2.アイメイクはチークを使って健康的に血色感を出す

aka

今回のメイクはチークをアイシャドウ用ブラシで乗せました

ブラウンでアイメイクを完成させたら、チークや赤っぽいアイシャドウを、目尻から目頭に向かって、薄くかけます。ニュアンスカラ―なので決して濃く入れずに、軽く入れて下さい。目元に赤みを足すことで、血色感が増し元気な顔に見えます。
ベースとなるアイシャドウは、ブラウン系がおすすめ。チークや赤みのあるアイシャドウとよく馴染みます。

眉毛と次にレクチャーするアイラインはしっかり描くので、アイメイクはやわらかめにすると全体的に強くなりすぎません。

続いて、意思を伝えるアイラインの描き方をレクチャーします!
 

3.アイラインで意志を出す

eye

アイラインは目の形に沿って

アイライナーは、目の形に沿って描きます。目尻は跳ねあげ過ぎず、目の形に延長線上でのばします。黒目の上(真ん中)は若干太めに描いて目力を強調します。

きれいに描けない場合は下の写真のように、アイライナーを持った手と反対の手で目尻を引っ張りながら描くときれいなラインが引けます。やってみてくださいね!

kotsu

こめかみの上辺りから優しく上に引っ張る

≫≫次のページではチークのシャープな入れ方をレクチャーします