弾けるヒップラインを作るエクササイズ

口にするものなんでも別腹におさまりそうなほどおいしくなる、食欲の秋の到来です。しかも、気温も快適で、満腹状態でのゴロ寝は最高~! でも、そんな生活を続けていれば脂肪の「別腹」の方も稼働し始めるから困ったものですね。お菓子をほおばりながら、「これだから痩せないのよねぇ」とつぶやくだけでは、誘惑に負け続けるしか方法はなし。おいしいものはいただきながらも、脂肪の「別腹」に打ち勝って白星をつけてきた自負があるガイドには、実はちょっとしたコツがあります。それはスキマ時間でも動いて、ボディメイクする努力をすること。

何事も、「口を動かすより、体を動かす」この鉄則に基づきゴロ寝エクササイズにチャレンジしましょう。

今回紹介するエクササイズは、お尻から太もも横など、普段ストレッチしずらい部位をほぐしながら、すっきりした内もも&立体的なヒップラインに欠かせない「中殿筋」を鍛えていきます。

はっきり言ってキツイ動作ですが、回数は少なめでも丁寧に実践することで、引き締め効果はもちろん、体幹力もアップします。

■効果:ヒップライン引き締め・太もも引き締め・体幹強化・脚のむくみ改善・冷え改善

■実践期間:1日3分×週3回×3週間でボディラインに変化が生じてきます。

■やり方:
1.横寝姿勢になり、脚を前に伸ばす
ヒップラインエクササイズ1undefined横寝姿勢になり、脚を前に伸ばす

ヒップラインエクササイズ1 横寝姿勢になり、脚を前に伸ばす



右わき腹を下にして横寝になり、左脚を前に伸ばします。右腕を伸ばし、左足をまっすぐ伸ばします。左足は前に伸ばし、左手も床に置きます。顎を軽く引き、吐く息とともにお腹を腰に引き寄せドローイングします。


2.床につけていた左脚をゆっくり床から離す
ヒップラインエクササイズ2undefined床につけていた脚をゆっくり床から離す

ヒップラインエクササイズ2 床につけていた脚をゆっくり床から離す

左脚を床から離します。 この時、体が後ろに倒れないようにして、なるべく膝を曲げないように意識しましょう。

3.左つま先を天井方向に伸ばす
ヒップラインエクササイズ3undefined脚をまっすぐ上に伸ばす

ヒップラインエクササイズ3 脚をまっすぐ上に伸ばす

左つま先を天井方向にまっすぐ上に伸ばします。ゆっくり右足を床に戻し、丁寧に3回を目安に動作を繰り返しましょう。反対側も同様に動作します。

真横に引き上げる動作は、思った以上にハードです。ぜひ、太もものムダ肉をグーッとお尻に集める意識をし、綺麗な3Dヒップを作ってみてください。

丁寧な動きが成功の鍵!


このエクササイズの最大のポイントは、横寝状態でお腹と腰を引き寄せドローイングしたまま、体が後ろに倒れたりしないよう、バランスを体幹で取る意識です。さらに足を上げ下げする際に脚から動かさずに体幹から一直線に上下させる、丁寧な動きが重要ですよ。

具体的に言うと、つま先を天井方向に伸ばすのは、5カウント。戻す時も5カウントを目安にしてください。目に見える効果を感じながら、ゴロ寝タイムを最高のエクササイズタイムに変えてしまいましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。