付き合ってるのに片思い?知っておいたほうがいいこと

付き合ってるのに片思いみたい

付き合っていても、お互いの相手を思う気持ちが同じ熱量なんてことは、むしろ稀

「付き合ってるのに片思いみたい……」。恋人から愛されている感じがしなくて、片思いのような気分で苦しんでいる人は少なくありません。そんなとき、「もう、別れちゃおうかな」なんて自棄になってしまいがちですが、ちょっと待ってください! その前にやってみた方がいいことがあります。
 
今回は、付き合ってるのに片思い気分で苦しんでいる人が知っておいた方がいいこと、さらにその状況を打破するための方法をご紹介します。
   

知っておくべきこと1:思う気持ちに差があるのが普通

付き合っていても、お互いの相手を思う気持ちが同じ熱量なんてことはまれです。多くの恋愛は、どっちかの片思いからスタートし、告白をして、OKをもらって、交際が始まります。その時点でも愛情に差はあります。告白された方は、まだ「付き合ってもいいかな」程度の気持ちであることも多いですしね。
 
その後、Hをすると、男女で違いが出てくることもあります。女性の場合はHをすればするほど愛情が増し、男性の場合はHができたという達成感で、気持ちが落ち着いてくる、なんてこともよくあることです。
 
さらに、付き合ってから、段々、お互いの素の部分が出てきて、「思っていた人と違う!」なんてショックを受けたり、逆に一緒に過ごす時間と共に、相手をもっと愛おしく感じたりして、どんどんお互いの気持ちに変化が出てきます。

だから、思い自体も変化するし、いつでも同じくらいの熱量で相手を好きでいるカップルの方が、珍しいのです。
 

知っておくべきこと2:長く付き合えば、立場が逆になることもある

「知っておくべきこと1」でも伝えたように、お互いの気持ちが常に変化をするということは、立場が逆になることもあると言うことです。
 
付き合い始めは、自分の方が追いかけていたとしても、交際していくにつれて、相手を惚れさせることができれば、立場は逆転します。だから、現状だけで判断しては、もったいないのです。
 

知っておくべきこと3:単なる「片思い」よりもいい状況

今、自分が片思い状態であっても、付き合っている間は、彼(彼女)はあなたの恋人なのです。だから、基本、他の異性とデートをすることはありません。そういう意味では、あなたがある意味、彼(彼女)を独占できるのです。
 
今の状況は、“単なる片思い”よりもいい環境であることに気付かなければいけません。もし、普通の片思いであったら、相手が定期的にデートをしてくれることもなければ、触れ合えることもできないものです。
 
もし、今、恋人と別れて、また同じように人を好きになれることがあるとは限りませんし、また「他の誰かの片思い」から始めるよりも、今、そんなに苦しくなるくらい好きな人と付き合えているのだから、「恵まれた環境である」ことに気付きましょう。
 
しかも、あなたの行動次第で、今後、立場が逆転することもあります。そうするためには、どうしたらいいのでしょうか? 
 

恋人を振り向かせるためには?

恋人を振り向かせよう!

恋人を振り向かせよう!

相手が「別れたがっているわけではない」のであれば、相手に惚れさせるチャンスは大いにあります。つれない恋人を振り向かせるためにはどうしたらいいのでしょうか? 例えば、下記のような方法があります。
 

恋人を振り向かせる方法1:一緒にいる時間は、楽しく!

日々、忙しい人ほど、一緒にいてつまらない相手のために時間を作りたくはありません。だからこそ、一緒に過ごす時間は、「相手に楽しんでもらう」ことを一番に考えて、過ごしてみましょう。
 
これから先もずっと「相手が一番」の状態だと疲れてしまいますが、そうやって過ごしていくうちに、相手があなたの存在をもっと大切に思えるようになってきます。そうなるまでは、ちょっと無理をしてでも、相手が楽しめることを一番にしておきましょう。
 
またこの時期は、あまり喧嘩をすることはオススメできません。大人になればなるほど、自分に注意をするような人間とは会いたくなくなってくる人は少なくありません。相手の嫌なところは、文句を言うよりもフォローできるようになった方がいいし、ある程度の不満は、自分の中で消化できるくらいになった方がいいでしょう。この時期に、相手に「一緒にいると、面倒だ」と思われてしまうと、関係が壊れやすいからです。
 
もちろん、ずっとそうした方がいいというわけではなく、今は、それくらいでいた方がいいという意味です。そこで段々関係が築かれて、絆が深まってきたときには、言いたいことをきちんと言えるときがきます。ただし、そうは言っても、言い方は大切ですけどね。
 

