【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

アラフォー婚活の厳しさ・真実・出会いの成功術

アラフォー婚活女性の出会いのコツとは

そろそろ婚活しようかな……と気軽に考えているアラフォー女性にこそ知ってほしい真実があります

ガイドが経営する結婚相談所「マリーミー」に新規入会してくる女性の約3割がアラフォー女性です。3割ってすごいでしょ!

今や、アラフォー婚活は世の中のトレンド! それだけ結婚していないアラフォー女性が世に溢れているということなんですね。

それを踏まえて、あえてハッキリ言わせていただきますね?
あなた達は……今まで何をしていたんですか?

1回も結婚しないで、暇さえあれば女子会で妄想を磨き、男の悪口、会社の悪口、さらにはモテてる女性への僻み根性丸出しの嫌味合戦! それで今さら「あたし結婚する!」と突然言い出して……それで結婚できると思ってますか!?

アラフォー婚活がどれほど難しい挑戦か、みなさんは本当にご存知なのでしょうか? 今回は、アラフォーの婚活の難しさと真実、そして成功術をお教えします!  
 

アラフォー婚活……数字で見る恐ろしい「真実」

独身のままだったら、一人でずっと生活していく訳です。定年後もし90歳まで一人で生きていくには…3000万円必要と言われています。あなたは一人で生きていきますか?

独身のままだったら、一人でずっと生活していく訳です。定年後もし90歳まで一人で生きていくには…3000万円必要と言われています。あなたは一人で生きていきますか?

女性の結婚事情について、恐ろしいデータが出ています。
平成17年に35~39歳だった女性の未婚率は18.4%
10年後、平成27年に45~49歳となった女性の未婚率は15.3%
つまり、その10年間で結婚したのは女性全体の3.1%

出典:平成27年 国勢調査
これです! こんなに恐るべき数字が世の中のデータとして存在しているんです。どういうことかわかりますか? 

つまり、『35歳以降に結婚できる女性は、100人中たった3人』なんです。 これが40歳ともなればもっと酷い悲しい結果になります。
平成17年に40~44歳だった女性の未婚率は12.1%
10年後、平成27年に50~54歳になった際の女性の未婚率は11.4%

出典:平成27年 国勢調査

なんと、成婚できる確率は0.7%なんです。1%にも満たない、もはや奇跡を信じるしかないレベル!!

独身のままだったら、一生一人で生活していく訳です。定年後に90歳まで一人で生きていくとしたら、3000万円必要と言われています。それでもあなたは大丈夫? 本当に一人で生きていけますか?

だからといって、40になってから、「よーし、婚活して幸せになるぞー♪」なんて意気込んで婚活を始めたとしても、到底無理というのが現実!

今、「知りたくなかった」……って思いました?

でも、このような「現実」がデータとして出ていることをしっかり学習してから挑まなければ、成功どころか戦い方もわかりません! 市場を知れば、自分の市場価値もわかってくるということ。まずは調査をして、婚活成功へ向けて現実的な戦略を立てましょう!

 

一度も結婚していない女性こそ、「市場価値」を知りなさい

女子会ばかりして、市場価値を知って目を背けないで!あなたの現実を受け入れて!

女子会ばかりして、市場価値を知って目を背けないで!あなたの現実を受け入れて!

前述の通り、ガイドはアラフォー以上の婚活アドバイザーを本業としています。でも、あえて言わせていただきます。

日本の法律では16歳から結婚できます。それなのになんで、好き好んで24年も「もったいぶっちゃった」わけ? アラフォーにもなって1回も結婚すらしていないってどういうことなのかしら? そもそも、もったいぶってなんかいいことありましたか? あるはずないですよね? だって、あなた現在進行形の独身でしょ? つまり“独シング”ってこと!!

いいですか? もったいぶることで最大の武器である若さを逃し、可愛らしさをなくし、挙げ句の果てには婚期まで逃したわけです。

まずはその大事な時期を逃したという事実をしっかり見つめ直してください。そして、もう若くないというこの現実を受け入れて本気で婚活しなさい!!

なぜ、私がここまで言うのかわかりますか?
アラフォー女性は、婚活をはじめても“リタイア=棄権”する確率が非常に高いんです。

自分の現実を知ることを嫌い、あくまでも条件を譲らない! 20代のころの条件や理想を貫き、当時の憧れそのままの結婚像を引きずったまま婚活をしているからです。よく考えなくてもわかることですが、要するにターゲットにしている層を間違え、勝手に傷つき、挫折して、「婚活なんて意味ない! 運命の人をやっぱり待とう!」というとんでもない勘違いのループにハマって行くわけです。
 

アラフォー婚活女性の中でも「離婚経験」のある人は再婚がスムーズ?

