【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

本命?セフレ?中途半端な関係が始まるきっかけは?

相手に合わせて行動する自分が中途半端な関係を生み出す

相手に合わせて行動する自分が中途半端な関係を生み出す

お互いの気持ちを確認せずに、その場の雰囲気でつい身体の関係を持ってしまい、その後の2人の関係が微妙になってしまった経験はありませんか?実は最近、そんな経験をして悩んでいる女性が増えています。

気持ちを伝える前に、身体の関係を持ってしまう……。結論から言えば、「相手の気持ちを確認せずに身体の関係を持ってしまい、その後、恋人関係になれるか?」という問いの答えは「NO」の可能性が非常に高いでしょう。

なぜなら、あなたは「自分の言うことを何でも聞いてくれる人」という風に相手のなかで無意識に分類され、決して「NOと言わない人」と位置づけされてしまうからです。

自分の言うことには全て従う人…そう相手にインプットされてしまうと、相手のわがまますらも受け入れてしまう服従関係のような状態になってしまいます。そうなると自分の気持ちを伝えることすらできなくなってしまい、二人の間柄は「感情の要らない関係」となり、常に相手にとって都合のいい状態になってしまうのです。

自分を客観視する

誰かに好意を寄せることは決して恥ずかしいことではないですし、それを素直に言葉にしたり、プレゼントを渡したりと行動していくことで、相手からも素直な反応が得られるものです。心理学的に表すと、相手と自分の行動は「鏡」のような形になりやすいと言われています。

例えば「相手とセックスをしたい」という気持ちも、自身の気持ちが行動として表れ、相手も同じ感情を抱いた結果だと思います。ですが、その相手に好意を寄せ「恋人関係になりたい!」という思いがある場合は、雰囲気に流されず、しっかりと理性を働かせて、相手との関係をどうすればうまくいくのか?ということを客観的に考えて、慎重に行動していくことがポイントです。

相手に合わせる自分を脱却すること

中途半端で曖昧な関係になってしまう理由の一つとしては、相手に「試し行動」をしていることが挙げられます。例えば、「もし私とあなたが結婚したらどうなるのかな?」などと現在の時点では起きていない出来事を相手に伝えてみたり、相手が「自分のことをどう思っているのか?」を、わざと遠回しな言い方や行動をしたりして確かめようとしている自分がいませんか?もしそうしてしまっているのならば、自分の気持ちは相手にはほぼ伝わっていない状態です。

「好きな人に気持ちをちゃんと伝えたつもりだったのに……」と自身では思っているかもしれませんが、もしこれまでに、自分の気持ちや行動を相手に「遠回し」に伝えてしまっているとすれば、それは相手には伝わっていないと認識して、これからは遠回しな行動と試し行動を行うことは止めましょう

よく「恋愛には駆け引きも大切」と言われますが、駆け引きのなかには試し行動や遠回しな言動は含まれず、むしろお互いにストレートなコミュニケーションを取り合いながら築き上げてきた深い信頼関係のなかでしか通用しないことが多いのです。

>>自身のなかのボーダーラインを大切に