自ら恋愛を壊していない?

恋愛クラッシャーになっていない?

恋愛クラッシャーになっていない?

せっかく恋人ができても、その恋愛を自ら壊してしまう人がいます。逆に、恋愛を上手に育てていける人もいます。
恋愛クラッシャーができていないことって、何でしょうか?今回は、主な原因を3つ紹介します。


原因1:恋人を信じられない

信じられない相手を愛することは、 怖くてできません。だからこそ、恋愛が始まった時には、まずは「恋人を信じる」ところから始めることが大切です。

恋を壊してしまう人は、傷つくのが怖くて、何かあるとすぐに恋人を疑ってしまいます。今まで恋愛で痛い経験をしたことがあればあるほど、「また傷つけられるのではないか?」「私はダマされてはいないだろうか?」なんて、相手を信じることができません。
もちろん盲目のまま恋をするのはよくありませんが、付き合う前に相手のことをよく観察して、素敵だなと思ったのであれば、相手のことをもっと信じて関係を深めましょう。

逆に恋愛を育てていける人は、相手を信じることができます。それは、「自分自身」を信じているからできることだとも言えます。「何があっても、自分には乗り越える強さがある」と信じているから、その恋愛に深く入り込むことができるのです。

多くの人が、心傷つく失恋を経験したことがあるでしょう。でも、あなたは、なんだかんだ言って、それらの悲しみから乗り越えてきたはずです。それは、どんなことがあっても、「あなたには立ち上がる力がある」ってこと。だから、怖がらずにその恋に進んでみませんか?

更に言えば、自分が恋人を信じられるようになると、仮に相手がいい加減なタイプの人でも、“信じるに値する人”に変わってくることもあります。自分が変われば、自然と相手が変わることもあるのですよね。だから、まずは<自分>が変わることが大切なのです。

次も恋を壊してしまう人ができていないことです。次のページをご覧下さい。