怒れる婚活アドバイザー植草が「中年反抗期」を斬ります

大人の反抗期?もう40歳を過ぎたのに……恐るべし中年反抗期

アラフォーなのに? 中年なのに? 反抗期を迎えている女性たちの恐ろしい事件簿!

反抗期と言えば、小学生とか中学生をイメージしますが、いえいえ40歳過ぎた中年にも反抗期があるんです。40代といえば小中学生のお子さん、後半になれば高校生のお子さんがいる方も少なくありませんね。むしろ反抗期をいさめる立場になっています。

一方、結婚していない40代未婚女性の場合、「心は子ども、体は中年」の「中年反抗期」を思わせる女性がわんさかいます。結婚相談所で彼女たちと接していて、気付いた3つのパターンを挙げます。一つでも当てはまるのなら、あなたも恐るべし「中年反抗期」かもしれません。その解決法も一緒に考えていきましょう。
   

大人の反抗期1.既婚者がうらやましくて恨み節

周りはドンドン結婚していき、気づいたら独りぼっちに。

周りはドンドン結婚していき、気づいたら独りぼっちに。

結婚や出産をすると女性は、独身時代とはライフスタイルもライフステージも変えざるを得ません。自分の都合だけではなく、周囲と上手に折り合いをつけなくてはいけなくなります。

例えば、結婚すれば夫のご両親や親族とかかわることになりますし、出産すれば子ども自身だけでなく、子どもの友達やママ友とのおつきあい、学校や行政への手続きなどもあり、結婚生活をする中で夫の同僚や上司とのかかわりなども出てきて、様々なシーンに様々な顔を使い分けて対応せざるを得ません。

年齢にかかわらず、様々な立場の人とコミュニケーションを必然的にとることになり、当然ながら我慢しなくてはいけないことが出てきます。それによって自然と人と人の距離感が上手になります。

しかし、高齢になるまで独身のまま生きていると、どうしても自分が基準のままになるので、「世の中では通用しないMYルール」に気づけないことがあります。しかも、「自分はこれでやってきた」という自負やプライドもあるので、周囲にゴリ押ししてしまいがち。

婚活中の中年独身女性の相談を受けていると、こんな話を聞きます。

「既婚の友達と女子会すると、夫の帰り時間や子どもの塾のお迎えにいくからって先に帰っちゃうんですよ。結婚してる人と飲んでもつまんないんだよね~。だってさ~、口を開けば、子ども子ども旦那旦那って……自分ってものがないの? 世間が狭いんだよね~!」

それを聞くと、ガイドはいつもこう答えています。「既婚者友達を見て、心ではうらやましい~と思ってるんじゃない? 寂しい、自分も本当は家庭がほしいって素直に現状を認めたほうが身のためですよ」と。

これが彼女たちの根本的な思想です。思い通りにならないことやMYルールに反するを批判してしまがちです。この行き場のない怒りは日常のあらゆるところに噴出します。
 

大人の反抗期2.ちょっとしたことですぐに怒る! 騒ぐ!

怒る!騒ぐ!中年反抗期の特徴です!

怒る!騒ぐ!中年反抗期の特徴です!

そう、怒りの矛先は、既婚の友達だけではありません。

ショッピングに行けば、販売員の態度が気に入らない!
カフェに行けば、頼んだオーダーが間違えたことを許さない!
タクシーの運転手が道がくわしくないとガミガミ!

些細なことで、怒る! 騒ぐ! 怒鳴る! 恥もマナーも忘れたそんなおばさんたち、よく見ませんか? サービス業の人に「お金払ってるんだから、お客様は神様なのよ!」という精神は、年齢にかかわらず「うるせえばばあ」の一言です。

なぜか? 自分が幸せじゃないから、むなしいから、人に当たるんです。いつも世の中へのイライラが蓄積されているから、ちょっとした刺激で怒り出して引っ込みがつかなくなります。冷静に考えれば、誰もそんな人と接したくありません!

実際、結婚相談所でも日常茶飯事。クレームとも言えないクレームが届きますが、婚活アドバイザーがそれを面倒がってハイハイと聞いていては成婚させられません! その怒りの本当の原因はなんなのか、結婚したいなら自分自身を見つめなおすべきだと伝えています。
 

大人の反抗期3.自立できていないから、親を盾にする

いつまでも親に頼っていてもいいことはありません。自立することが婚活の第一歩です。

いつまでも親に頼っていてもいいことはありません。自立することが婚活の第一歩です。

中年まで独身でいると、結婚した友達と話も時間も合わなくなるのでだんだん距離ができ、「親とべったり」になる人が少なくありません。

女子会のノリで、自分の身の回りに起きたこと、気に入らないこと、愚痴なんかを親に言いつけるんですね。

結婚相談所でも実感しますが、この親たちも、中年反抗期を産出する要因になっていることが多いんです。必要以上に子どものいいなりだったり、過干渉だったり……簡単に言えば、中年なのにいつまでも「小さなおじょうちゃん」のまま取り扱っていて、「世の中はなんでも自分の思い通りになんてならない!」ということを教えていないんです。お互いもういい大人なのに「どんな時でもお父さんとお母さんはあなたの味方よ」としか言えないんですね。

自分にとって嫌なことがあると、愚痴って泣いてブーたれて、親に駄々をこねる。親はまともな意見も言えず、ただただ聞くだけ。しまいには、問題を起こした先々に出向いて行って、弁護をする。結局子どものころから「お母ちゃんに言いつけてやる!」の繰り返しだってことです。でも、こんな親子関係、ずっとは続きません。人間には寿命があり、多くは親のほうが先に亡くなります。親が亡くなったらどうするの?

そこで、ガイドが中年反抗期防止策と生涯独身率を下げる方法として常々思っているのは、大学を出て、社会人になったら家を出て自立しましょうということ。

アメリカでは高校を卒業したら親もとを離れて大学の寮に入ったり、大学の近くで下宿生活をするのが普通です。いつまでも親と一緒にいては、成長が妨げられます。中年になっても「ね~お母さ~ん! 洗濯しといてって言ったでしょ(怒)」「ママお腹すいた~、なんかない~?」なんて言ってません? 経済面よりも、精神的に自立しなくては結婚は無理と考えてください。

中年反抗期の特徴は以上です。みなさんの回りにもこんな方いませんでしたか?

じゃあ、どうすれば回避できるのかしら? 答えは簡単、いつまでも反抗的な考えをしてないで、大人になりなさいってこと。世の中理不尽なことはたくさんあります。思い通りにならないことがあったら、自分で解決できるようになりましょう。それが本当の自立です。わからないなら一生独身、意識を変えたいなら、自分で行動しましょうね。


【関連記事】


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。