「愛される女」ができていることは相手の気持ちを理解する

愛される女の特徴

「愛される女」ができていて、「愛されない女」ができていないこと(漫画「子供おばさんと大人女子」より)


多くの女性が素敵な男性に愛されたいもの。でも、ただ愛を求めているだけでは、愛されません。「愛される女」と「愛されない女」の違いとは何でしょうか?

「愛される女」ができていて、「愛されない女」ができていないことを1つ挙げるとしたら、それは、「相手の気持ちを大切にすること」でしょう。

例えば、片思いの彼に対して、相手の気持ちを差し置いて、「好きだから、付き合って!」と言ったところで、上手くいく可能性は低いものです。
それは結婚も同じことで、恋人に「これだけ長く付き合っているのだから、責任とってよ!」なんて言ったところで、彼にそこまでの愛情がなければ、うまくいかないでしょう。

「付き合ってほしければ、彼が付き合いたいと思う女性になる」「結婚したければ、恋人がプロポーズしたくなるようにもっていく」というのは、とても大切なことです。
無理やり相手を思い通りに動かそうとするのではなく、相手の意志で動くようにもっていくことが重要なんですよね。

それは、「別れ」のときも同様です。恋人が「別れたい」と言っているのに、別れないでいても仕方がないもの。自分と付き合っていたくない人と付き合い続けても、相手だけではなく自分も不幸ですしね。
でも、「別れたい」と言われたときに、いくら悲しくても相手を手放してあげると、むしろ、相手が戻ってくる可能性は高まります。それは、別れの時に、彼があなたからの“本物の愛情”を感じるからです。逆にすがったら、彼はそれがトラウマとなって、もう連絡を取るのが怖くなることもあるので、むしろ逆効果です。

それくらい誰もが、「自分(の思い)を大切にしてくれる人」と付き合いたいもの。そういう相手が傍にいると心地いいからです。

だから、自分の思いばかりをぶつけるのではなく、相手の気持ちをきちんと聞く、察するというのは、愛されるためにはとても大切なことなんですよね。

この延長として、「愛されない女」がやってしまうミスが1つあります。これは特にキャリアウーマンがやりがちなことです。それを次のページで紹介します。
 

「愛されない女」がやってしまうミス

「愛される女」は、相手の気持ちを大切にする

「愛される女」は、相手の気持ちを大切にする(漫画「子供おばさんと大人女子」より)


「愛されない女」がやりがちなミスが1つあります。女性が男性に愛されるためにも、これは絶対にできていた方がいいことを1つ挙げるとすれば、それは「プライドを傷つけないこと」です。

現代は働く女性も増え、男性よりも仕事ができる人も少なくありません。そんな能力の高い女性たちの中には、恋人が自分よりもできないことがあると責めてしまったり、さっさと自分でやってしまったりする人も少なくありません。
もちろん自分でやった方が効率いいこともあるでしょう。でも、時として、相手がやってくれることを受け止め、そっとサポートするくらいの方がいいこともあるのです。

彼は「自分の方が彼女よりも能力が低い」と思ってしまうと(=プライドが傷つけられてしまうと)、彼女に何かをしてあげることが怖くなってきます。自分を受け止めてもらえる自信がなくなるからです。例え彼女が表面的には受け止めてくれていても、心の中では「イマイチ」だと思っているのだろう、なんて思ってしまうのです。

特にコンプレックスの強い男性の場合は、恋人が有能であればあるほど、「自分はダメな人間なんだ」と劣等感を抱いてしまう傾向があるので、デキる女性ほど、そういう相手にはモテにくくなります。
もちろん「そんな男性は、相手にしない!」と言ってしまえばそれまでですが、実は、そんな自分にもできていないことがあることに気付いた方がいいでしょう。それは「気遣い」です。

