「いきなり結婚」を断られる女性に、共通する3つの理由

「いきなり結婚」ができる女性とできない女性

交際期間が短くても、お互いが納得できるスピード婚のあたらしいカタチとして「いきなり結婚」が注目されています

実際、婚活現場でも、交際期間が短くても、お互いが納得できるスピード婚のあたらしいカタチとして「いきなり結婚」が注目されています。むしろ、恋愛プロセスを飛ばしても、お互いの条件や利害関係を一致させる結婚は、いわゆる「婚活アラフォー女性」にとっては理想とも言われます。そう、30代後半やアラフォー以降になって婚活する人は、相手選びや交際期間を長引かせずに結婚したい=「いきなり結婚」をしたい、という考えの人も多いのです。

「いきなり結婚」というと、一見、単純明快なようですが、いわゆる一般的な恋愛結婚の場合と違って、お互いをわかり合い、長い時間を経て、結婚へと進むわけではありません。ほぼ初対面の見知らぬ相手と、お互いの希望条件をすり合わせて一致させる、という高いハードルがあります。「そもそも結婚に利害関係って考え方はどうなの?」 と思うかもしれませんが、結婚相手を決めるときは、少なくてもある程度の利害が一致しないと結婚までいかないのが現実です。

そう、実は難しいのが、この「いきなり結婚」であり、だれでもできるわけでは、ありません。そこで今回は「いきなり結婚」できない女の条件について考えていきましょう。
   

1.男性の自由を奪うことが愛だと思い込み、やたらと束縛!

不要な束縛を感じると、結婚は無理!と身構えてしまいます。

不要な束縛を感じると、結婚は無理!と身構えてしまいます。

「いきなり結婚」ができる女性は、男性を束縛をしません。

仕事や家事はもちろん、自分も相手もリラックスして過ごす時間を大事にするので、狭い心で彼を干渉したり、籠に閉じ込めようとはしません。

恋愛や結婚がうまくいく条件も同じです。「一緒に過ごすと楽しい」「一緒にいると楽」「ずっと一緒にいたい」と思える相手とは、末永く心地よい生活が続きます。逆に言えば、毎日の生活で、相手に気を使いすぎたり、ストレスを感じるようでは、うまくいかないので、男性は出会った女性が「束縛女」ではないかどうかジャッジしています。

もちろん、結婚する上での夫婦のルールは必要ですが、そもそも男性は、束縛されることを嫌がる生き物です。多少のやきもちくらいのかわいい詮索程度ならよいのですが、出会って間もないのに、「いつどこで、誰に会うのか?」といちいち聞きたがるような心の狭い女性は、倦厭されます。

結婚前からこんなに束縛されるなんて、結婚後も、家という「籠」に閉じ込められて管理されてしまうのかではないか? と男は恐怖さえ覚えます。

そもそもそんなになんでも相手のことを知ったところでどうなるのかしら? 彼は自分に所有物ではありません。プライベートや行動まで、根ほり葉ほり聞くのは、結婚相手として遠回りになるだけです。
 

2.「ぷちバブル」の癖が抜けず、おごりは当然と思っている

金銭感覚の不一致は、結婚を遠のかせます

金銭感覚の不一致は、結婚を遠のかせます

アラフォー女性は、「ぷちバブル世代女子」といわれ、まだところどころバブル時代の面影が残っています。すんなり結婚できない女は、この手の金銭感覚のズレで、婚活を長引かしているケースが非常に多いんです。

みなさんのお父さんやお母さんの結婚する時代はそうだったかもしれません。
男女雇用機会均等法が定められてすでにウン十年経ちます。男性が全額気分よく支払ってくれるのは、年の差が10歳以上男性が上だったり、年収の差が明らかにある場合のみだと考えましょう。

会社では男女平等・男女同権と腕を振り上げているのに、なんでデートとなると男性に払わせるのかしら? 男女同権というのならば、もういい加減、自分が食べた食事代くらい払いましょうよ。いきなり結婚できる女は、「割り勘女子」と心得てください!
 

3.自己主張もせず、相手任せのくせに文句を言う

どうして!?undefinedせっかく条件が合っていても結婚を断られてしまう女性がいます

どうして!? せっかく条件が合っていても結婚を断られてしまう女性がいます

「いきなり結婚できる女」は、日常生活でもデートでも、「なんでも相手任せ」にはしません。相手の希望を聞きだして、自分が行きたいところ食べたいものをうまい具合にとり入れて、折り合いをつけます。自分で希望して、選択しているからいつも不満がないし、折り合いをつけているから納得した顔をみせられるってわけです。

逆に言えば、「いきなり結婚できない女」は、なんでも相手任せにした上に、文句をつけたり、仏頂面をする女というわけです。

婚活アラフォー女性は、恋愛となるとなぜか「受け身」になるのです。せっかくデートまで進んだのに、デートの場所も時間も自分では決めない。だって、そんなことは男性が決めるべきじゃない? と思って疑いません。

デーとなれしていない箱入り女子大生ならまだしも、いつまでもお嬢様気どりしていたのでは、何も進みません。だって、友達と待ち合わせしたり、仕事相手と会食するときには、相手任せにはしないわけですよね? できるなら、やりましょう。

しかも、挙句の果てには、相手男性にお店を決めさせておいて、連れていかれたところにケチをつけている女がこれまた多い。

男性から見たら、「その気がないから、決めないのかな?」と思って当然ですし、実際、デート現場で不機嫌だったら「誘われていやだったの?」「なんで不機嫌なんだろう?」「お高くとまっていて嫌味な女!」と思われるだけですよ。
 

交際せず「いきなり結婚」は、婚活業界でもトレンド

アラフォー女性が本気で結婚したいなら、無駄な恋愛をして寄り道をしないで、「いきなり結婚」を目指すのは非常におすすめです。なんといっても、お互いの利害関係をしっかりと一致させて、そこから結婚生活をしながら人間関係や恋愛を同時に気付いていけるのですから。

でも、上記の項目にあてはまっていたら、どんどん婚活期間が延びて、いきなり結婚どころか、生涯独身に突入してしまう可能性も大なのです。お相手は私がお探ししてもよろしくってよ!


【関連記事】


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。