アラフォー婚活は包容力が勝負?

女性の包容力はアラフォー婚活女性にとって最大の武器!年下男性も同年代も年上男性も、この女性の包容力にいちころです!(C)krzysztof.szmytkiewicz

包容力はアラフォー婚活女性にとって、最大の武器。年下も同年代も年上も、男性は「女性の包容力」にイチコロ!(C)krzysztof.szmytkiewicz

ガイドが経営している結婚相談所マリーミーは、日々結婚を真剣に考えている女性と男性で賑わっています。その中でも、昨今、群を抜いて増え続けているのが「アラフォー婚活女性」です。

時間は残酷で、20代、30代の頃よりも、アラフォーの婚活は困難を極めます。その上、社会に出て間もない世代とは違い、様々な人生経験を重ね、男性を見る目も厳しくなってきます。「この年齢で結婚するなら……」とあれこれ条件を加えて、出会える男性の幅を狭めてしまうアラフォー女性はとても多いのです。婚活はひとりひとりとの出会いが重要ですから、出会った相手をしっかり理解し、包み込む力が非常に大切になってきます。そう、それが“包容力”なんです。それを鍛えることで、若い世代にはない素晴らしい武器になります。

今日は、私が実際にお世話をしているアラフォー会員さんの婚活奮闘記を通して、あなたの“包容力”をグンと広げるために意識することをお話しします。


1.視野を広く持ち、許容範囲を広げる

視野を広げれば、見えてこなかった部分だって見え始めるもの。たくさんの経験が私たちの視野を広げるお手伝いをしてくれているから、どんどん広い見かたに意識をむけましょう。(C)StephaniePetra

視野を広げれば、見えてこなかった部分だって見え始めるもの。(C)StephaniePetra

ある日、ひとりの婚活アラフォー女性が1名の男性とお見合いをして、そのままサロンへカウンセリングにやってきました。カウンセンリングのテーマは当然、“今日のお見合い”についてです。

サロンに入って席に着いて、開口一番、彼女のセリフはこうでした。
「今日の男性とのお見合い、お見送りさせてください!」
どうして? と理由を尋ねると彼女はこう語りだしました。
「会った瞬間、すごくお酒臭かったんです……」

「彼は遠方に住んでいるので、お見合いの前日に上京されると聞いていたのですが、このせっかくの機会に、大学時代の友人と飲んでいたようで……。私とのお見合い前日にそんなことしているなんて……私に対して失礼だと、先生もそう思いませんか?」と言うではありませんか。

正直、私はまったく失礼だなんて思いませんでした。
逆に、その男性はこのお見合いをきっかけに大学の旧友と楽しく過ごせたのならよかったと思いました。
しかも、昨晩の出来事を彼女に話したということは、彼にとってすごく楽しい時間だったからでしょうし、その楽しさを彼女と共有したいと思ったのかもしれません。

しかし彼女は、
「お酒臭い状態で人と会うなんて、そんなのマナー違反とかしか思えません!」とバッサリ!
ここでマナー違反と言うフレーズが出る……あぁ、なんて視野が狭いのかしら……!!
それはあなたのマナーであって、人類共通のマナーではないでしょう?

例えば、デートの前日、彼が仕事関係者とお酒を飲んでいたとします。デート当日会った瞬間に、彼がお酒臭かったらどうするの? あなたは私のマナーに反したから、「はい!ここで終了!」ってことなのかしら?

それは勝手極まりないマナーであり、彼女が作り出した単なる理想像と比べてダメ出しを結果に過ぎません。
「私のお見合い相手は、しっかりしていてやさしくて……うん、うん、きっとこんな感じの人!」……と身勝手に決めつけて、いざお会いしたら「私の理想像からズレていた!」ってパターンです。それを彼女は、彼はマナー違反だ、と定義付けたんですね。

それは視野が狭い上に、許容範囲までも狭すぎます。 「マナー違反」なんて言ってないで、お酒臭さすら抱きしめてあげないと!
物の捉え方、考え方、許せる範囲の幅を広げなければ、相手を理解することはおろか、認めることなんてできません! 

