夏の弁当は傷みとの戦いだ!

夏のお弁当

夏の暑さと湿気はお弁当の傷みを促進させますが…


夏のお弁当は特に傷みやすいもの。それもこれも食べ物に付着したブドウ球菌などの常在菌が、温かくて湿気の多い環境の元活発に活動をするからです。常在菌は日頃から私たちの皮膚などに付着しているので、夏の弁当は以下の3点を意識することが大事です。
  1. 菌を付けない
  2. 菌を増やさない
  3. 減菌除菌

 

弁当

夏の弁当箱は殺菌・除菌が欠かせません

さて、傷みにくい弁当作りで踏まえておきたいポイントをおさらいしておきましょう。
  • 弁当箱の消毒を徹底する
  • 水分の多いおかずは菌の繁殖を増やしがちなので避ける
  • 味付けを濃いめにして傷みにくくする
  • おかずは加熱して菌を減らしてから冷まして弁当に詰める
どれも弁当作りでは欠かせないことなので、常日頃から意識されているとは思いますが、夏はいつも以上に徹底しなくてはいけません。
 

殺菌効果のある食材「生姜」を取り入れてみよう!

おかず自身を傷みにくいものにするのも、ひとつのアイディアです。

一般的には汁気は少なめに、味つけをしっかりすることで時間が経っても傷みにくくなるものです。
これに加えて、殺菌効果のある素材生姜を合わせることをおススメしたいと思います。

生姜

新生姜・土生姜・チューブ生姜

生姜に含まれるジンゲロールという辛み成分は強い殺菌作用があることで知られています。加熱により効果が下がることはないので、冷めてもおいしさはそのまま! また食欲増進効果もあるので、暑い夏にぴったりです。

 

生姜を取り入れたメニュー例

まずは主食

生姜を醤油と砂糖で煮詰めた佃煮なんていかがでしょうか。ごはんがモリモリと進む一品です。ご飯に混ぜこんであげても、上に乗せても◎。炊き立てのご飯を冷ましたら弁当に詰めてあげれば殺菌効果が倍増です。

生姜

ごはんが驚くほど進む生姜の佃煮

▼レシピ
生姜の佃煮(まいにちの野菜・フルーツレシピ)


次に主菜ですが、生姜焼き、肉巻き、竜田揚げ、唐揚げなどがいいでしょう。生姜焼きには生姜が欠かせないので説明は省くとして、肉巻きの味付けや揚げ物の下味に生姜を足すだけでも◎。

 
弁当

下味に生姜を。味がキリッと引き締まります。

  ▼レシピ

生姜焼き(毎日のお助けレシピ)
ごぼうの牛肉巻き(毎日のお助けレシピ)
鶏のから揚げ(シンプル和食レシピ)
さんまの竜田揚げ(簡単一汁三菜レシピ)


最後に彩りも意識したい副菜ですが、きんぴら、ガリ、ピクルスなどがおすすめです。酢を多用しており、味がしっかりしているものが傷みにくいおかずであることがポイント。千切りにしたり、すりおろしたりした生姜を潜ませて、殺菌効果をアップさせましょう。

生姜

生姜の甘酢漬け(ガリ)でさっぱりと

▼レシピ
きのこの五目きんぴら(シンプル和食レシピ)
新生姜の甘酢漬け(まいにちの野菜・フルーツレシピ)
ピクルス(まいにちの野菜・フルーツレシピ)
 

お弁当を詰めるときの諸注意

こうした用意した素材は、加熱したあとに冷ましてから詰めましょう。前日に仕込んで冷蔵庫で保存したものを持参することもあると思いますが、冷やした弁当は常温に置くことで水滴が発生しやすいので、持ち歩くときに保冷剤を完備させるようにしましょう。

 

弁当

 

味付けに生姜をプラス。きんぴらだとあまり味も目立ちません。

  
生姜は生のものでも、すりおろしチューブでもどちらでも◎。使い勝手のいいものを、上手に取り入れて、負担なく弁当作りに活用していただけたらと思います。その他にも梅干しやわさびも殺菌効果が高いので、こちらも上手に取り入れてみてもいいでしょう。

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。