隙間風は健康にもお財布にもマイナス!隙間風防止クッションを作ろう

手作り隙間風防止クッション!欧米発“ドアクッション”を作ろう

ぴったり閉まっているようでも、数mmは空いているドアの隙間。ここから冷気が吹き込んでくるのです

「夏の暖気は上から、冬の冷気は下から」という原則、ご存知ですか? 暖房効率を高めるために必要な対策は、夏は屋根を断熱して太陽光で温度が上がるのを防ぐことで、冬は床を断熱して地面から上がる冷気を防ぐこと、という意味です。

ただ、こうした対策をしても、隙間があると効率は一気にダウン。冷たい空気は暖かい方に流れ込んでくるので、数mmのドアの隙間でも、廊下や玄関からの冷気が強く吹き込んできてしまいます。就寝時に暖房を切った場合などは、隙間風が風邪の原因になってしまうことも。

「すきま風防止テープ」や、窓際に置く折りたたみ式のボードなども市販されていますが、買わなくても手作りで簡単に解決できてしまうのが、ドアクッション。さっそく作ってみましょう!
   

ヨーロッパではよく目にするポピュラーなクッション

ベルギー製のドアクッション。カバーは取り外して洗うことができます

ベルギー製のドアクッション。カバーは取り外して洗うことができます

写真は、ガイドがベルギーから買ってきたドアクッション。横に細長いこのタイプのクッションは、寒い冬が長く続くヨーロッパではおなじみの商品です。

使い方は、これを、隙間風が入るドアの前や窓際に置くだけ。テープや折りたたみボードよりおしゃれですし、冬だけでなく、夏の冷房効果を高めるためにも使えます。

ただ、春や秋などの使用しない季節には、ちょっと邪魔になってしまうのが悩み。でも、手作りのドアクッションなら、使わないときは簡単に解体できて場所を取りません。以下、作り方を説明します。
 

手作り隙間風防止クッションはタオルやひざかけを布で巻くだけ

【手順1】まずドアクッションを置きたい場所の幅に合わせて、タオルや膝掛けを折って、くるくると棒状に巻きます。
ドアクッションの作り方。ドアの幅に合わせてタオルやひざかけを丸めて

ドアの幅に合わせてタオルやひざかけを丸めて


【手順2】これを一回り大きめの布でくるりと包み、両端をリボンやひもで縛って、キャンディのような形にします。これで出来上がり。
ドアクッションの作り方。お好みの布で包んで両脇をひもやリボンで結ぶだけ

お好みの布で包んで両脇をひもやリボンで結ぶだけ

写真のものはふろしきを使っていますが、ハギレなどでもオッケー。ピンキングハサミで切れば、端を縫って始末する必要もありません。

適当なサイズの布がない場合は、下の写真のようにただタオルや膝掛けを丸めて、リボンなどで縛るだけでも十分使えます。
手作りドアクッション。ひざかけなどをただ丸めてリボンで縛るだけでもOKです

ひざかけなどをただ丸めてリボンで縛るだけでもOKです

オフシーズンになったら解体すれば、収納場所もとらないし、必要な数を好きなだけ作れてしまうのもうれしいですね。

冬は、出入りの多いドアには隙間テープで対策、寝室や個室のドアにはドアクッションを置くなどして、隙間風対策を。暖房効率がよくなり、お財布にも健康にも優しい暮らしの知恵です。ぜひ試してみてくださいね。
手作りドアクッション。簡単に元に戻せるので、必要な場所に何個でも作れます

簡単に元に戻せるので、必要な場所に何個でも作れます


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。