【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

付き合い始めは優しかったのに、どうして?

自分を大切にしてくれる人と恋愛をするにはどうしたらいい?

自分を大切にしてくれる人と恋愛をするにはどうしたらいい?

付き合い始めは優しかったのに、段々彼が冷たくなった、なんてことはありませんか?

私のところには、こういったお悩み相談がよく来ます。
「付き合い始めは、彼から頻繁に連絡も来たし、デートしていたのに、今では会うのは1か月に1回で、しかも連絡するのは私ばかり。どうして?」と。

どうしてそんな変化が起きてしまったのでしょうか?
それには、いくつかの理由が考えられます。


愛情があるから、尽くしていたわけではない?

男女限らずですが、付き合う前には魅力的な自分を相手に見せ、尽くす人が多いもの。
でも、それは愛情からしていることもあれば、単に「相手に好かれたいから」(=自己愛)からしていることも少なくないのです。
だからこそ、相手が自分のことを好きになり、付き合うようになってからは、デートや連絡の頻度が減っていく人、態度が変わってくる人もいるのです。

つまり、付き合う前の優しかった彼は、“本当の彼”ではなかった、ということです。相手の気を惹きたいために、無理をしていたのです。

もちろん誰もが好かれるために多少は無理するものですが、あまりにも落差がある人に対しては、「詐欺だ!」と言いたくなる気持ちも分からなくはありません!(笑)
実際に「釣った魚にはえさをやらない」なんて言葉がありますが、釣ること自体が楽しいだけで、釣って自分の物にした時点で興味がなくなっていく人もいるものです。

そういう人が相手に尽くすのは、相手に愛情があるからしているわけではありません。本当に愛情がある人であれば、初めは「相手に好かれたいから」尽くしたとしても、その後は「相手を喜ばせたいから」優しくしてくれるものだからです。

つまり、釣った魚にはえさをやらないタイプの男性というのは、ハッキリ言ってしまえば、自分勝手で気分屋であるとも言えるのです。

では、大切にしてくれる男性なのかどうかを見極めるには、どうしたらいいのでしょうか?