【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

その被害妄想が恋を壊す!

被害妄想で恋を壊していない?

被害妄想で恋を壊していない?

自分の被害妄想から恋愛を壊す人は、意外と少なくありません。あなたは自ら、自分の恋愛を壊していませんか?

被害妄想を持つクセがある人は、事実を歪んで見てしまいます。
恋人から連絡が来ないと、「浮気しているのでは?」。
友達から飲みに誘われないと、「私、嫌われているのでは?」。
ひどい時には、周りに笑い声が聞こえるだけで、「私が笑われているのかも!」と不安になります。

物事は、自分の思いによって「解釈」が変わってしまいます。それによって、自分の「言動」が変わり、「結果」が変わってしまいます。
だから、普段からなるべくポジティブな発想ができる人でいた方がいいのです。


恋人のことが信じられない?

読者さんから、こういうお悩み相談をいただきました。
「彼がせっかくプロポーズしてくれたのに、彼のことが信じられず、結局、彼の愛情を疑ってばかりいたら、フラれてしまいました。どうしたらいいでしょうか?」

せっかくプロポーズまでしてくれたのに、もったいないですよね。
この彼女の場合、まずは自己否定の思いを直さないと、今後、彼とやり直したとしても同じことを繰り返すでしょう。これは彼の問題ではなく、“彼女自身の問題”なのです。

また、自己否定をする人は、自分ばかりが不幸な気持ちでいますが、実際は逆です。相手を傷つけていることに気付きましょう。
人は、自分の愛情を疑われると、残念な気持ちになります。人を信じないというのは、それだけ失礼な行為なのです。
それにきちんと気付いた上で、彼に謝るしか方法はないですよね。