実は「一生結婚したくない」人は少ない?

undefined

結婚を諦めるのはまだ早い。いい人がいるのなら、ふたりの将来に結婚も視野に入れてみては?

第15回出生動向基本調査(2015年実施)によると、30代前半までの独身者のうち「いずれは結婚しよう」と考えている割合は男性85.7%、女性89.3%です。それらの人が独身のまま40代を迎えたからといって、簡単に結婚を諦められるでしょうか。

同調査によると「一生結婚するつもりはない」と回答した独身者(上記以外/2割弱)のうち約4割は、過去「結婚するつもり」と考えたことがあるとのこと。

調査時「一生結婚するつもりはない」という考えの人も、これまで一度でも誰かとの結婚を考えたことがあるならば、将来またパートナーにしたい人と出会ったら考えが変わる可能性はあります。

確固たる独身主義者でもない限り、頑なに「結婚したくない」人は、少ないのではないでしょうか。


結婚と出産はイコールではない

undefined

恋人は見つめ合い、夫婦は同じ方向を見る。あなたはどちらの関係が快適ですか?

40代以上の、特に女性に多いのが「もう出産できる歳じゃないから」というのを結婚しない(できない)理由に挙げることです。
筆者は、年齢によって結婚を諦める必要はないと考えます。なぜなら、結婚することと出産することは、必ずしもイコールではないから。

若くして結婚しても、子供に恵まれない夫婦もいます。あえて子供を持たないライフスタイルを選ぶ夫婦もいます。
独身の男性も、歳を重ねるほど「これから子供を育てること」のリスク(子供が成人するまで働けるかなど)は無視できません。また離婚歴のある男性ならば、すでに前妻との間に子供がいて、これ以上子供を望まない人もいます。


大人になるにつれ、結婚への価値観も若い頃に描いたものとは違ってくるでしょう。
だけど大人になった今だからこそ、若い時にはわからなかった「結婚のよさ」も見い出せるのではないでしょうか。