ずっと、こんな炊飯器が欲しかった! 1台で何役もこなす優等生

400×300

内なべには取っ手が付いていて持ち運びしやすい。付属の立つしゃもじ、麦めしカップ(1割用、3割用)が便利。お役立ち機能満載なのに2万円以下(ガイド購入時)

パン、ケーキ、巨大たこ焼き、煮物……ふだん料理家としてレシピを開発する中で、さまざまな「炊飯器料理」に挑戦してきた私。「炊飯器をご飯を炊くだけの道具にしておくのはもったいない!」と提唱してきましたが、ずっと、こんな炊飯器を待っていました。

「タイガーIH炊飯ジャー炊きたて (JPE-A100)」が叶えてくれたのは「さまざまな機能は要らないから、ただただ、40分間炊き続けてくれる(調理し続けてくれる)炊飯器があったらな……」という願い。これまでは、調理に必要な時間を、炊飯器が勝手に判断してしまっていたので、料理によって自分でコントロールするのが難しかったのです。

時間設定ができることで、時短料理も可能、パン作りも簡単に。機能が充実している上にご飯も美味しく炊けて、パワーも充分なのですから、言うことなしです。

今回は、そんな炊飯器の4つの役立て方を、実際に作った料理と共にご紹介します。
 

1.基本中の基本!「ご飯がおいしく炊ける」

400×300

白米2合にもち麦を1割用カップで2杯。炊飯時間に吸水工程が含まれているのですぐに炊いて良い。

いくらたくさんの機能がついていても、ご飯がおいしく炊けなければ元も子もありません。

今回は、麦めしを炊いてみました。麦専用の計量カップがついているので、麦めしを炊くのが簡単。麦の風味が際立った、とても美味しいもち麦ご飯が炊けます。
 

2.一度で中まで火が通るパワー! 「ケーキがしっかり焼ける」

400×300

ホットケーキミックスを使った梨のマドレーヌ。ケーキ炊き40分で、中までしっかり火が通って完成。

炊飯器で作るケーキは、材料を入れたら「スイッチポン」でほったらかしにできるのがメリットです。

ですが、これまでは、モノによっては、パワー不足でケーキが一度では焼けず、再加熱しないといけないこともありました。この炊飯器は一度(40分)で中までしっかり火が通って、美しく焼きあがります。
 

3.細かい時間設定が可能に!「時短料理がもっと手間いらずでできる」

400×300

梨1個、砂糖大さじ1.5、ワイン大さじ1を入れ、調理スタート。調理が足りない(もう少し柔らかくしたいとか)と感じたら、時間を設定して追加調理できる

内なべに材料を入れて調理を選ぶと15分と表示されます。まずは15分でスタートしてみましたが、できあがったら少し堅かったので5分追加調理しました。このように、追加調理が簡単にできるのも、この炊飯器の良い所です。
 

4.煮物も楽々!「無水調理ができる」

400×300

じゃがいも2個、大根50g、玉ねぎ小1/2個、油揚げ1枚、酒大さじ1、砂糖大さじ1.3醤油大さじ1.5 顆粒ダシ小さじ1/3、みりん大さじ1/2を入れ、調理時間25分でスイッチオン。炊けたらヘラで混ぜ、蓋をして3分蒸らす
 

無水調理は炊飯器が得意とする分野なのですが、調理時間がコントロールできない炊飯器だと、炊き過ぎてしまうこともあるため、時間や煮え具合を確認して、スイッチ切ってあげないといけませんでした。

でも、この炊飯器なら、煮物の炊き過ぎやケーキの生焼けの心配をしなくて済みます。
 

家事の力強い味方! 何でもこなせる炊飯器

1台あると、何役もこなしてくれる炊飯器。活躍してくれる家電が増えると、毎日の料理がぐっと楽になるものです。おまかせ系調理家電の購入を考えている人にもおすすめです。

※購入したら、まずは取扱説明書をじっくり読んで、炊飯器料理を楽しみましょう。

■DATA
  • タイガーIH炊飯ジャー JPE-A100

関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。