恋愛 ガイド 島田 佳奈

しまだ かな

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシーの“女豹”ライター。

作家/女豹ライター。モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』『女豹本!』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。Web、雑誌、TV等メディアを問わず活動中。

得意分野

愛と性を軸に、男女の深い人間関係における考察から派生する流行(美容、ファッション、インテリア、ビジネス)まで、広く手掛けています。

ガイドからの挨拶

はじめまして。作家/女豹ライターの島田佳奈といいます。
「女豹ライターって何?」と思われる方のために補足しますと、要は「女豹的な視点で文章を発信する人」のことです。過去の恋愛遍歴と恋愛に対する姿勢が「女豹っぽい」というのが由来です。おそらく日本でこの肩書を名乗っているのは、島田佳奈ひとりでしょう(笑)

恋愛は、誰もが経験する、不思議な心の変化。どんなに頭のいい人でも、いつどこで誰に恋をするかは予想できません。一生のうち、一度しか恋をしない人もいれば、数え切れないほどたくさんの恋をする人もいます。しかし、恋愛スキルというものは、経験値に比例するものではありません。
できることなら、失敗を重ねることなく、恋を思いのまま操れるようになりたいもの。だけど悲しいかな、恋は刹那であるほど燃える人が多いのも事実。
そんな辛い恋に落ちてしまったあなたのために、どんな恋も諦めず前向きに楽しむ秘訣をお届けします。
また、イマドキの「草食男子」をも攻略できる、女豹的な恋愛テクニックも惜しみなく放出します。
記事をヒントに、あなたの恋愛を楽しくハッピーなものにしちゃいましょう!

メディア掲載実績

雑誌女性セブン
ネットの話題「7days」2015年のトレンドは「ゆず胡椒系男子」?
2015年02月19日
テレビワイド!スクランブル第2部
<エンタメスクランブル>「ゆず胡椒系男子」~取材協力~
2015年02月17日
雑誌週刊女性
特集「これがオンナの浮気の代償」~女性の浮気について解説~
2014年08月19日
雑誌週刊女性
特集「夫に気づかせない『昼顔妻』の心得」~取材協力~
2014年08月05日
雑誌Nicky
特集「浮気の予防接種」~浮気の心理学について解説~
2013年02月16日

ガイドの新着記事

  • 「復縁できるカップル」の法則―可能性、方法、特効薬

    「復縁できるカップル」の法則―可能性、方法、特効薬

    別れた原因別に、復縁する方法、復縁の可能性を上げる行動・態度について考えてみます。「好きだけど別れた」、「お互い好きなのに振った・振られた」――そんな悔いの残る恋愛をしたときの対処法です。いつまでも元恋人への未練を引きずっているなら、いっそ復縁に向けて行動するのもひとつの方法。復縁は簡単ではありませんが「諦めきれない恋」への参考にどうぞ。

    掲載日:2017年03月18日島田佳奈の恋愛コラム
  • 女性の好意サイン!脈ありの時の心理・態度・行動は?

    女性の好意サイン!脈ありの時の心理・態度・行動は?

    玉砕覚悟でもない限り、できれば相手の好意の度合いをある程度推し量った上でアプローチしたいもの。「俺に気があるのかな?」勘違いでガッカリしないためにも、女性ならではの細かいサインの違いを、男性の皆さんは覚えておきましょう。

    掲載日:2017年03月18日島田佳奈の恋愛コラム

ガイドの新着まとめ

  • 恋愛ガイドが選ぶ!秋の夜長に大人が読みたい「恋愛小説」

    恋愛ガイドが選ぶ!秋の夜長に大人が読みたい「恋愛小説」

    「本能のままに恋愛を楽しもう」をポリシーとする恋愛ガイド・島田佳奈が、大人になった今だからこそ噛み締めたい、恋愛のほろ苦さや切なさを感じる“名書”をセレクト。青春群像劇から婚外恋愛までさまざまな恋模様に描かれるリアルで濃厚な感情が、恋愛の深みを感じさせてくれるはず。今夜のあなたにひっそりと寄り添う一冊はどれですか?
    掲載日:2015年09月30日

News Dig 新着投稿

  • 人生の目的地はひとつ。そこにたくさんの中継地点を設定できるのが、人生の楽しいところ。

    最近なんとなくわかってきたことを、備忘を兼ねてシェアします。 「目標を立ててルートを設定すれば成功する」という成功哲学や「夢を書くだけで引き寄せられる」というスピ的なものが、巷にはたくさんありますよね。 あたしも例にもれず、昔から夢や目標をノートに書き出・・・

    2016年03月16日

  • 「好きなことだけして自由に生きる」の裏にある罠とは

    「好きなことだけして生きる」ことに憧れる人、その憧れを実行に移している人を最近よく見かけます。実に素晴らしい。愚痴ばかりこぼし、不自由に生きていることを誰かのせいにしている傲慢な人に比べたら、よっぽど潔いと思います。 しかしまれに「あれ?」と首をかしげる・・・

    2016年01月21日