結婚生活だって相手を理解して、許容範囲を広げることが必要です。そもそも男性ひとりのことも許容できないとなると、子どもができたらどうするのかしら? 怪獣のように暴れる小さな子どもに対して、「あなたはマナー違反よ!」と叱りつけて終わりでしょうか? いいえ、そんな事はできません。母なる無償の愛で抱きしめると思いませんか? まさにそれが大切な人を守る力であり、大人の女性が持つべき“包容力”なんです。包容力をアップさせるために、まずは凝り固まった固定概念を捨て、視野を広く持つことが大切です。

視野を広げれば、見えてこなかった部分だって見えはじめるもの。
あなたがしてきたたくさんの経験が視野を広げるお手伝いをしてくれているのですから、どんどん意識を向けていきましょう。


2.相手のバックグラウンドを想像して思いやりを持つ

相手を許容し、思いやりの言葉をかけることで、男性は愛されていると感じるものなのです。

相手を許容し、思いやりの言葉をかけることで、男性は愛されていると感じるものなのです。

包容力をアップさせる次のステップは相手の立場に立って物事を考えること。
これは婚活において、非常に重要です。

彼のバックグランドを想像して、どんな状況でこうなったのか? そしてどんな気持ちで目の前で話してくれているのか? それらをたくさん想像することが大切です。

そしたらほら、言葉がたくさん出てくるでしょう?
先ほどのお見合い前日の場合ならどうでしょうか。

旧友と久々に再会できたと話す彼には、「わぁ! そうだったんですね。楽しい時間を過ごせましたか?」
はたまた、デートの前日に仕事関係の飲み会が入ったと話す彼には、「それは深夜までお疲れ様でした!」
このような思いやりのある会話につながりませんか?

もしかしたら彼は、少し二日酔い気味だったかもしれません。でも、どうしてもあなたに会いたくて、いま目の前に来てくれていると想像できませんか?

このように相手のバックグラウンドを想像することで、話を広げ、相手を思いやった言葉をかけることができるようになるのです。

相手をしっかり受け止めて容認し、自然とにこやかに、やさしく、思いやりの言葉をかけることができる――そんな女性なら、男性は安心してあなたに甘えることができるでしょう。

そもそも、男性はいくつになっても、心を許した女性へは甘えん坊でいたいもの。小さいころから、お母さんに思いっきり甘えて、自分を受容してもらい、たくさんの愛をもらって育ってきたんです。男性にとっていちばん大きな存在の女性は、いつまでたってもお母さんです。愛とは、そうやってもらえるものだと男性たちは思っています。だからこそ、男性は女性のやさしさにはめっぽう弱いんです。「愛されてるな」と感じる瞬間だからです。

アラフォー婚活女性は、相手に甘えることだけを考えるのではなく、「男性を甘えさせられるだけの包容力」を持ち合わせることが大切なんです。


包容力とは、相手を包み込む愛情です!

バックグラウンドをイメージして!イメージを膨らませることによって発する言葉が変わります。男性が思わず甘えたくなる言葉をチョイスしましょう。(C)-Jeffrey-

イメージを膨らませることによって発する言葉が変わります。(C)-Jeffrey-

いかがでしたか?
あなたの包容力で男性を包み込むためには、まず相手の立場に立って物事を考えること。そして、相手のバックグラウンドを想像して、どんな事があったのか? どんな気持ちになっていたのか? それに対してあなたはどんな事ができるのか? それらを意識をして相手に接することが大切です。

包容力とは、相手を包み込む愛情のこと。
経験豊富なアラフォー婚活女性ならば、できるはずです。そして、それは幸せな結婚をするためにとても大切で、必要な力なのです。
たっぷりと深く、そしてやさしく温かく男性を抱きしめてあげましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。