恋人を振り向かせる方法2:相手のペースに合わせる

人は、自分のペースで物事が進まないと居心地の悪さを感じるものなので、この時期は、相手のペースに合わせるようにしましょう。
 
もし、いつも自分からメールを送ったり、デートの誘いをしたりしているのであれば、いったん、相手の様子をきちんと見てみましょう。押してばかりではなく、引くことも大切です。その間、あなたは彼(彼女)のいないところで好きなことをして、楽しく過ごしていればいいのです。
 
また、少し時間と距離を空けたことで、相手も当たり前のようにあった幸せに気付いたり、あなたの重要性を感じたりすることはあります。つまり、そうすることで、関係が修復することもあるのです。
 
ただし、もし自分からメールを送らなくしてから、2週間以上たっても相手から連絡が来ないときは、相手が別れも考慮していることは、理解した方がいいでしょう。

でも、まだ「別れよう」と言われていないのであれば、打つ手はあります。その場合は、一度、何事もなかったように「今度、いつご飯に行く?」と自分からメールをして会うようにして、そのときは、いつもよりもより魅力的な自分になって、彼(彼女)が楽しいと思えるような時間を過ごせるように心がけてみましょう。楽しい時間を過ごすことで、相手だって「まだまだ関係を続けようかな」と思い直すこともありますしね。
 
逆に、そのデートのときに、相手から別れを切り出される可能性もゼロではありません。ただ、そのときは、すがらずにあっさりと別れてあげましょう。その方がまた別れた後も相手から「やり直したい」と言って来る可能性は高まりますよ。
 

恋人を振り向かせる方法3:自分を磨く

もし、相手が自分に飽きてきているのであれば、会うときは楽しい話題を触れるように、いろいろと情報収集をしたり、「綺麗になったな(カッコよくなったな)」と思ってもらえるように、自分を磨いたりすることも大切です。

それは、相手のためだけではなく、今後の自分にとってもいいことなので、積極的にやった方がいいでしょう。
 

相手を居心地よくさせることが大事!

3つの方法を紹介しましたが、これらに共通していることは、「一緒にいることで、相手に居心地の良さを感じさせる」ということです。
 
人は、居心地がいい人の傍にいたいものです。一緒にいると楽しくて、ありのままの自分を受け止めてくれるような相手であれば、心を許すし、会うために時間を作りたいと思うものなのです。

相手に片思いをしている間は、「惚れさせる」という意味でも、少し無理してでも、そういう自分になるように心がけましょうね(もちろん、惚れさせてからも、居心地がいい人でいることは大切ですよ)。
 
最後に、今回の状況で一番の問題点を紹介します。そこに気付かないと、あなたは今後も幸せになれないかもしれません。
 

本当の意味で「人を愛する」ことを学ぶ

まずは、自分がきちんと愛そう!

まずは、自分がきちんと愛そう!

自分の方が相手に対しての愛情が強いと損した気分になるときは、あなた自身、彼(彼女)を本当の意味で愛しているわけではありません。
 
相手に“見返りの愛情”を求めているからです。本当の愛情は無償です。ただただ相手を愛し、相手の幸せを願えることが、本当の愛情です。そうでないものは、自分が幸せになるために向けた愛情(=自己愛)なのです。
 
恋人に愛されていないと悩む人は、「恋人は自分を愛してくれるのが当たり前だ」と思っています。でも、極端なことを言ってしまえば、「自分は恋人だから、愛されるのは当然だ」というわけでもありません。まずはあなたが愛される人にならないといけないし、それ以上に、ただただ愛せる人になることが大切なのです。
 
交際というのは、ある意味、相手との約束です。「お互いに、恋人という関係になって、お互いに他の異性とは関係を持たない」という約束に過ぎません。

今、あなたがそこまで好きな相手とそういう関係になれているのであれば、それはそれで幸せなこととして、だったら、「自分はどうしたらもっと相手を幸せにできるのか?」「もっといい関係を築けるようになるのか?」を考えていくことが大切です。「相手が愛してくれない」なんて、ふて腐れている場合ではないのです。
 
もちろん、「私(僕)のことを好きではないかもしれない」と不安になる気持ちは分かりますが、良くも悪くも、「彼(彼女)があなたと付き合っている」というのが、今の彼(彼女)の気持ちであり、答えなのです。だったら、今、“恋人であるという立場”を生かして、自分が相手に何ができるのか?を考えることが、大切ではありませんか?
 
何度も言うように、「好きな人と付き合えている」という環境自体が、幸せなことなのです。好きな人と付き合えないで片思いでいるわけでもないですし、「愛されたい」とはいえ、他の好きでもない人に思われても、そこまで幸せには思えないものです。
 
だから、「不安だから」「愛してほしいから」といって、好きなのに別れてしまっては、まさに“短気は損気”です。

まだまだやれることはあります。今、あなたは、恵まれた環境にいることをよく理解して、きちんと相手を愛し、上手に関係を築いていきましょうね。

[お知らせ] 【関連記事】


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。