彼が口説いてきてくれない!?

駆け引きをしない関係で幸せに!

駆け引きをしない関係で幸せに!

3回ほどデートをしても、彼が一向に口説いてこなくて悩んでいる女性は少なくありません。
そんなときは、どうしたらいいでしょうか?

中には駆け引きをして、相手の気持ちを探る人もいます。でも、むやみに駆け引きをしてしまうと、むしろ関係をこじらせてしまうこともあります。

たとえば、お気に入りの彼と3回以上デートを重ねているのに一向に関係が進展しないときは、「3回もデートをしても口説いてこないってことは、私は単なるキープなのね」と思って(&思い込んで)、彼の気持ちを試すためにも、一度、相手と距離を空けてしまう、なんてこともあるかもしれません。

でも、人によって“デートの回数の感覚”は違うもので、あなたにとっては「もう3回もデートしている」と思っていても、相手にとっては「まだ3回しかデートをしていない(もっとお互いのことを知ってから、距離を縮めたい)」と感じているかもしれません。
そんなときにあなたが恋の駆け引きをしようとして距離を空けたら、彼は「あれ?他にいい人でもできちゃったのかな?もう脈はないのかな」なんて思ってしまって、好意があっても諦めてしまうこともあるでしょう。

交際に進展するときの感覚も人それぞれで、「好みのタイプだったら、とりあえず付き合ってみよう!」と、すぐに踏み込めるチャレンジャーな人もいれば、「お互いに理解し合って、ちゃんと好きになってから付き合おう」という慎重派の人もいます。
だから、もし自分が前者の場合、相手が後者のタイプだと分からずに、同じような感覚の人だと思い込んで、「なかなか口説いてこないから、脈は薄いんだわ」なんて自信をなくしてしまうと、解釈を誤ってしまうのです。

結局、「駆け引きをする」といっても、相手の生活を毎日見られているわけでもないから、実際の彼は、「脈がある、なし」以前に、今は仕事が切羽詰まっていて、恋愛どころではないかもしれないですし、急に元カノから連絡が来ていて、まずはそこを決着つけなくてはいけない、なんて思っていることもあるかもしれません。つまり、“デート中の彼”のことは知っていても、それだけではなく、“自分の知らない相手の顔”というのも、色々とあるもの。
それが分かっていない状態で駆け引きをしたところで上手くいくか、というと、それは「敵を知らないで攻撃を仕掛けている」ようなもので、うまくいかないことも多いでしょう。もし、駆け引きをした分、そこで相手にあざとさや腹黒さを感じさせてしまったら、信頼関係が壊れてしまうこともありますしね。

基本、「相手の気持ちは、自分には分からないもの」として行動しないと、一般的な常識にとらわれたり、勝手な想像で動いてしまうと、すれ違ってしまうことも多いものです。
では、デートを重ねているけど、気持ちの分からない相手に対して、どのようにすればいいのでしょうか?次のページで紹介します。