逆に言うと、たとえ離婚歴があっても、夫婦として手を取り合った経験は人間力につながります

逆に言うと、たとえ離婚歴があっても、夫婦として手を取り合った経験は人間力につながります


同じアラフォーでも離婚経験のある婚活女性は、アッと言う間に成婚しますよ。なぜそんなに違うかって? アラフォーで一度でも結婚経験があると言うことは、若いころに「楽しい・嬉しい・悲しい・辛い」という感情を身をもって体験し、さらには「相手を認める・許す」という人間として大切なスキルを身につけたということ。だからこそ一度はしっかりゴールインできたわけです。それが経験として積み上げられた上で大人の女性と成熟した……ということは、年齢を重ねても人間力が上がり、女子力が高くなるに決まってますよね。これは結婚すらしていないあなたと比べるに値しません!!

アラフォー女性、なかでも初婚の婚活女性たちは、『私は一度も結婚すらしていない』と言う事実を受け入れ、その市場価値が低いことを認めなさい! そして、自分の魅力はなんなのかを見つめ直すこと!
 

アラフォー婚活女性が、婚活パーティーや街コンに行くのはダメ?

婚活パーティにいってはいけない理由とは?

婚活パーティにいってはいけない理由とは?

あなたの市場価値を理解したら、あなたを魅力的だと感じてくれる男性をターゲットにしてアタックを開始しましょう。がんばってるつもりになっているだけで、完全に婚活する場所を間違っているアラフォー婚活女性も多すぎます!

なんといってもあなたはアラフォーなんです。事実、結果的に、すでにアラフォーなんですよ。

それなのに婚活パーティーや街コンで本気で結婚できると思っているんですか? もし本気でそう思っているなら、一生結婚できないと思ってくださいな。
なぜなら、アラサーの婚活と違い、アラフォー婚活では“捨てる勇気”と“気付く賢さ”が求められるからです。

冒頭で申し上げた通り、昨今の婚活事情はシビアそのもの!
昨今の婚活の戦場では、
当たり前のようにふた回り以上は歳下のピッチピチでプリンプリンで、本当の“女子”と呼べる年代の可愛い子ちゃんたちがゴロゴロ婚活に励んでますから!
あなたはその子たちと肩を並べるの? それって意味あるの!? 

まずは自力で婚活して……なんて時間、あなたにはありません。
「いい人がいない!」「また振られちゃった!」「もう限界!」とボヤき、結局「婚活リタイア組」の仲間入りをするだけ! 

アラフォーの婚活は時間との戦いなんです! 1日でも若いあなたで、間違いのない活動をして、計画的に結婚したいなら、婚活のすべてを考え直しなさい!
 

アラフォー婚活は厳しい……プロの「コンサルティング」が必要

専門家はその道のプロ! 外国じゃ結婚にコンサルをつけるのは当たり前な時代! 結婚の専門家のもとを訪ねるのも一つの作戦

専門家はその道のプロ! 外国じゃ結婚にコンサルをつけるのは当たり前な時代! 結婚の専門家のもとを訪ねるのも一つの作戦

「じゃあ、どうすればいいの?」と嘆くあなたに、教えて差し上げましょう。アラフォー女性の婚活には「専門の恋愛コンサル」をつけるべき、と私は断言します。

何度もいいますが、アラフォーで結婚は非常に難しくて、「専門的な分野」。自分で言うのもなんですが冒頭で申し上げた、うちの結婚相談所マリーミーが良い例なんです。世の中では1%未満ともいわれているアラフォー婚活女性の成婚率が60~90%、毎月コンスタントに2名以上、年間24名を当社から送り出していることになります。国勢調査の例から、この数字がケタはずれだとわかりますよね。

なぜそこまで成婚率が高いかと言うと、会員をプロが分析し、徹底的に寄り添ってコンサルしているからです。

世の婚活市場はもちろん、自分の魅力を最大限に引き出す方法、コミュニケーションの取り方、歩き方、待ち方など、あなたがこれから結婚するために必要な要素を教え、戦略的に考え、ナビゲートします。

いいですか? ひと筋縄でアラフォー婚活女性は結婚できません! アラサーだって血を吐くような思いをして結婚しているのですから、アラフォーともなれば8回は血を吐くと思ってください!?

たとえ、8回も血を吐いたってプロがそばでサポートしていれば安心。応急処置もできるし、苦しみも半減するはずです。成婚に至るのはもちろん会員さんの努力あってこそなんですが、その努力の陰にはコンサルタントが付いていることもしっかり胸に刻んでください。結婚相談所に頼るのも、ひとつの手ですよ!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。