【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

あなたも片想いに悩んでいませんか?

自分の恋愛がうまくいかないなと戸惑うことってありませんか?

自分の恋愛がうまくいかないなと戸惑うことってありませんか?

自分に気になる人ができた時……。特に、年齢を重ねる毎に「なぜうまく恋愛できないんだろう?」と悩んでしまうことはありませんか? メールの回数や会う回数も増えてきて、「これだけ自分は態度に出しているんだから、相手は自分の気持ちに気付いているはず……」という気持ちが働くこともあるのでは。

自分としては行動や態度に出しているのに、相手からの返答やアプローチは一切なし。 そんな時、本当に相手とコミュニケーションを図って、自分の気持ちをストレートに相手に伝えていますか? 遠回しに伝えてはいませんか? 相手の態度だけで、自分への相手の気持ちを勝手に決めつけたり、そして思い込んだりして、マイナスに捉えていませんか?

そのような、片想いの相手にうまくアプローチできずに悩んでいる人がとても増えています。そこで、その悩みに対する原因と解決策をお伝え致します。
 

原因は相手の気持ちを読み取ろうとする自らの「思い込み」

自らの「思い込み」が恋愛から遠ざかっている原因も

自らの「思い込み」が恋愛から遠ざかっている原因も

「最初はただの友達や会社の同僚、先輩後輩の関係や顔見知り程度だったけど、気づいたら異性として気になっていた。あるいは好きになってしまっていた」というきっかけから恋愛がスタートしていた……という経験はありませんか?

その自分の気持ちに気付いた時……、ちょっとした「思い込み」で、自分自身の恋を壊していく傾向が最近増えているのです。

例えば、相手と一瞬目が合って、その相手の目つきが「自分に対して冷たいな……」という印象から「私には冷たい」という意識を抱き、そこから「自分は嫌われているんじゃないか……」と、負の感情である「思い込み」に入ってしまう。

あるいは、直接言葉で伝えたことはなくても、自分では積極的に行動でアプローチしているつもりでいるとき、「自分はこれだけアプローチしているんだから、相手はきっと自分の気持ちに気づいているはず」と、一方的な思い込みに入ってしまう。

これはすべて、相手の気持ちを読み取ろうと必死になり、言葉以外の視線や態度だけで相手の気持ちを判断し、マイナスにとらえてしまう「思い込み」が発生しているのです。そして、始まった恋愛に対し自ら「どうせ振られてしまう」と逃げてしまったり、さらにネガティブな気持ちが大きくなってしまい、相手へのアプローチを躊躇させてしまう原因となってしまうのです。