実際は、デキるからダメなのではなく、「気遣いができていない」ことが問題であることも多いのです。

愛する人とうまくやっていきたければ、単に効率よく、うまくいくためのゴールを目指すのではなく、「相手の思いを大切にしながら、目的に向かっていくこと」の方が重要です。
例えば、いくら結婚したくても、女性が自分からプロポーズすればいいか?というと、そういうことでもなく、彼が「自分で結婚を決心し、彼女を射止めたい」と思うようなタイプであれば、その思いを尊重して、彼がそういう風に変わっていくサポートをすることの方が大事でしょう。

つまり、彼を自分の思い通りにしようと思う人ほど、相手をコントロールしようとしがちですが、実は、そういう女性ほど、相手の心をコントロールできていないもの。
実際、男性と上手に付き合っていきたいのであれば、ある意味、母親が息子を応援するような気持ちで、相手を見守ることも、時として大切なのです。それは、自分が望むゴールにたどり着くのに多少、多くの時間がかかってしまっても、です。

余談ですが、確固たる自信がある男性であれば、むしろ女性に対して甘えるのが上手です。そういう相手であれば、デキる女性が好きですし、どんどん女性がリードしても、面白がる傾向があります。でも、そんな男性は意外と少ないです。
中には、「女性に怒られるのが好き」なんて言う男性も少なからずいますが、大概、その怒る女性は、“自分よりもデキない女性”限定であることも多いものです。自分よりも本当にデキる人に怒られて、いい気分がする男性は少ないでしょう。プライドが傷つきますしね。

基本、男女限らず、誰もが自分にどこか自信がなくて、コンプレックスがあるもの。だからこそ、愛する彼に自信を持たせてあげられるような女性になった方が愛されるのです。これは、普段、仕事でも何でもデキる女性ほど、気を付けなくてはいけないことなのです。

“仕事脳”のまま恋愛しようとすると、「結果」や「効率化」を重視しがちですが、パートナーシップにおいては、それよりも「相手の気持ち」を大切にしないとダメですよ?

最後に、「愛される女」と「愛されない女」の一番大きな違いについてお話しします。次のページをご覧下さい。
 

 「愛されない女」は、愛を求めてばかりいる                      

「愛されない女」は、愛されることを求めてばかりいる

「愛されない女」は、愛されることを求めてばかりいる(漫画「子供おばさんと大人女子」より)


「愛される女」と「愛されない女」の本質の一番大きな違いは何か?と言えば、「きちんと自分が相手を愛せるか」ということです。
「愛されない女」は愛を求めてばかりいますが、「愛される女」は、相手をきちんと愛することができます。

愛ばかり求めているときは、基本、自分が抱いているのは「自己愛」です。そういう人は、「自分の方が相手よりも好きだったら、負け」「自分の方が愛していたら、損している」と考えています。

でも、本当の愛は無償です。「ただただ愛したい」と思うことが、本物の愛なのです。「愛される女」は、ただただ相手を愛することができます。だから、彼も不安な気持ちを抱かず、安心して彼女を愛せるのです。つまり、「愛される女」というのは、人一倍、相手に愛情を注いでいるんですよね。

結局は、愛する人が愛されるものです。自分は彼を愛していないのに、ただ愛を求めている人は、相手も愛することが不安になってしまうので、愛せないことが多いものです。
基本、愛は求めるものではなく、与えるもの。それが結果的に、自分に戻ってくるものなのです。

「私は彼を愛しているわ!」と思いこんでいる「愛されない女」は、実際は「愛しているつもり」だったことに気付かなくてはいけません。ここまで紹介してきた「相手の思いを大切にできていたのか?」についても、もう一度、よく考えてみる必要があるでしょう。

さらに言えば、人は、自分を愛していないと、人のことを愛する余裕はありません。だから、まずは自分をきちんと愛すること、そして、人を愛せるようになることが大切なのです。そうしたら、むやみやたらに相手からの愛情を求めることもなくなるでしょう。

「愛される女」は、人一倍、相手を愛せる女性!そんな愛情たっぷりの女性になりたいものですね。

【関連記事】 【お知らせ】
・書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

・4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 隔週金曜・23時に更新!


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。