更新中!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週金曜日23時に更新!

・HAPPYになりたい女性に向けた恋愛&幸せ情報サイト「HAPPY WOMAN NEWS」更新中!
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。