お腹を引き締めたいなら、骨盤まわりのエクサがおすすめ!

なんだか最近、お腹周りのお肉が緩んでない!?

なんだか最近、お腹まわりのお肉が緩んでない!?


「最近お腹がポッコリしてきたな……」「お腹や腰まわりの緩んだお肉をどうにかしたい」と思ったら、骨盤まわりが緩んできたサインかもしれません。女度を上げるボディラインを作りたいなら、エクササイズを取り入れるのがおすすめです。

スラリとしたボディ作りにはある程度の食事制限も必要ですが、健康的でハツラツとしたボディをつくるにはエクササイズが不可欠! とはいえ、つらいエクササイズは続かないという人に、「女度を上げるお腹やせエクササイズ」を実践してみましょう。

所要時間たった1分で、ゴロ寝状態でできるので初心者さんやズボラさんにもおすすめです! 気づいたらすぐエクササイズにトライしてみて。

 

インナーマッスルを鍛えると、女度が上がる理由とは?

今回紹介するエクササイズの名前は「グルッとペルヴィックエクササイズ」です。「ペルヴィック」とは骨盤のことです。お腹痩せと骨盤には深いかかわりがあります。

ポッコリお腹や腰まわりのムダ肉は、食べ過ぎだけが原因ではないかもしれません。加齢や運動不足とともに筋肉、特にインナーマッスルが衰えやすくなるのはご存知ですよね。

運動不足や加齢などによりインナーマッスルが弱まると、骨盤が閉まる力が弱まるので開いた状態になり、歪みとなり、不調や肥満などを引き起こします。骨盤が歪み、お腹まわりのボディラインが崩れるのは、インナーマッスルの衰えが原因のひとつなのです。

今回の「グルッとペルヴィックエクササイズ」は、骨盤底筋群からお腹、腰まわりのインナーマッスルを鍛える効果があります。ポイントは、反動をつけずに体の奥の筋肉をゆっくり丸めること! グルッとした個性的な動きをしっかり意識しながら実践してみてくださいね!

 

お腹を丸める!? 「グルッとペルヴィック」エクササイズ

■効果:お腹引き締め、二の腕・肩まわり引き締め、体幹強化、骨盤底筋群強化

■実践期間:1日1分×週3回×3週間でボディラインに変化が生じてきます。

■やり方:
1.両ひざを立て、床に仰向けになる
ペルヴィックエクササイズ1undefined仰向けになり、吐く息とともに腰を床に沈め、体幹を安定させる

ペルヴィックエクササイズ1 仰向けになり、吐く息とともに腰を床に沈め、体幹を安定させる



床に仰向けになり、両膝を立て、両手のひらは床につけます。あごを軽く引き、吐く息とともにお腹を腰に引き寄せドローイングします。


2.お腹をグルッと丸めて、ひざを胸に近づける
ペルヴィックエクササイズ2undefinedひざを胸に近づける。

ペルヴィックエクササイズ2 ひざを胸に近づける。


お尻を床から離し、お腹をグルッと丸めて、ひざを胸に近づけます。この時、尾てい骨周辺の骨盤底筋群から筋肉を丸めるイメージを持つと◎です。

3.お尻を床から持ち上げ、ひざをあごに近づける
ペルヴィックエクササイズ3undefinedさらにひざをあごに近づけ、お尻を床から離す。

ペルヴィックエクササイズ3 さらにひざをあごに近づけ、お尻を床から離す。


そのままお尻を床から持ち上げ、ひざをあごに近づけます。この時、尾てい骨周辺の骨盤底筋群から筋肉を丸めるイメージを持つと◎です。ゆっくりお尻を床に戻し、反動を使わずゆっくり8回を目安に繰り返しましょう。

 

難しい場合は、腕でサポートしてもOK

1日1分でできる、「グルッとペルヴィックエクササイズ」は以上です。
お尻を持ち上げるのが難しい場合は、腕で支えて動きをサポートしてもOKです。ただし、メインは骨盤底筋(尾てい骨周辺)からゆっくり丸め込むように縮めていく動きです。ぜひ、毎日の習慣にして難易度を上げていきましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。