食べ方でわかる性格! 男性のセックスの好みがわかっちゃう?

彼の「食べ方」をさりげなく観察してみて

彼の「食べ方」をさりげなく観察してみて

レストランや料亭など、格式の高い場で人と食事をする時、きちんとマナーを身につけている人なら大抵は、行儀良く食べようとすることでしょう。

しかし、個室のカジュアルな居酒屋や、彼、あるいは彼女の家でとる食事など、くつろいでいる時にかしこまって食べる人はあまりいないはず。そんな時こそ、その「食べ方」に好みのSEX傾向が表れることをご存知ですか?

食べることとSEXには、ちょっとした関連性があります。食欲が満たされると性欲が減退する、などという話も聞きますし、女性が口に物を入れる仕草を官能的だと捉える男性もいます……。それは「食べる」という行為に、SEXに通じる要素があるからなのではないでしょうか。

そこで今回は、男性の食べ方から、好みのSEX傾向を分析してみました。あなたの彼は、くつろいで食事をしている時、以下のうちどの食べ方に近いでしょうか?

早速、診断スタート!
口いっぱいに食べ物を頬張る男性/前傾姿勢で犬食いする男性

口いっぱいに食べ物を頬張る男性/前傾姿勢で犬食いする男性

口いっぱいに食べ物を頬張る男性/前傾姿勢で犬食いする男性
⇒ タイプA
 
迷い箸の多い男性/頬杖を突いたり斜めを向いたりして食べる男性

迷い箸の多い男性/頬杖を突いたり斜めを向いたりして食べる男性

迷い箸の多い男性/頬杖を突いたり斜めを向いたりして食べる男性
⇒ タイプB
 
いかなる時も姿勢を正し、行儀良く食べる男性/作業のように淡々と、料理を口に運ぶ男性

いかなる時も姿勢を正し、行儀良く食べる男性/作業のように淡々と、料理を口に運ぶ男性

  いかなる時も姿勢を正し、行儀良く食べる男性/作業のように淡々と、料理を口に運ぶ男性
⇒ タイプC
 

タイプA:口いっぱいにほおばったり、犬食いする男性

食欲が旺盛な男性は性欲も旺盛?!

食欲が旺盛な男性は性欲も旺盛?

食欲が旺盛な男性は、よく口いっぱいに食べ物を頬張ったり、前傾姿勢でかき込むように、犬食いをすることがあります。こうした男性は性欲も旺盛、そして、欲望に対して体が正直に反応するタイプです。

SEXの傾向としては、情熱的で激しい行為を好むようです。体がガッチリしている人や、背が高いなど体の大きな人は特に、体力勝負のSEXをすることでしょう。経験値が低い男性の中には、自分の欲望を満たすことだけに終始してしまい、女性の気持ちを汲み取らない、呆気ないSEXをしてしまう男性も多いかもしれません。経験値の高い男性の場合は、それなりにテクニックを磨いていたり、ムードを大切にする余裕を持った男性もいます。
 

タイプB:迷い箸や頬杖を突いたりする男性は、照れ屋なテクニシャン

じつは感情を抑える照れ屋さん?

じつは感情を抑える照れ屋さん?

食べることに対して執着していないように見えて、じつは非常に執着しているのがこのタイプの男性です。料理の素材に何が入っているのか、バラバラにして食べたり、斜めを向いて食べるような男性も同じ部類だと言えるでしょう。

自分の欲望を表に出さないように抑えつつ、冷静に理性を働かせている。こうした男性のSEXは、テクニックや演出を重視する傾向にあります。

自分が相手にしてもらうことより、自分がしてあげることで相手の反応を見て喜ぶ傾向があるため、積極的な女性や能動的な女性は敬遠することもあるかもしれません。素の反応を相手に見られることを恥ずかしいと思う、照れ屋なところもあり、SEXの時も感情を抑えるタイプのはずです。
 

タイプC:姿勢よく礼儀正しく淡々と食べる男性は淡泊かアブノーマル派

そのきちんとした佇まいは仮面…?

そのきちんとした佇まいは仮面…?

このタイプの男性は、欲望の少ない淡白な男性が多いのではないでしょうか。あるいは、アブノーマルな欲望を理性で抑え込んでいる可能性もあります。前者の場合は、恋人との間においてSEXをあまり重視しておらず、交際期間が長くなるにつれセックスレスになる危険性も高いと言えるでしょう。

こうした男性のSEXは、一般的な過程に準じた抑揚のないケースが多いでしょう。お互いの要望を取り入れたり、刺激を求めて工夫をしたりといった努力をしないため、はっきり言ってしまうとそっち方面が開拓されていない、「セックス下手」の可能性が高いのでは……。アブノーマルな趣味を持っている男性の場合、付き合っている彼女とは別のトコロで欲望を満たしている可能性もあります。
 

タイプAの食べ方の男性と相性がいい女性の性格

激しさや力強さ、本能的な男臭さを魅力として持つこのタイプの男性には、柔らかさやしなやかさ、女性らしさが魅力の女性が最適です。

同じように、性欲が旺盛な女性のほうがうまくいくのですが、こうした男性は適度にじらされると尚更燃える傾向があるため、時には女性が“出し惜しみ”をするくらいの茶目っ気があっても良いでしょう。

空腹な時に恐ろしい勢いでがっつく男性というのは、食べ過ぎて苦しくなったり気持ち悪くなったりするもの。それと同じように、SEXも求められるがままに女性が応じていると、マンネリ化して飽きたり、おざなりなSEXになってしまいがちです。このタイプの男性には、女性が主導権を握ったほうが、じつは長続きするようです。

もう一度、診断する
 

タイプBの食べ方の男性と相性がいい女性の性格

SEXに関しては気難しく、デリケートな面もあるこのタイプの男性は、行為に対して積極的な女性とはあまり相性が良くありません。男性は全般的に「反応が良い女性」を好むようですが、このタイプの男性はとくにそうで、消極的、受動的だけれども反応が良い、という女性と相性が良いようです。

このタイプの男性は、関係が浅いうちは自分が快感に浸っている表情などは決して見せず、素の感情を抑えて行為に及ぶため、女性のほうが壁を感じることもあるかもしれません。しかし、女性側が心を許し、すべてをさらけ出す態度をとっていると、徐々にその壁が取り払われていくことでしょう。言葉で要求するのではなく態度で導くことが、心の通ったSEXへの近道です。

もう一度、診断する
 

タイプCの食べ方の男性と相性がいい女性の性格

このタイプの男性は2つに分けられますが、まず淡白な男性の場合。同じように性欲の少ない、理性や知性の高い女性と相性が良いはずです。たとえ体を重ねなくても、お互いを尊敬し合い、理解し合って結びつきの強いカップルはたくさんいます。もし、彼女である女性のほうが「それでは寂しすぎる」と思うのであれば、相手が重荷に感じない程度に、女性のほうからムード作りをしたり、仕掛けたりする必要があるでしょう。

アブノーマルな趣味がある男性の場合は、その趣味が許容範囲であるかどうかが、この先も付き合っていけるかどうかのポイントになるでしょう。これは私の知人から聞いた話ですが、ある女性が「どうも彼のSEXは淡白だな……」と思っていた矢先、彼の部屋からここには書けないような類のビデオが大量に出てきたそうです。

それでも、彼女はその男性と結婚しました。恐らく彼の趣味と、自分達の愛のあるSEXは別物だと、割り切って考えることにしたのでしょう。SEXの相性を重視しなくてもうまくいく男女も、世の中にはいるようです。最悪の場合も、どうか希望をお捨てにならぬよう……。

もう一度、診断する

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。