20~30代を「不毛な恋愛」に捧げてしまう女性は少なくない

 

「結婚できない彼を追い続けて10年。女として一番いい時期を捧げてしまったけれど後悔はない」という話を聞くことも……。


アラフォーで未婚の女性にお話を伺うと、多くの場合、過去の恋愛の中に「結婚しなかった(できなかった)理由」が存在します。恋愛以外の理由は、かなりレアなケースです。

また、かなりの確率で「不倫していた過去」にも遭遇します。中には「十年間同じ相手と不倫していて、別れたときにはすでにアラフォーになっていた」という人も。不倫以外だと、ダメ男を追い続けてしまった、彼女に昇格できないままセカンドの立場で執着してしまった、というお話をよく伺います。

不毛な恋愛を経験したのち、アラフォーから婚活をはじめるとしたら、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

 

不倫の経験を活かすも殺すも自分次第、陥りがちな「恋の罠」とは

まず、20~30代の花盛りな時期を「結婚する可能性のない不毛な恋愛」で過ごしてしまったとしても、きちんと卒業できたなら大丈夫。アラフォーになってから婚活をはじめても、決して遅くはありません。

むしろ、メンタルが鍛えられ、男性の弱さや愚かさに対して許容が生まれるなど、ディープな恋愛によって生まれる長所もあります。過去の経験から、むやみに結婚に夢を見ることなく、シビアな目で男性を選べれば、成功率もアップするでしょう。

一方で、過去の恋愛経験がマイナスになり、デメリットになってしまう場合もあります。

長い間不倫をしてきた女性は「男性は結婚したら浮気(不倫)するもの」という先入観を、なかなか払拭できないもの。自身が浮気相手になる経験をしたことで、男性全般を信用できなくなってしまうのです。

筆者の知人にも、10年の不倫関係を卒業し、まったく違うタイプの男性と結婚した女性がいます。

彼女は、本来好みである大人の男性とは真逆の、年下の若い男性を夫にしました。最初の数年間は順調でしたが、夫が大人のステキな男性に成長していくにつれ、「いつか浮気されるのでは」と不安が募り、いつの間にか束縛妻に変貌してしまいました。

ドップリとハマった恋の毒。自分の中では「過去の黒歴史」程度に吹っ切れているつもりでも、当時味わった「男性のずるさ」や「割り込む女の怖さ」を現在の関係に重ねてしまう女性は少なくありません。

そんな過去の恋愛による罠に陥りそうになったら、いったいどうしたらいいでしょうか。

 

永遠ではない恋を知っているからこそ、今の恋愛を大切に

 

過去の恋愛は、自分から打ち明けない限り知られることはありません。あとはあなたが気持ちを切り替えて、結婚へと進む覚悟をするだけ。


あなた自身が自分の過去に振り回されないためには、「男なんてみんな同じ」という思い込みを払拭すること。同時に、あなた自身が今の恋愛に真摯な気持ちで取り組み、彼の一番であるという自信をつけることが重要です。

過去を切り離し、今の恋愛を幸せなものにするには、彼を信じて自分を信じるしかないのです。他の女性の存在に怯えているうちは、トラウマを払拭できません。それは、どんな恋愛をしてきた人にもいえることです。

もしくは、矛盾するようですが逆転の発想として、いっそ「男性は浮気をするもの」と割り切ってしまうのも、今後の結婚生活を平和に続けるためには悪くない発想です。

結婚しても不倫してしまう男の弱さを知っている……だからこそ、裏切らない相手の愛を信じるというスタンスです。「愛は永遠ではない」という覚悟で臨めば、過度な期待をしないので相手へのプレッシャーになることもなく、適度な緊張感のある関係が維持できるかもしれません。一見、冷めた考えのようですが、相手の弱さを許容する覚悟と、懐の深さは愛情そのもの。例えトラブルがあっても簡単には壊れない強固な関係を築いていけるでしょう。

大人の婚活は、夢見るだけではうまくいかないもの。男のずるい一面を知っているあなただからこそ、冷静に相手を見つめ、信じられる誠実な人を選ぶことができるのではないでしょうか。


<ガイドからお知らせ>
活動情報や告知は、公式サイトFacebookファンページTwitterをご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。